タヌキがゆく

都市圏交通システム 研究所

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

運営面から眺めた、政令指定都市、中核都市の都市圏広域交通について問題提起した記事を集めたコーナーのTop ページです。

スポンサード リンク

 

路面電車 が日本の 地方都市 の地図上から erase された訳は...
路面電車は、かつて高度成長期の頃の「道路行政の貧困」さゆえに日本各地の"痴呆大都市"の地図上からerase(消去)されましたが...Tramが邪魔者だったのではなく、「排気ガス公害を招いた白ナンバーの小型車」の存在が邪魔者だったのです! 
日本の 都市圏 公共交通網 の問題点!とは...
LRT,市街トラムカー併用軌道の復活の流れが全国的に広がりだしているが...安直なノスタルジーな思いだけでは難しく、軌道線復活は可成りの問題も抱えている!今なぜ LRT トラムなのか、日本で適用する場合の問題点を洗い直してみた。
新潟交通 BRT は "よそ者の 反対派 " の不要論に屈せずに "路線を拡充!" すべき...
世界に開かれた港町として大陸航路の玄関口として、栄えた旧新潟市は、「進取の気性」に富んだ土地柄!を持っています!よそ者の「ネガティブなBRT批判」に耳を傾ける必要などありません!ポジティブな姿勢で問題と取り組み、アグレッシブな解決策を模索する気性こそが真の新潟魂ではないでのしょうか!.
サフェージュ タイプ モノレール は21世紀の 公営都市交通 の救世主! 
サフェージュ式モノレールこそ日本の地方都市交通に最適では!別項でも述べた通り、地方都市の公営・3セク交通にとって経営破綻の要因ともなりかねない「ホームドア設置圧力!」を跳ねのけるには正にサフェージュ式モノレールが最適ではないでしょうか。
都市 広域交通事業団 の必要性! と実現への途とは...
欧米先進諸国!では都市圏広域交通事業は同一事業体!が常識に...都市圏交通システムはハードではなくソフトで決まります。大事なのは共産思想(補助金政策)に依存しない「健全で持続可能な広域交通事業体系"の構築!」です。
日本各地の高額 高速鉄道 は 都市圏広域交通 後進国 日本!の象徴ではないでしょうか...
高額拘束鉄道・軌道は都市圏交通衰退途上国?日本の象徴!であり為政者(政府)の施策に従順な国民性が問題では...再玉高額鉄道、盗用高額鉄道、金沢崖っぷちライン?などの高額交通効カン?を容認する私たち国民の姿勢を改めないと...
政令指定都市 を目指す 宇都宮 に必要なのは" 都市圏広域交通事業体 " と 新 栃木空港
不可解不明朗な形で 建設反対茶番劇に幕が降ろされて!? 2023年度中の開業?に向かい、一歩前進したかに見えるライトラインですが... 以前として、多くの『?...』が潜んでいるわけです。
LRT ・ Tram は ユニバーサルデザイン を纏った エコロジー で エコノミー な"エコ満載"の トランスポーター!
「エコロジー・エコノミー」なエコ満載の「 超低床トラム 」が走るライトレールは「停留場」との段差も無い「ユニバーサルデザイン」を備えたお年寄りや、車いすを利用されている障害者の方達にも優し「ナチュラル・バリアフリー」な交通機関なのです。
LRT , BRT が財政 基盤の 脆弱 な 地方都市 の公共コミューターとしては 最適では!...
地方都市で計画されている利用者無視の「新都市交通・地下鉄新線」計画は誰のためなのでしょうか?輸送密度8000人/日 以下の地方都市のローカル公共交通の「生きる鉄路」を模索してみました。
トラム といえば『 BusTram 』を指す日が必ずやってくる!
  全国の「貧乏自治体?」の中量都市交通システムの「切り札」次世代トラム!少ない初期投資でバリアフリー、エコノミー、エコロジー、コンビニエンスの4拍子がそろった 超低床連接バス『 Busse-Tram 』を採用する都市が広がっています!
オムニバスタウン で駆け抜ける 地方の 未来都市!
本来 bus rapid transit とは、「バス車両を用いた♥専用走路!を走る(速達性、定時性、輸送能力を併せ持つ)公共交通システム」と言う意味合いです。 そして、国交省が推奨しているBRTを用いた♥オムニバスタウンは、(財政基盤の脆弱な)地方都市の「♥21世紀を走りぬく施策・秘策」として期待が懸かっています。
ミニ地下鉄 は リニア に"金食い虫"でお荷物な 「極悪・雲助 交通 効カン」の厄介者
ニューヨーク、ロンドン、東京などのメガロポリスでは、もはや地表近くには地下鉄新線を建設する余地はなく、巨額投資をしてでも地底深くを「Tube」鉄道で掘り進むか「美観を損ねる高架軌道」を建設するしか(軌)道はありませんが、Tube 地下鉄 は「 リニア 」方式でなくとも建設できます!更に日本のminiリニア車両では、標準軌で直流1500V電車なのに"ご近所付き合いが悪い"仲間外れのヒッキー路線(孤立路線)になり果てています!地方都市を走るRural line ではメリットは全くありません!
ヨーロッパの都市で普及した3種類の異なった LRT システムとは
岐阜市内線・揖斐線廃止の失敗例は、その後の地方都市交通網再整備の教訓となり、国交省誕生後10年後に生まれた「LRTの整備等に対する総合的な支援スキーム 」体制が中核都市の交通事情を変えようとしている!
首都圏 にあるお利口なトランスポーターたち!
首都圏には、武蔵野線と都営荒川線という「エコレール」があります、エコロジー、エコノミー、バリアフリー、コンビニエンス(利便性)...、と3拍子も4拍子もそろった、「ス-パーレイルウェイ達」です。今こそその良さを再発見するときでは?
地下鉄 や 新都市交通システム が 整備新幹線 より割高になる理由とは?
新幹線が1kmあたり152億円(※1)で建設できるのに、地下鉄が433億円(※2)と3倍近く跳ね上がるのか?TV・新聞などの商業メディアや、自称鉄道プロジャーナリスト達では絶対に話題に取り上げない(取り上げられない!)話題なので、
LRT 化すれば ホームドア 設置"政治圧力!"から地方都市の 鉄道事業者 を守れる!
首都圏でのホーム転落事故多発を受けて、東京を中心とする首都圏の幹線・地下鉄では"ホームドアの設置が進んでいます。一方、首都圏以外の地方都市では、一部の地下鉄、モノレールなどを除いてホームドアはあまり普及していませんが何故でしょうか?...経営基盤が脆弱な地方公共交通ではホームドア設置の必須条件となる巨額投資が必要なATA,ATOへの設備更新においそれとは手が出せないからです!
日本の大手私鉄は" street running "ではじまった!
日本の大都市近郊私鉄の多くは軌道法によるチンチン電車から発展しており、関東では、東武鉄道、西武鉄道、小田急、相鉄 と新京成以外の私鉄、大阪では、南海鐡道、初代大阪鉄道(現近鉄南大阪線)を除いて主だった私鉄はすべて「専用軌道を走るチンチン電車」として出発している。
地下鉄 を建設しても域内の 道路交通状況 の 改善にはつながらない!
あべのハルカス前の"あべの筋"道路拡幅事業が証明!地下を走る地下鉄谷町線が延伸開業した1980年11月以来、2016年12月の道路拡幅事業完成まで、実に半世紀近い間、地上交通の混乱が続いていました!
ホームドア 設置"政治"圧力!から大都市圏の"生活路線 "を 守り" 廃線 "の危機を回避するには...
近年、首都圏では市民団体を隠れ蓑!にした"業界"の"ホームドア設置圧力"が高まり、住人の足"ローカル線"が存亡の危機に追い込まれてきています! 大都市圏の"ローカル線"を立体交差事業・ホームドア設置推進の"2大政治圧力?"から守り抜き、存続させる(鉄)路は"LRT化"しか残されていないでしょう!
21世紀の 都市圏広域交通事業 は発想の大転換が必要では!
明治維新後に訪れた文明開化の象徴"鉄道"が全てのtraffic networkを担う鉄道万能論の時代はとっくに終わっています!旧来の住み分け・発想であるローカルエリアのコミューターはバスで、比較的広範囲なエリアは鉄道で、というでは時代ではありません!
Tram の 鉄道路線 直通運行 が 欧米 各地で活発化した背景とは?...
ヨーロッパの中核都市圏では通勤客等の モーダルシフト を計るため、郊外の住宅地から都心部に座ったまま"シームレス(乗り換え、乗り継ぎ無し)"にたどり着ける様に、積極的に既存の鉄道路線や私鉄路線などへの乗り入れをする超低床トラムが広がっている!

首都圏交通 研究室

JR東日本は民鉄協会には加盟していませんが完全民営化した私鉄で、東京メトロは政府と東京都が出資した官営鉄道であり、ゆりかもめラインは民間企業も出資している第3セクター事業です。公共交通事業に対する一般市民の思い込みを紐解いてみました。

中部 都市圏交通研究室

東海・北陸エリアの都市圏交通問題について考察したレビュー・コラムを集めたコーナーのTopカテゴリーページ、中部圏の鉄道事業者の抱える問題を考えてみました。

関西都市圏 交通研究室

京阪神メガロポリス近畿圏を中心に都市圏広域交通事業にスポットを当てて、問題提起した”提言集”のTopカテゴリーのメニュー一覧


 



▲交通政策 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る