『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

全国新空港構想調査室

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

22世紀に向かい、ますます増加するであろう 世界の都市を point to point で結ぶ航空需要を満たすには、思い切った運輸行政の転換が待たれるわけです!全国の中核都市の将来は、国際企業を呼び込める”国際空港”誘致にかかっている!といえるのではないでしょうか…

スポンサード リンク

 

紀伊半島 が21世紀を生き抜く"きい"は2つの 新空港 誘致では...
《概要》21世紀の紀伊半島は、伊勢志摩国立公園、吉野熊野国立公園 世界遺産熊野古道!を柱にした"インバウンド観光需要"に望みをかける以外は活路は見いだせないのではないでしょうか?空輸業界は、世界の都市間を中型機長距離機で直接結ぶ point to point サービスに変化してきています!伊勢志摩国立公園 と 吉野熊野国立公園 は世界と空路で繋がる必要が...
危険な福岡空港を海上移転させて新・九州国際空港を建設すれば福岡都市圏交通も...
現在国内でも有数の大都市に成長した福岡市は、古くからの城下町で仙台などと同様に(いやそれ以下?)市街地の道路整備が立ち遅れている都市といえるのではないでしょうか?
矢板市に国内初の新幹線駅併設・栃木国際空港!を...
《概要》嘗て宇都宮には現宇都宮飛行場以外にも、旧陸軍飛行学校宇都宮飛行場の2つの飛行場が...日光・鬼怒川・那須塩原等の観光地と、日本経済を支える自動車関連企業が集中する栃木県は、国内初の新幹線駅併設新栃木空港 を誘致して世界の都市と直接つながるべきではないでしょうか...
新 八戸空港 を建設してインバウンド 観光客 を直接呼び込めるようにしましょう!
《概要》インバウンド観光客を呼び込むには、東北新幹線だけでは力量不足です!新八戸空港整備事業こそが21世紀の八戸市と旧南部藩にある周辺都市の生き残り!のキーを握っているのでは?
敦賀空港・新福井空港の建設で嘗ての敦賀藩・敦賀港の繁栄が...
《概要》北陸新幹線敦賀駅が開業するということは千載一遇のチャンスでもあり、敦賀湾に3000m級の滑走路を持つ「敦賀空港」を建設すれば高速道路網で繋がっている「空港を持たない」滋賀県・京都府北部の空の玄関口として利用されて、敦賀港とともに、日本海側の玄関口としての嘗ての国際港・敦賀市の栄華が戻るでしょう!


 



▲交通政策 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る