タヌキがゆく

羽田空港アクセス線 と 首都機能分散移転

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

24時間空港!東京国際空港 とJR東日本 路線網?が直結する 羽田空港アクセス線は「東京都を混迷」に導く "パラドックス"路線「パンドラの箱」と言えるでしょう。東京湾をめぐる "水面下”でJR東日本:東京都・国交省が 鬩ぎあい を演じているわけです。 しかし"妥協の産物"東山手ルート(上野東京ライン接続)だけしか実現しないのでは、西九州新幹線同様に…JR羽田空港アクセス線 についての関連コラムを集めたコーナーのTop Index Menu Tableです。

スポンサード リンク

 

片肺路線 ! の羽田空港アクセス線東山手ルートが東京都への富の一極集中を打ち壊すカオスのトリガーを引く
神奈川方面"横須賀線"、千葉県方面"総武線" 無視!の全体構想では、お世辞にも首都圏JR沿線に暮らす利用者にとって、待ちわびた"公共性"のあるアクセス路線とは言えません。しかし、"東京都の防戦"にも拘らず、富(企業)は確実に都内から♥周辺他県の新都心へ移り首都圏の経済力地図をカオスに導き、東京都を混迷路線に導く分岐点になるでしょう...
羽田空港アクセス線西山手ルート・臨海部ルートは東京都とJR東日本によって握りつぶされた!
2027年のリニア中央新幹線開業がトリガーとなり、202x年の羽田空港アクセス線開業がターニングポイントとなって、JR東日本の運行形態が大変革を迎えて、新線建設に頼らなくても首都圏の鉄道網が有機的に機能しだすでしょう!
東京都とJR東日本が羽田空港アクセス線・臨海部ルート実現を阻んでいる!
2006年以降続けられている、東京都とJR東日本とで協議中の東京臨海高速鉄道㈱のリファイナンス(再投融資)話がまとまれば202X年に、遅くとも軌道施設の40年リースが満了する2041年には「京葉新宿ライン」間違いなしに誕生するでしょう!新宿新都心にある東京都庁と、お台場にある"臨海新都心"を結び、大通勤幹線"武蔵野線"と千葉方面に向かう京葉支線?を結ぶ新たな通勤幹線、京葉新宿ラインの誕生で首都圏の交通網は大きく変化するでしょう!
パンドラの箱( 羽田空港アクセス線 )は開けられた!...首都機能分散移転論争が再燃するか...
リニア中央新幹線開業と、JR羽田空港連絡線開業が転機となって、企業の東京23区内一極集中による、帰宅困難者問題に糸口が見つかるかもしれません。
" 都民 の 生活路線 " 東京モノレール が JR羽田空港アクセス線 開業後も生き残るには?
2021年1月20日に横須賀線経由を匂わす「羽田空港アクセス線(仮称)」構想がプレスリリースされて、東京モノレールに代わるJR東日本の羽田空港アクセス網の片鱗が報じられましたが...東京都が肩代わりしないと、東京モノレールの存続は難しい状況となってきました!大田区民・品川区民の「日常の足」となっている東京モノレールを守るには...
羽田空港アクセス線は「東京一極集中」の防塁を切り崩し日本の明るい未来!に繋がる花道に...
首都圏5方面の乗客を搭乗させるには、エンジン出力不足です! このままだといずれは失速(赤字運行)となり墜落(事業破綻)することは容易に推察できます。 羽田空港アクセス線の飛行を安定させるには、5方面全てと繋げる、強力な2つのエンジン(大井ふ頭内短絡線・羽田島内短絡線)とエルロン(東海道貨物線・南武線・鶴見線)の増備で3発運行することが必須でしょう!


 



▲JR東日本 調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る