『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

西日本地方交通線 調査室

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

関西の地方交通事業について、鉄道事業者の現状と問題点などを考察したコラム集のTopページ。

スポンサード リンク

 

西九州新幹線 部分開業後の 長崎県 は" 私鉄王国 "に!?
《概要》2022年の長崎新幹線一部開通で、九州西部の旧肥前国の交通事情が一変しそうです!高額運賃で県民生活・地域経済は大きなダメージを...後先考えずに、整備新幹線建設推進プロジェクトに"便乗"した結果は、青森県同様に高額運賃で県民生活・地域経済は大きなダメージを受けることになるでしょう! 後先考えずに、震撼線計画に"便乗"した結果、青森県同様に高額運賃で地域経済は大きなダメージを受けることになるでしょう!
三江線 を復活させて島根⇔広島を結ぶ高速貨客鉄道・陰陽連絡線に
山陰新幹線構想よりも、廃線となった" 三江線 "の一部区間を復活・再利用して新たな陰陽連絡高規格鉄道を建設すれば、瀬戸内側の食糧庫・ヤマカゲ側の経済活動を活性化できて、新たな地域おこしも...
近江鉄道沿線地域公共交通再生協議会の詭弁!上下分離路線に沿線市民が便乗してもいずれは...
滋賀県が打ち出した、沿線自治体からの補助金拠出施策では、近江鉄道の未来は廃線しか..."近江鉄道"公共交通事業を経営破綻・廃止の危機から守るには、一般地方独立行政法人 近江広域交通事業団の設立や、LRT路線化等の積極策の推進しかないでしょう!
陰陽連絡鉄道 整備が" ヤマカゲ "に隠れた 鳥取 島根 両県の存亡のキーを握っている!
《概要》現在陸運の99%はトラック輸送に頼っていますが、燃料電池開発と、メタルハイドライトなどの水素貯蔵技術が格段の進歩を遂げない限りは、乗用車のEV化、は進んでも総重量25tonを超える大型トラックの完全EV化は困難!です!脱炭素社会の実現には電化鉄道!が必須なのです。
謝罪広告 2017-1
事実誤認記事に対する謝罪文と記事削除のお知らせ。


 



▲整備新幹線・地方交通線調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る