『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

中部 都市圏交通研究室

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

東海・北陸エリアの都市圏交通問題について考察したレビュー・コラムを集めたコーナーのTopカテゴリーページ、中部圏の鉄道事業者の抱える問題を考えてみました。

スポンサード リンク

 

東山線 は 銀座線 と並ぶハイテク・ミニ地下鉄 名古屋市交通局No1の稼ぎ頭!
名古屋市で最初に開通した地下鉄 東山線は国内初の地下鉄東京メトロ銀座線と同様に「見かけは小さいけれどは役に立つ働き者」です。一部のYouTubderが面白半分に揶揄するような出来損ない路線ではありません!全線で1日平均60万人の人を運んでいる名古屋市交通局を支える屋台骨です。
静岡鉄道 が 東急 から離れて JR東日本 グループ入りで生き残り?...
利用者、鉄オタ、業界みんなまとめて喜んでいる「新型仮面"11レンジャーのそろい踏み!完成」!ですが、東急が手を引いた静鉄と市民にとって、これから先に暗い影を落とすこととならなければよいのですが...
小牧線 が 瀬戸線 に直通!できれば... 名古屋市 が消極的なのは
2020年現在名古屋市は現状『地下鉄延伸に関する新規計画は考えていない!』と公表していますが...、十分需要が見込め、かつ沿線各都市住人からも要望が多い!地下鉄上飯田線延伸は再考すべきではないでしょうが...更には将来的に瀬戸線を延伸して鶴舞線に接続すれば、中京金融街とトヨタ銀行?のつながりもできて...
ゆとりーとライン事業存続には基幹バス転換と栄バスターミナルへの路線延伸しか...
《要約》"地上げ目的"見え見えの志段味延伸妄想!では、交通渋滞緩和は出来ま線!ゆとりーとラインを基幹バス化してオアシス21栄バスターミナルまで延伸させれば赤字解消!どころか「♥ドル箱路線」になるでしょう!」
あいの風とやま鉄道と富山地方鉄道のアライアンスが富山都市圏の明るい未来への"Road"に
《概要》富山県の広域交通シスセムを、先進国諸国を倣ってTTA(Toyama Trandit Authority)として一元化するには、一部飛び地?を覗いてJR陣営がいなくなった富山県こそ好都合なのではないでしょうか!「あいの風とやま鉄道」と地場企業「富山地方鉄道」のアライアンスと新たな一般地方独立行政法人・富山都市圏広域交通事業体を設立すれば、国内初の都市圏広域交通事業体が実現でき、理想的な県域公共交通網が確立できます。
金沢市が再び盟主となって北陸3県を力強く牽引するには...
《概要》石川県と共に都市計画を見直す時期ではないでしょうか、都市圏広域交通網を見直して、身の丈に合った「 BRT 」路線網構築でアメーバーのように「時々刻々変化する都市」にフレキシブルに対処すべきではないでしょうか?ホームにたどり着くよりも隣の停留所まで歩いたほうが早いような「地底電車」を走らせても県民の経済活動活性化にはつながりません!!
沿線利用者に見捨てられたピーチライナーを復活?鉄オタ共は狂っている!
2008年に「一か八かの大博打に破れた小牧市のピーチライナー建設?」 都市て初稿を公開して、小牧市民の方からも同感いただいたコラムのリメイク版です。1㎞当たり42億、総工費313億円も掛けて建設したこの「交通効(キ)カン?!」がたったの15年でお払い箱となった....利用者にとって利便性の殆どない「粗悪交通効カン」建設の茶番劇の顛末記。
名鉄 名古屋駅 列車集中 カオス解消の迷案?バイパス新線建設による本数削減案
名古屋鉄道 個人株主 の皆さん、せっかく"トカゲの尻尾切り"と"セントレア様"のおかげで業績が上向いてきた"迷鉄"が再びデベロッパー事業に色気を出して"新・名鉄名古屋ビル"事業に資本投棄!などして知多新線の2の舞になり大損漕か無ければよいのですが...
基幹バス は 日本初の 都市型 BRT モデル!令和の地方都市交通システムのお手本では...
1985年4月30日に登場した名古屋市の"基幹バス"は 国内初の「都市型BRT」だった!名古屋の先見性・合理性が、いかんなく発揮されたこのシステムは21世紀の地方都市の公共交通を一変させようとしている!一方でお遊びが過ぎた大いなる社会化実験!「ゆとりーとライン」は...
岐阜市内線・路面電車の廃止は失敗ではなく新時代の生みの苦しみにすぎなかった!
日本の"カールスルーエ、嘗ての"岐阜市!の広域LRT網の栄枯盛衰と都市計画道路の発達を、記録VIDEOに下づいて、正確に再現した廃止時点の"路線図"と共に考察した、岐阜市の都市計画叙事詩です。


 



▲都市圏交通網 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る