『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

首都圏交通 調査室

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

JR東日本は民鉄協会には加盟していませんが完全民営化した私鉄で、東京メトロは政府と東京都が出資した官営鉄道であり、ゆりかもめラインは民間企業も出資している第3セクター事業です。公共交通事業に対する一般市民の思い込みを紐解いてみました。

スポンサード リンク

 

益々混迷を深め「先行き不透明となった首都圏鉄道網!」の近未来とは...
《概要》最早政府はティアラ(冠)同然のお飾りにになり果て、東京都の下僕(しもべ)として、国防・外交(渉外・公報)を担当するだけの存在と成り果てようとしています!東京都は"世界経済の中心"たるメガロシティーを目指して、メガループ鉄道をハブとするリングハブ・コンセプトの都市計画へ進んでいるようです。
常磐緩行線と京葉線が総武線貨物支線(新金線・越中島支線)旅客化で 繋がれば...
《概要》遅くとも2041年の「りんかい線」の40年リースが満了して、JR東日本に譲渡されれば...さらにひょっとして202X年に東京臨海鉄道のリファイナンスで"りんかい線"、の運営主体がJR東日本になったら、新な都内アクセスルート京葉・新宿ラインが開業するでしょう!つまり京葉線は現状の東京孤立地下ホーム発着に拘らなくてよくなります!京葉・新宿ラインが開業すれば、敗戦直後からくすぶっていた懸案事項「新金貨物線旅客化構想」と「越中島貨物線」の旅客化で、新たな通勤幹線「♥常磐東京ライン!」が開業できるかも...
イオンモール幕張新都心 を成功させるは、新木場駅 で 京葉線・りんかい線 ・有楽町線の直通が必須に!
《概要》京葉線と有楽町線が、新木場で直通運行できるようになれば、首都圏の東部の通勤問題の殆どが解決できるトリガーになるでしょう!たった150億円!程度の投資で、首都圏を取り巻く鉄道網に大きな変革が期待できます!
東京競馬場と副首都・新都心をトレードする勇気が府中市にあれば?...
《概要》もしも 東京競馬場 が...東京湾に浮かぶ"海の森公園"に移転できるなら、東京競馬場の広大な跡地!に国会議事堂と永田町がまとめてお引越し出来て、防災首都が実現できるかも?しれません。
当て馬にされた!?新金線LRT旅客化構想!は50億円で実現できた
《概要》新金貨物線 LRT化計画が250億円!?もするという葛飾区の調査結果は、いったい『誰がでっち上げた!』のでしょうか?...さらには、実現させる気も無いメトロ8号線(半蔵門線延伸)妄想で区民を翻弄して、(中川で3分断された)葛飾区を結ぶ新金貨物線旅客化構想そのものを握り潰そうと...
東京メトロ8号線(半蔵門線延伸!)妄想は実現できない!...
《要約》"山車(ダシ)"!に担がれた「八潮市、越谷市、野田市の各市民にとっては、東京メトロ"半蔵門線延伸"が待ち遠しいでしょうが...東京都が蘇生させようとしている"血税バンパイア"東京メトロ8号線建設妄想は、『船頭多くして船山に登る!』の例え通りルートすら決まらずに、なかったお話に...
江東区の南北公共鉄道は越中島貨物線旅客化が現実的!
《要約》実現の可能性が無い!3セク豊住線妄想より、現実的な越中島貨物線旅客化実現に向かったほうが、区民に役立つでしょう! 現在着工された羽田空港アクセス線東山手ルートが開業しても、江東区内には益(駅)はもたらされません!更に頼みの綱の臨海部ルートは東京都(庁)によって握りつぶされています!つまり江東区民(企業にとって)は羽田空港アクセスの苦労が続くわけです!
首都圏の" 通勤5方面作戦 "の実態は"都民汲み出し作戦!
《概要》欲深い東京都が行っている通勤5方面作戦・都民汲み出し作戦ですが...見当はずれな他府県への都民汲み出しを企てる前に、都民の約半数約500万人が暮らす危険な沿岸部、から安全な武蔵野台地への積極的な"移住"支援策を講じるべきでしょう!!
新金貨物線旅客化は葛飾区民の為だけではない!羽田・成田アクセス線実現にも...
《概要》新金貨物線 LRT化計画が250億円!もするという葛飾区の調査結果は、いったい『誰がでっち上げた』のでしょうか?現在工事中の羽田空港アクセス線東山手ルートが羽田・成田アクセス線!に化けるためにも...
相模原市・橋本駅 周辺が リニア中央新幹線 開業で 首都機能分散 による副都心に躍り出れるか?
リニア中央新幹線橋本駅開業で交通至便エリアとなり、更には地球温暖化による海面上昇、巨大台風による高潮、関東大震災による津波にもびくともしない、相模原駅周辺こそ、防災拠点としての政府機関の移転先・副首都にふさわしい候補地ではないでしょうか!


 



▲都市圏交通網 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る