タヌキがゆく

豊住線Delusion問題

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

豊住線建設に関するDelusionは、江東区の交通問題を野田市・千葉県をも巻き込む広域交通事業に、「因みにすり替えて」”地上げ屋共”を喜ばせていますが…

スポンサード リンク

 

未来にはばたく流鉄ライン!
流山市の強い熱意で"ほぞ細と生きながらえている"おらが町の鐡道"流鉄ラインですが...202X年に常磐東京ラインが開業出来れば、流鉄ラインは、一躍表舞台に躍り出れるかも!
東武アーバンパークライン が 千代田線 に直通!するには
アーバンパークラインとJR常磐緩行線(千代田線)との間に渡り線が親切されれば、常磐緩行線・千代田線(越中島・新金・常磐通勤ライン)とも直通運転が可能に!...
越中島貨物線 と 新金貨物線 で 京葉線 と 常磐緩行線 が 繋がれば...
遅くとも2041年の「りんかい線」の40年リースが満了して、JR東日本に譲渡されれば...さらにひょっとして202X年に東京臨海鉄道のリファイナンスで"りんかい線"、の運営主体がJR東日本になったら、新な都内アクセスルート京葉・新宿ラインが開業するでしょう!つまり京葉線は現状の東京孤立地下ホーム発着に拘らなくてよくなります!京葉・新宿ラインが開業すれば、敗戦直後からくすぶっていた懸案事項「新金貨物線旅客化構想」と「越中島貨物線」の旅客化で、新たな通勤幹線「♥常磐東京ライン!」が開業できるかも...
豊住線 妄想は実現できない! 越中島貨物線 旅客化が 区民・都民にとっては現実的選択に...
東京都では、お気楽な鉄オタが囃し立てる、鉄道新線建設事業などよりも、地球温暖化による水害対策事業が急務となってきています!肥大化し続けている首都圏を、墨田川(荒川)以東の沿岸市街地が担うのは、現実的ではなくなってきています!地下鉄などと言う「危険極まりない墓穴」を掘るよりも、遊休施設に甘んじている貨物線を再利用して「水害に強い高架鉄道」を建設する方が現実的ではないでしょうか?


 



▲首都圏 3セク交通事業 調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る