タヌキがゆく

市営モンロー主義調査班

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

地下鉄事業は勿論、果ては教職員組合にまで未だに大阪市で蔓延っている、市営モンロー主義について、秀吉に始まる大阪三郷の尾張・美濃・近江商人などの”よそ者商人共”が始めた閉鎖利権擁護主義の歴史を紐解いてみました。

スポンサード リンク

 

大阪の" 市営モンロー主義 "の起源と変遷  
  公営交通と私鉄との関連で語られることの多い『市営モンロー主義』について、大阪市を例にとって"その生い立ち"と"歩み"そして"現在の姿"を、過去の事例と事実を時系列に沿って組み立て直して多面的に眺めた「歴史ファンタジー」です。
大阪 の 市営モンロー主義 は21世紀になった今も生き続けている!
大阪維新の会でも作新できない「旧4大区」出身者による利権擁護の構図!市営モンロー主義は21世紀令和の御代でも生き続けている!
市営モンロー主義 一派を駆逐して大阪府民を守るには...
市営モンロー主義の本丸・大阪市本庁舎を解体する意味でも、大阪府・大阪市の合体「大阪都構想」が必要とされているわけですが...大阪市を"空洞化"させて、"リング都市"なにわ市"を誕生させたほうが早道かも...
大阪市・北区《 タウンヒストリア 》キタ新地・梅田界隈のアクセスの変遷から見た歴史探訪
明治元年に旧摂津国から大阪府に編入された大阪の表玄関右顔「梅田界隈」は江戸時代以前は下原と呼ばれる低湿地帯で、泥土を埋め立てて田畑地を拓いたことから「埋田」と呼ばれていた、1764年、曾根崎新地から北へ伸びて梅田墓地(現大深町・梅田貨物駅)へ至る「梅田道」が開かれたが、周辺は田畑ばかりの「ドタ」と呼ばれる寂れた土地だった。


 



▲大阪メトロ 追跡班へ戻る

 

ページ先頭に戻る