タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

都市圏交通問題 研究室

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

レガシー都市交通の主役「チンチン電車」と地下鉄。「鉄道事業法」に基づきながら「鉄輪」を持たない紛い物?の新都市交通・モノレールやガイドウエーバス…。”鉄路に縛られない21世紀のヒーロー!”バス・トラムBRTについて考察したコラム集のTopメニューリスト。

スポンサード リンク

 

今何故 LRT なのか?ヨーロッパ各地で トラム が復興した背景...
ヨーロッパの中核都市圏では通勤客等の モーダルシフト を計るため、郊外の住宅地から都心部に座ったまま"シームレス(乗り換え、乗り継ぎ無し)"にたどり着ける様に、積極的に既存の鉄道路線や私鉄路線などへの乗り入れをする超低床トラムが広がっている!
超低床トラム が走る ライトレール はエコ満載で 生まれながらの バイアフリー!
「エコロジー・エコノミー」なエコ満載の「 超低床トラム 」が走るライトレールは「停留場」との段差も無い「ユニバーサルデザイン」を備えたお年寄りや、車いすを利用されている障害者の方達にも優し「ナチュラル・バリアフリー」な交通機関なのです。
赤字間違いなし!地方都市での 新都市交通・地下鉄 新線計画 について考える
地方都市で計画されている「新都市交通・地下鉄新線計画」は誰(土建屋)のため?、輸送密度8000人/日 以下の地方都市のローカル公共交通の「生きる鉄路」を模索してみる...。主に「地方空港アクセス路線」「ニュータウンや企業団地造成に伴うアクセス路線」等が標的となり、燻(くすぶ)っている?新規鉄道路線計画は「誰の為?」
トラムといえば『 バス・トラム 』を指す日が必ずやってくる!
トラムといえばバストラムを示す日が必ず訪れる!全国の「貧乏自治体?」の中量都市交通システムの「切り札」次世代のトラム登場!少ない初期投資でバリアフリー、エコノミー、エコロジー等々そろったバス専用レーン方式・BRT 『 バストラム 』登場!
日本型 BRT バス・レール・トランスフォーメーション?の問題点!とライトレール 擬き?都市型 BRT の違いと可能性
日本型のBRTは地方ローカル線切り捨ての一つの段階となり果てているが!日本初の都市型「BRT」基幹バス(1985年開業)で先を越された?東京も都市型BRT採用を決めた!岐阜市内公共交通インフラ再構築、青森空港 シャトルラインなどには沿線住人の"日常の足"にもなる最適なシステムではなかろうか?
都営大江戸線 だけが持て囃され田舎町の "リニア地下鉄電車" が受けない理由
東京やロンドンのようなメガロポリス以外のミドルポリス?では"人"どころか"水"も流せないような無用の「地底土管」「Tube」鉄道。東京では1兆3千920億円!!の豪華な「地底ネックレス?」が交通ネックを解消したが、その他の田舎町のリニアミニ地下鉄は通行の「ネック」、財政の「ネック」...と「ネックフル」状態に...
ヨーロッパの3都市が考え出した LRT( ライトレール・トラム網 )とは?
岐阜市内線・揖斐線廃止の失敗例は、その後の地方都市交通網再整備の教訓となり、国交省誕生後10年後に生まれた「LRTの整備等に対する総合的な支援スキーム 」体制が中核都市の交通事情を変えようとしている!
公共交通システム のショールーム?首都圏にあるお利口なトランスポーターたち!
首都圏には、武蔵野線と都営荒川線という「エコレール」があります、エコロジー、エコノミー、バリアフリー、コンビニエンス(利便性)...、と3拍子も4拍子もそろった、「ス-パーレイルウェイ達」です。今こそその良さを再発見するときでは?
日本の大手私鉄における"street running"の歴史
日本の大都市近郊私鉄の多くは軌道法によるチンチン電車から発展しており、関東では、東武鉄道、西武鉄道、小田急、相鉄 と新京成以外の私鉄、大阪では、南海鐡道、初代大阪鉄道(現近鉄南大阪線)を除いて主だった私鉄はすべて「専用軌道を走るチンチン電車」として出発している。
金沢市 の 都市圏交通 インフラ整備が シンジケートに狙われている!
金沢都市圏総合都市交通計画協議会 の皆さん...陰謀に加担しないで冷静になりましょう!ホームにたどり着くよりも隣の停留所まで歩いたほうが早いような「地底電車」を走らせても誰も利用しない(出来ない)のでは?バカげた妄想を捨て、身の丈に合った「BRT」路線網構築で「変化する都市」に対処すべきではないでしょうか?

北日本・北関東・甲信越都市圏交通 研究室

東北・北海道・北関東・甲信越の公共交通事業者について、何でそうなるの…?の疑問を解き明かしたコラム集。

首都圏 鉄道網 研究室

東京首都圏で活躍している、JR東日本、東京メトロ、都営地下鉄、大手私鉄各社、新都市交通、など”普段の足”の問題点について、「こんなものだろう」「これで当たり前なんじゃない…」「仕方ないでしょう…」事柄を再分析して解決策を模索したコラム集。

中部都市圏交通 研究室

派手好みで積極投資・先行投資が好きな尾張気質の旧・愛知電気鉄道と、国盗り物語の旧・美濃電気鉄道を仲間に引き入れ名を捨て実を取った旧名古屋電気鉄をブレンドして誕生した迷鉄?グループ…。元祖「東海道新幹線」で全国区に躍り出たJR東海や、尾張でありながら意外と堅実な名古屋市交通局が仲良く?すみ分けている日本第2の人口密集エリア東海の交通インフラについて、過去・現在・未来を考えたコラム集。

近畿・都市圏 交通 研究室

近畿圏の都市交通について、22世紀に向かって奮闘している?大阪メトロ、JR西日本、近鉄、京阪、南海、阪急、や話題を振りまくなにわ筋線などの各鉄道事業者の現状と問題点などを考察したコラム集のTopメニューリスト。

九州・沖縄都市圏交通 研究室

黒いダイヤで沸き立った、筑前・肥前(福岡県・佐賀県・長崎県)を中心に民間資本による石炭輸送網が広がり、エネルギー革命?とともに衰退し、軍政からの横やりにあいながらも、着実に肥後・薩摩・大隅・日向に路線網を定着させてきた九州の鉄道網についてのコラム集。


 



▲交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る