タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

京阪 電車研究班

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

京阪電気鉄道について、その生い立ちから、現在おかれている状況などについて親身なって?追及したコラム集。

スポンサード リンク

 

『大阪メトロ大日ー京阪寝屋川市ーJR星田駅』を結ぶ 京阪大日支線 が出来れば...
22世紀大阪復権のカギ「国道1・2号線沿線連絡鉄道」の布石として、「北河内高速鉄道」を設立しては如何でしょうか?。大阪メトロ谷町線を延伸し京阪寝屋川市駅を大改造し「同一方向同一(島形)プラットホーム」とすれば、大阪メトロ大国町駅同様に乗り換えの不便がほぼ無くなり、「相互乗り入れ」同様の効果が得られます!
頑張れ「 お京阪 」!...近畿の数多くの鉄道建設に関わり「理想を追求し続けてきた京阪魂!」
創業以来、都心部乗り入れが阻まれ続けてきた「お京阪」がやっと大阪市のオヘソ中之島に曲がりなりにも上陸できたが...、共存共栄を尊ぶ「はんなりした京都の旦那衆」とは異なり大阪市を牛耳ってきた守銭奴の集まり「町衆組織」は計算高く「常に鉄道マンで有り続けてきた"お京はん」には分が悪いようである!
なにわ筋線は京阪 中之島線を救えるか?...ヤッパリダメだった"盲腸線"!
京阪中之島線の開業一ヶ月の営業報告が本日(2008年11月18日)発表された。予想通りというか、当初の目論みの1日平均8万人を大きく下回り、1日平均4万人と散々な結果となった。経路変更予定者が移っても6万人/日では当初の事業計画(採算レベル)にはほど遠いのはでは...?


 



▲鉄道・交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る