タヌキがゆく

鉄道事業再建研究室

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

21世紀は、トランスポーター種別「ハードウェアー」の優位性を問う「競合」の時代では無く!国土全体のtransit(交通機関)の有機的な結合・連携・協調による運輸システム「ソフトウェアー」開発の時代では無いでしょうか…

スポンサード リンク

 

九州 の Rural 鐡道事業を 廃線 の危機から守るには思い切った制度改革が...
現在地元では当たり前?、"乗り鉄"の間では悪評たなびくJR九州の「ローカル線の乗り心地」問題は、どうすれば改善できるでしょうか?安全運行確保の上でも重要なこの問題は、事業者間の"territory"に問題があるのではないでしょうか?
「Japanese Private railways Pass 」制度設立で交通事業者のコロナ災害復興を!
2020年度は、コロナ災害で深刻な被害を被った民営鉄道各社ですが...悪いことも、良いこともいつまでも続くことでもないので、ここらあたりで、地方に住む住人の交通アクセス確保のためにも今からコロナ災害後の公共交通事業者の復興支援策を検討しておくべきでは無いでしょうか
レールバス 運行でも" 鉄道 は鉄道!?"という"鉄頭"では...赤字 地方ローカル線は救えない!
"おじいちゃん"経営陣が、LRTをバカにして、『おらが町の故郷鉄道は"本格的な鉄道路線"!でないと...』などという"妄想・夢物語"にしがみついていては... 地方のローカル3セク鉄道事業者のお偉いさん方は、レールバス運行でも「鉄道は鉄道だ...?」などと嘯いて、結局は地元民である"自分たちも使わない!"補助金頼みの赤字垂れ流しのお荷物路線"となって事業破綻・廃線・廃業となってしまうケースが多いようです!
鉄道 は陸上旅客輸送の1手段にしか過ぎない! regional line の役割とは?
年を取るとだんだん断捨離が出来なくなり、年に一度も使わないようなものまで『いつか使う日が来るから...』と後生大事に取っておくきらいがあるようで、かく申す小生もその一人ではありますが、『何時かは、乗る時が来るだろう...』と取っておいた鉄道に"お位牌"になってから乗せてもらっても仕方ないですし、ここはひとつ後を継いでくれる若者たちのためにも空気輸送のローカル線は断捨離すべきご時世なのではないでしょうか?...
鉄道貨客 混載 事業を 宅配事業者 とのアライアンスで 復活すれば赤字削減・事業継続への鉄路(みち)に繋がるかも...
JRの新型業務用車両が、鉄道貨物を蘇生できるかも!現在、猛威を振るうコロナ災害、で鉄道事業者が、存亡の窮地に立たされていますが、新型車両は、レール輸送だけではなく、宅配便輸送に大変革をもたらすかもしれません!
近江鉄道 を"自立"出来る"持続可能な鉄道路線"に転線!させるには...
滋賀県が打ち出した、沿線自治体からの補助金拠出施策では、近江鉄道の未来は廃線しか..."近江鉄道"公共交通事業を経営破綻・廃止の危機から守るには、地方独立行政法人 近江広域交通事業団の設立や、LRT路線化等の積極策の推進しかないでしょう!
赤字 地方ローカル線 を抱え込む JR 各社が鉄道事業者として存続するには《 持続可能な鉄道事業 》
日本国内の殆どのregional line(地方交通線)は赤字路線となっています!広大なサービスエリアを持つJR各社は鉄道事業では収益が得られず!色んな模索をしているわけですが...
JR北海道 鉄道網の近未来像へのヒントは コロラド州 から学べるのでは?...
 「人は歴史から多くのことを学んだ」と言われていますが「railway mania(鉄道狂!)は同じ失敗を繰り返している!」といえるのではないでしょうか。
北海道の 交通政策 はゼロからの再出発が必要では!
一度原点に立ち返り、JR北海道温存に拘らず!JR東日本の子会社化、札幌市交通局の3セク広域交通事業団化も含めて、北海道全体の鉄道網を見直す時期ではないでしょうか!
持続可能な鉄道事業 実現のためには BNSF と Milwaukee Road から教訓を学ぶ必要が...
嘗て黎明期の"動力鉄道"は、現状の新幹線同様に?旅客営業にしか対応できない未熟なtransporter(輸送機)でした。正しく19世紀の新幹線だったわけです!その後貨物輸送も行える「立派な鉄道」に成長しましたが...、日本ではspeed mania(スピード狂)が、台無しにしてしまったようです...
海上コンテナ ( Intermodal container ) の 鉄道 輸送について《 持続可能な鉄道事業 》
世界の貿易(工業製品)貨物はIntermodal container(海コン)輸送の時代に入っています! そして、アメリカ大陸、ユーラシア大陸ではリスクの大きいcontainer shipからrailroadを利用したcargo transportation(貨物輸送)に注目が集まっています。
JR各社の鉄道事業を持続させるには、再度の big Bang が必要!
本年整備新幹線建設枠が空くのを念頭に、2022年度の新規着工区間予算獲得を巡り、恥も外聞も厭わない、猛烈なプロパガンダ合戦がWeb上で繰り広げられていますが...世界では今、確実に第3次世界大戦がはじまっている!というのに、まあ何と平和で能天気なお気楽な人達なのでしょうか...
越美北線を廃線から救うにはトラムトレイン方式の LRT 化しか...
現在2023年の開業を目指して第3セクター"越前蟹鯖ライン?"の開業準備が粛々と進められているようですが?従来通りの"赤字補填助成金支出"に終始する県の姿勢では、ゆくゆくは、あまたあった痴呆3セク鉄道事業者同様に「大事なライフライン」北陸線が消えてなくなってしまうでしょう...
赤字ローカル線『 加古川線 』を 廃止 の危機から救えるのは 国際救助隊の"サンダーバード号 !"
超赤字ローカル線「加古川線」経由の城崎行緩行?特急・有料快速が、湖西線に国際救助隊から派遣されている681系・683系サンダーバード号の新たなる救助先として相応しいのではないでしょうか!

赤字地方交通線存続問題調査室

完全民営化を達成できたJR3社ですが、JR3島 国有企業同様に鉄道事業の赤字は増すばかりで、対応に苦慮しているわけです! 何時までも民間企業のJR3社の”慈悲”に縋るのではなく…我々納税者である国民と”僕(しもべ)”であるべき行政担当者は、鉄道網に頼らない、街づくり、地域活性化策を、真剣に考えるべき時期ではないでしょうか? 赤字ローカル線存続問題について考えた、コーナーのTopメニューテーブルです。


 



▲交通政策 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る