タヌキがゆく《不定期刊 狸穴ジャーナル》

関東・甲信・東北・北海道広域交通 調査室

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

東北・北海道・北関東・甲信越の公共交通事業者について、何でそうなるの…?の疑問を解き明かしたコラム集のトップページ。

スポンサード リンク

 

新潟旧市街中央区・東区の交通麻痺は BRT のせいでは無い!《 BRT Watch》第4回 
一部の自称鉄道ライター?が、新潟のBRTを交通問題の頑強のように野次っているようですが...完全に的外れのピンボケ・欲ボケの「新都市交通建設プロパガンダ」でしょう。ネガティブな発想で新潟交通BRT批判ばかりに終始して、パッシブで妥協の産物のような目先だけの"逃げ"ばかり考えていても問題は解決しないでしょう。ポジティブな姿勢で問題と取り組み、アグレッシブな解決策を模索する姿勢が必要なのではないでしょうか?
小樽 LRT の実現で小樽市に再び活気が...《 LRT Watch》第13回 2031年の 手宮線 151周年記念復活事業
小樽市は、嘗ての北海道官営幌内鉄道発祥の地であり手宮⇔札幌間に1880年に開通して手宮港から黒いダイヤが日本全国に積み出されて、本州からは開拓民の上陸や物資陸揚げの港となり、昭和初期にかけて金融機関や船舶会社、商社などが進出して北海道経済の中心都市として発展した歴史ある街です。 そして2031年春北海道新幹線の開業で一躍北海道観光の拠点になろうとしています!
青森空港 シャトルライン は BRT なら安上がりに実現できる!《 BRT Watch》Annex1 ...がそもそも必要ない!
鉄オタYouTuberを装った個人経営の「広告代理業」が『迷列車青い森の迷トレイン』シリーズなる静止画コンテンツでクライアントの青森県建設業協会がぶち上げた「跨座式モノレールシステム 」建設案をプロパガンダしているようですが...
日本における 広域 LRT 網 信達軌道 発祥の地 《 LRT Watch》第4回 福島県 伊達市
嘗て、伊達市域には「ヨーロッパ型 LRT 網」が張り巡らされていた!1960年代後半まで地域住人の大切な足として、「域内アクセスの柱」的役割を果たしていた、「馬面電車」は現在も一部が福島交通飯坂線として、嘗ての栄光ある歴史を背負って福島盆地をのんびりと走っている...
青森県第2の都市 八戸 に海上新空港を!
インバウンド観光客を呼び込むには、東北新幹線だけでは力量不足です!新八戸空港整備事業こそが21世紀の八戸市と旧南部藩にある周辺都市の存続のキーを握っているのでは?
宇都宮ライトレール さんこのまま建設を進めても 作新学院北停留場 付近の急坂は登れないかも?...《 LRT Watch》Annex 2
賛成派「雷都レールとちぎ」と反対派の「LRT計画の中止を求める会」双方の皆さん、このまま計画を進めても作新学院北停留所付近の急坂は「定員乗車では上れません!」が宜しいのですか?大真面目で一時計画を凍結なさることをお勧めします!狸穴総合研究所、代表 出路樽狸
蔵野線 ・成田線 が高速化できれば JR東日本が発表した大宮駅 周辺 ビジネス街拠点化 計画も大成功するかも...
東京都への企業・人口一極集中対策、各省庁の分散移転先として期待されている"さいたま新都心"中央官庁街化"と大手有力企業の本社誘致の決め手!は武蔵野線・成田線を改修して成田空港を近寄せるしかない!

首都圏 鉄道網 調査室

東京首都圏で活躍している、JR東日本、東京メトロ、都営地下鉄、大手私鉄各社、新都市交通、など”普段の足”の問題点について、「こんなものだろう」「これで当たり前なんじゃない…」「仕方ないでしょう…」事柄を再分析して解決策を模索したコラム集のトップページ。


 



▲交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る