狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

岡山都市圏交通問題調査室

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

、外様ながら、家康と姻戚関係となり、岡山市の礎を築いた備前岡山藩と…監視役?として代官所が置かれた「誇り(埃)高き旧”天領”倉敷」とが形成する”備前都市圏”交通の問題点と、今後の展望について、考察したコーナーの Top Index メニューテーブルです。

スポンサード リンク

 

岡山臨港鉄道 を LRT として復活できレバ! 南区 市民の...そして岡山広域都市圏交通網再構築の引き金に!
岡山県が音頭を取って、JR西日本、岡山電気軌道、両備バスなどの交通事業者と岡山市で、岡山都市圏交通㈱を新設できれば、岡山都市圏広域交通網の一部として、岡山臨港LRTが復活できて、現在バスのみに頼る、大躍進を遂げた同区住人に新たな希望の光が差し込むでしょう。
岡山 都市圏交通 網の再整備は都市型 BRT "基幹バス"で
岡山市南区の「公共交通苦痛?」問題を岡山臨港鉄道の復活で一気に解決しましょう!南区は都市化が進んで公共交通を「路線バス」だけにたよるには、甚だ心許ない状況になってきています。岡山トラム南区役所線・岡山トラム花回廊線を建設してみてはいかがでしょうか?更に鉄道空白地帯岡山市北区に「岡山空港シャトルライン」も夢では...


 



▲電源60Hz地域の都市圏交通問題調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る