タヌキがゆく

全国新空港構想調査室

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

22世紀に向かい、ますます増加するであろう 世界の都市を point to point で結ぶ航空需要を満たすには、思い切った運輸行政の転換が待たれるわけです!全国の中核都市の将来は、国際企業を呼び込める”国際空港”誘致にかかっている!といえるのではないでしょうか…

スポンサード リンク

 

危険な 板付飛行場 を海上移転させて新 九州国際空港 を建設すれば福岡都市圏交通も...
現在国内でも有数の大都市に成長した福岡市は、古くからの城下町で仙台などと同様に(いやそれ以下?)市街地の道路整備が立ち遅れている都市といえるのではないでしょうか?
千歳空港 は2か所にあった!陽炎のように終わった 連山飛行場 ...
大東亜戦争中に開所されながらも、建設資材難と機材(飛行機)不足で十分に機能できず、戦後1945年に進駐軍が接収して飛行場として機能しだし、1950年の朝鮮動乱で兵員輸送の拠点として大活躍が始まり1956年に米陸軍部隊の完全撤退と共に飛行場としての短い一生を終えた連山飛行場...
宇都宮 に必要なのは 新 栃木空港 と " 都市圏広域交通事業体 "
不可解不明朗な形で 建設反対茶番劇に幕が降ろされて!? 2023年度中の開業?に向かい、一歩前進したかに見えるライトラインですが... 以前として、多くの『?...』が潜んでいるわけです。
北海道 にこそ 空港再整備 が必要なのでは...
今や、高規格自動車道・地域高規格道路の時代がやってきています! 何時までも、金食い虫(血税・補助金漬け)のJR線に拘っていても仕方ないでしょう! 空路(空港)を再整備して、観光客と企業誘致にアグレッシブに挑むべきではないでしょうか?
新・八戸空港 が青森県第2の都市 八戸 には必要なのでは...
インバウンド観光客を呼び込むには、東北新幹線だけでは力量不足です!新八戸空港整備事業こそが21世紀の八戸市と旧南部藩にある周辺都市の生き残り!のキーを握っているのでは?
敦賀新空港 建設で嘗ての敦賀藩・敦賀港の繁栄が...
北陸新幹線敦賀駅が開業するということは千載一遇のチャンスでもあり、敦賀湾に3000m級の滑走路を持つ「敦賀空港」を建設すれば高速道路網で繋がっている「空港を持たない」滋賀県・京都府北部の空の玄関口として利用されて、敦賀港とともに、日本海側の玄関口としての嘗ての国際港・敦賀市の栄華が戻るでしょう!


 



▲交通政策 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る