タヌキがゆく《不定期刊 狸穴ジャーナル》

トランスポーター技術調査室

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

陸上を走るトランスポーターに関する過去から近未来に渡る技術について、自転車から鉄道車両迄幅広く時代の先端を行く技術を解説したコラム集のTopカテゴリーメニュー。

スポンサード リンク

 

貴方はトヨタ党?それとも日産党?《コラム2006》独自開発路線か?、それとも買収派?
貴方はトヨタ党?、それとも日産党?その昔、トヨタ自動車は日本最初の純国産技術で乗用車を作った。そのころ日産は英国オースティン社と業務提携をしてノックダウン方式による国産車製造に乗り出したそれが初代DATSUNである......。トヨタは協力企業、特に部品納入各社の生産技術力・品質技術が"横並び"で上がるのをライバルのスタンドプレーを横目で睨みつつ耐えながらじっと待っていたのであった。...
おーい リニア何処に行った?《 Mag Lev Watch》プロローグ 
「ハ~イ、ここにイマ~ス! 山梨県で、啓蒙活動に勤しんでイマ~ス!」「啓蒙活動ってナ~ニ?」「試験線、を作ってもらって、見学センターって所から見学客を乗せて、体験乗車のプロモ~ションをやっています。」「それって、つまりはテーマパークのアトラクションみたいな物?
LRT はエコロジー エコノミーな"エコ満載"の トランスポーター!《 LRT Watch》第2回 
「エコロジー・エコノミー」なエコ満載の「 超低床トラム 」が走るライトレールは「停留場」との段差も無い「ユニバーサルデザイン」を備えたお年寄りや、車いすを利用されている障害者の方達にも優し「ナチュラル・バリアフリー」な交通機関なのです。
トラムといえば『 バス・トラム 』を指す日が必ずやってくる!《 BRT Watch》第1回 
全国の「貧乏自治体?」の中量都市交通システムの「切り札」次世代トラム!少ない初期投資でバリアフリー、エコノミー、エコロジーの3拍子がそろった 超低床連接バス『 Busse-Tram 』を利用する都市が広がっています!
ヨーロッパの都市で普及した3種類の異なった LRT システムとは《 LRT Watch》第3回 
岐阜市内線・揖斐線廃止の失敗例は、その後の地方都市交通網再整備の教訓となり、国交省誕生後10年後に生まれた「LRTの整備等に対する総合的な支援スキーム 」体制が中核都市の交通事情を変えようとしている!
国家権力と戦ってきたトヨタAA型と出光丸
最近、石油メジャー・CIAの陰謀と思われる「トヨタ叩き」のプロパガンダ活動が目立つようになってきました!鉄(金?)壁の防御を固めているTOYOTAホールディングスの総務部を何とか食い物にしようと画策している「総会屋グループ」を仲間に引き入れて、WEBコンテンツに目を付けて「零細プロダクション」「零細広告代理業」を使い悪質な「トヨタ批判」プロパガンダを展開しています!
日本では フリーゲージトレイン は実現できない!最大の難題 fretting corrosionとは...
どう考えても陰謀としか思えない軌間可変技術評価委員会のでっち上げ報告書の大嘘に隠されたfretting corrosion問題を判りやすく図で解説しました。 本家スペインでも軌間変換システムは地方幹線の標準軌化延伸工事で廃れてきています!
地下鉄 建設が 整備新幹線 建設より割高になる理由は...マスコミやプロジャーナリストが取り上げない理由とは?《 Subway Watch》
新幹線が1kmあたり152億円(※1)で建設できるのに、地下鉄が433億円(※2)と3倍近く跳ね上がるのか? TV・新聞などの商業メディアや、自称鉄道プロジャーナリスト達では絶対に話題に取り上げない(取り上げられない!)話題なので、
ホームドア 設置が首都圏以外で進まない理由とは... 《 Safety measure Watch》ホームドア設置には"整備新幹線建設並みの巨費が必要!
首都圏でのホーム転落事故多発を受けて、東京を中心とする首都圏の幹線・地下鉄では"ホームドアの設置が進んでいます。しかし一方、首都圏以外の地方都市では、一部の地下鉄、モノレールなどを除いてホームドアはあまり普及していませんが何故でしょうか?...
鉄道 は陸上旅客輸送の1手段にしか過ぎない!
「鉄道路線」ばかりに目(関心)を向けないで、鉄道以外のトランスポーターにも脚光を!時代から取り残された「ノスタルジックな痴呆ローカル線」を取り上げるのが「YouTuber」の存在理由ではないハズ?...おバカな交通行政の専門家達?に目を覚まさせる「ヒントづくり」も活動の一つでは?
生活道路( 裏道 )での人身事故撲滅はどうすれば達成できるか? 
生活道路速度抑制装置の装着義務化と同時に当分の間は人身事故防止に最も効果のある制限速度20㎞/h、30㎞/hの生活道路(裏道)での取り締まりにもっと力を入れて戴きたいと切望する記事。


 



▲交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る