タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

トランスポーター技術調査室

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

陸上を走るトランスポーターに関する過去から近未来に渡る技術について、自転車から鉄道車両迄幅広く時代の先端を行く技術を解説したコラム集のTopカテゴリーメニュー。

スポンサード リンク

 

TOYOTA Centyury に唯一備わっていないものとは...
もしもトヨタがPackardブランドを手に入れることができたならば、名実ともに「世界最高峰」の自動車メーカーに上り詰めることでしょう!
サフェージュ タイプ モノレール は21世紀の 公営都市交通 の救世主! 
サフェージュ式モノレールこそ日本の地方都市交通に最適では!別項でも述べた通り、地方都市の公営・3セク交通にとって経営破綻の要因ともなりかねない「ホームドア設置圧力!」を跳ねのけるには正にサフェージュ式モノレールが最適ではないでしょうか。
近畿 で始まった日本の 電化 と インターアーバン の歴史
日本におけるインターアーバンの歴史は近畿で始まったといってもよいでしょう!大阪の5大私鉄が、国内に持ち込んだインターアーバン・高速電気軌道事業コンセプトは、それまでの 電車=チンチン電車=路面電車のイメージを一掃するものでした!
貴方はトヨタ党?それとも日産党? ー 独自技術を育てるか?手っ取り早く企業買収へ進むか? ー 
昔から"自称自動車ジャーナリスト"の間では、『技術の日産、販売のトヨタ』などと評して、『日産はマーケティング(市場戦略)でトヨタに敗北した』ように"騙って"いる連中が多いが...
LRT は ユニバーサルデザイン を纏った エコロジー で エコノミー な"エコ満載"の トランスポーター!
「エコロジー・エコノミー」なエコ満載の「 超低床トラム 」が走るライトレールは「停留場」との段差も無い「ユニバーサルデザイン」を備えたお年寄りや、車いすを利用されている障害者の方達にも優し「ナチュラル・バリアフリー」な交通機関なのです。
トラムといえば『 バス・トラム 』を指す日が必ずやってくる!
全国の「貧乏自治体?」の中量都市交通システムの「切り札」次世代トラム!少ない初期投資でバリアフリー、エコノミー、エコロジー、コンビニエンスの4拍子がそろった 超低床連接バス『 Busse-Tram 』を採用する都市が広がっています!
ミニ地下鉄 はリニアに"金食い虫"で厄介者のお荷物"公共交通効カン!"
ニューヨーク、ロンドン、東京などのメガロポリスでは、もはや地表近くには地下鉄新線を建設する余地はなく、巨額投資をしてでも地底深くを「Tube」鉄道で掘り進むか「美観を損ねる高架軌道」を建設するしか(軌)道はありませんが、Tube 地下鉄 は「 リニア 」方式でなくとも建設できます!更に日本のminiリニア車両では、標準軌で直流1500V電車なのに"ご近所付き合いが悪い"仲間外れのヒッキー路線(孤立路線)になり果てています!地方都市を走るRural line ではメリットは全くありません!
ヨーロッパの都市で普及した3種類の異なった LRT システムとは
岐阜市内線・揖斐線廃止の失敗例は、その後の地方都市交通網再整備の教訓となり、国交省誕生後10年後に生まれた「LRTの整備等に対する総合的な支援スキーム 」体制が中核都市の交通事情を変えようとしている!
首都圏 にあるお利口なトランスポーターたち!
首都圏には、武蔵野線と都営荒川線という「エコレール」があります、エコロジー、エコノミー、バリアフリー、コンビニエンス(利便性)...、と3拍子も4拍子もそろった、「ス-パーレイルウェイ達」です。今こそその良さを再発見するときでは?
" ECVT "ハイブリッド 原付き miniバイク!は新時代のエコバイクに...
新聞配達車市場のほぼ100%を独占しているのがスーパーカブですが、深夜の閑静な住宅地では、騒音面で迷惑極まりない存在!低騒音、低燃費でしかも坂道に強い、高トルク型のハイブリッド原付2輪車のコンセプトデザインを考えてみました。国交省運輸局の「寛容な法解釈」で深夜の住宅地の騒音公害の解決!が出来るかもしれません。
自動車大国日本に唯一無いものは Vintage Brand Car
ビンテージカー、クラシックカー(最上級車)とは何なのでしょうか?日本では「年期物の旧車」と勘違いされているようですが...自動車大国日本には、残念ながら「クラシックカー」は存在しません!《Vintage Car の系譜 とコーチビルダーの変遷》
ドイツ・フランスの Vintage Brand Car
アメリカ、イギリス同様に馬車時代が長かった独・仏にもおおくのコーチビルダーが存在していました。そして、2度の戦火に見舞われて、その都度地から強く復興した両国にも多くのVintage Brand Carが存在していました。
歴史ある大英帝国で育まれた Vintage Brand Car 達
歴史ある大英帝国は、貴族社会の国でもあり、長く続いた馬車時代から彼らが御用達としていた今も残る歴史ある「コーチビルダー」が群雄割拠?して手作り高額車両を製造していた国でもあります。
ローマ帝国の栄光ある伝統を引き継ぐ?イタリア のヴィンテージブランドカー
ローマ帝国の時代から馬車が発達していたイタリアも貧しいが情熱的な一般庶民と大富豪や貴族が同居する国で、馬車の時代から続くカロッツェリア(コーチビルダー)がフェラーリなどのシャシーメーカーと組んで独自の高級車を綿々と制作し続けているお国柄です。
大後悔?漂流時代の果てに流れ着いた先で滅亡したスペインのVintage car Brand
スペインで生まれてフランスに流れ着き?プジョー同様にお雇い"スイス人技師"の助けを借りて、次々に新技術を実用化して"エンジンのイスパノスイザ"となりフランスを代表する?高級車メーカーとなった同社でしたが、本国のスペイン内乱、そして第2次大戦の荒波で分割されてしまい、今は...
自動車育ての親 アメリカ で生まれた アメリカン ヴィンテージカー
21世紀の現在純high-priced luxury American automobilと呼べるmarque's(固有名)は Lincolnだけかもしれませんが、嘗てのアメリカにはhigh-priced luxury American automobil marquesを製造できるブランドが数多く存在していました。
Talgo方式フリーゲージトレインの致命的欠陥!フレコロとは?...
原子力船"むつ"開発同様に、巨費を投じた茶番劇が妄想に終わり、試験設備が廃墟として残ったフリーゲージトレイン!ですが、嘗てのド素人集団!軌間可変技術評価委員会がデッチ上げた大嘘の"中間報告書"に記載されずに隠蔽された" fretting corrosion "問題を、判りやすく図で解説しました。 嘗て軌間可変技術評価委員会(と称した与党国会議員で構成されたズブの素人集団!)のデッチ上げた大嘘の"中間報告書"に記載されずに隠蔽された" fretting corrosion "問題を、判りやすく図で解説しました。
地下鉄 や 新都市交通システム が 整備新幹線 より割高になる理由とは?
新幹線が1kmあたり152億円(※1)で建設できるのに、地下鉄が433億円(※2)と3倍近く跳ね上がるのか?TV・新聞などの商業メディアや、自称鉄道プロジャーナリスト達では絶対に話題に取り上げない(取り上げられない!)話題なので、
生活道路( 裏道 )での人身事故撲滅はどうすれば達成できるか? 
生活道路速度抑制装置の装着義務化と同時に当分の間は人身事故防止に最も効果のある制限速度20㎞/h、30㎞/hの生活道路(裏道)での取り締まりにもっと力を入れて戴きたいと切望する記事。


 



▲交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る