『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

北海道新幹線・北海道広域交通調査室

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

2031年3月開業を目指して、急ピッチで建設が進んでいる北海道新幹線開業が投げかける”波紋”について、国防論も含め、鉄道網だけではない21世紀の「北海道のトラフィック」について、第2津軽海峡トンネル構想も交えて、考察したレビュー記事(調査報告書)を集めたカテゴリーのTop Menu Table です。

スポンサード リンク

 

青函トンネルさえ残れば北海道のライフラインは確保!できて島民の暮らしも...
《概要》一度原点に立ち返り、JR北海道温存に拘らず!JR東日本の子会社化、札幌市交通局の広域交通事業団化も含めて、北海道全体の鉄道網を見直す時期ではないでしょうか!
千歳空港 は2か所にあった!陽炎のように終わった 連山飛行場 ...
《概要》大東亜戦争中に開所されながらも、建設資材難と機材(飛行機)不足で十分に機能できず、戦後1945年に進駐軍が接収して飛行場として機能しだし、1950年の朝鮮動乱で兵員輸送の拠点として大活躍が始まり1956年に米陸軍部隊の完全撤退と共に飛行場としての短い一生を終えた連山飛行場...
北海道 こそ 空港 の 再整備が必要なのでは...
《概要》今や、高規格自動車道・地域高規格道路の時代がやってきています!何時までも、金食い虫(血税・補助金漬け)のJR線に拘っていても仕方ないでしょう!空路(空港)を再整備して、観光客と企業誘致にアグレッシブに挑むべきではないでしょうか?
北海道新幹線・東北新幹線の未来は東京⇔大宮 間の所要時間短縮にかかっている...
東北新幹線スピードアップで、さいたま市大宮駅周辺の市街地を改造して第2副都心を目指している、さいたま市・JR東日本連合...しかし、やはり北海道・東北・秋田・山形・信越・北陸新幹線住人は、日本の「富と・権力」が集中した帝都・東京にあこがれている!
小樽市が復興するには手宮線をLRT化復活で観光路線化しては...
函館本線(並行在来線)切り捨て反対に拘るよりも、aggressive な"観光戦略"で今ある resource 北海道総合博物館・小樽運河クルーズ・E5A)を活かす"活路"として手宮線LRTを検討すれば、官営幌内鉄道151周年に当たる2031年春北海道新幹線の開業で一躍北海道観光の拠点に躍進できるかも... そして2031年春北海道新幹線の開業で一躍北海道観光の拠点になろうとしています!
大間⇔函館 間に第2津軽海峡トンネルを建設開始しないと "手遅れ!" になるかも?...
《概要》青函トンネルは建設後半世紀以上経過しており、老巧化で水没!寸前の状況です。"北の守りを固める"意味でも「 Logistics(兵站)としても重要な♥第2津軽海峡トンネル 」を函館市と函館市大字大間の間の下北海峡?の間に早急に建設開始しないと北海道大陸?が侵略者に占領!されてしまうかも...


 



▲交通政策 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る