タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

全国鉄道網・ローカルアクセス研究室

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

大都市近郊の大手私鉄、地方に埋もれている?「鉄道事業者」、バスその他の旅客運輸事業について真面目に将来を憂いた?コラム集のTopメニュー・テーブル。

スポンサード リンク

 

元国鉄 赤字 ローカル線 等の地方交通路線の再生は可能か?その1
少子高齢化により、過疎地に住む「交通弱者」に対する「公共トランスポーター」の重要性が危惧され、全国で問題が発生しているが、「国土交通省」の「公共交通行政」の一元化が図れていない現状では、鐡道事業には廃線・規模縮小・衰退するしか(鉄)路は残こされていないのか...?
日本各地から森林鉄道・軽便鉄道・路面電車が消えた理由とは?
「モータリゼーションの津波」が全国各地から「軽便鉄道、森林鉄道、路面電車」等のライトレールや「地方ローカル線」を押し流し衰退させたとされているが、実はモータリゼーションの発達は直接原因ではなく「高速道路網整備」に始まった技術革新による「一般道」整備の2次的な波及効果(被害?)とも言えなくない。
テッチャンを装った?YouTuberに物申す...鉄道 は陸上旅客輸送の1手段にしか過ぎない! 
「鉄道路線」ばかりに目(関心)を向けないで、鉄道以外のトランスポーターにも脚光を!時代から取り残された「ノスタルジックな痴呆ローカル線」を取り上げるのが「YouTuber」の存在理由ではないハズ?...おバカな交通行政の専門家達?に目を覚まさせる「ヒントづくり」も活動の一つでは?
青森空港 シャトルライン は安上がりに実現できる!
「土建屋の回し者?」が唱えている、巨額の建設費(税金)を投じた「新都市交通システム」では一般市民の日常のアクセス手段にはならない! 総工費約約490億円程度で、道路を拡幅整備し新型連接バスによる「BRT」路線を開設したほうが得策では?
あいの風とやま鉄道 と 富山地方鉄道 の大胆な経営統合が富山を変える鉄路
富山県の広域交通シスセムの一元化を!新幹線開業を機に切り捨てられた在来線の「あいの風とやま鉄道」と地場企業「富山地方鉄道」が大胆な提携か「鉄道事業統合」を図るには、正に都合の良い時期にさしかかっているのでは?...
北陸新幹線 並行在来線 小浜線 の将来は...ライトレール化でスマートに!
北陸新幹線敦賀以西については小浜ルートでほぼ決定しそうだが...。問題は「並行在来線問題」"小浜線の存続問題!現状でも極端に利用者の少ないこの区間、場当たり的な補助金・支援策だけでは将来的には"廃線"確実?この際思い切ってライトレール化すれば、「交通弱者の足」確保と「モーダルシフト」の実現と、原発用重量資材運搬手段?も確保できる。
北陸新幹線 福井県内 並行在来線 はカールスルーエ方式のライトレールで...
福井県・福井市が音頭を取り、福井エリアエキスプレス(Hukui Area Express)として、この際孤立路線となるJR越美北線(福井ー九頭竜湖間)も含め、えちぜん鉄道、福井鉄道、を統合して、カールスルーエタイプの「広域トラム網」を整備してはいかがであろうか?

近鉄 電車研究班

近鉄ホールディングスという「防塁」に取り囲まれて実態の良くわからないJR各社以外では日本最大の規模を誇る近畿日本鉄道株式会社について推理(憶測)を交えて分析したコラム集。

南海 電車研究班

南海電気鉄道 の「難解?」な点について真面目に調査した研究成果?を網羅しました。

京阪 電車研究班

京阪電気鉄道について、その生い立ちから、現在おかれている状況などについて親身なって?追及したコラム集。

阪急 阪神 研究班

阪急阪神ホールディングスの完全持株会社として義兄弟の契りを結んだ半休?電車・半身?電車について不休の努力と全身全霊(感)を使い切って「まじめに論評」!したコラム。


 



▲鉄道・交通問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る