狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

南海 電車調査班

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

南海電気鉄道 の「難解?」な点について真面目に調査した研究成果?を網羅しました。

スポンサード リンク

 

大阪市内の高野線連続立体交差事業不可能説?!は"地上げ屋″の買い占め策某!
《要約》現在 荒野線!は、都会の荒野?(地上)を走っています!が...高野線大阪市内ルートが連続立体交差化できないのは、一部の紛い物!交通傾Youtuberがホザイテいるように、ルートが活断層に沿っているからではありません!単純に、南海電車(経営陣)には「自由になるお金が無い!」からです。
泉北高速鉄道"阪和線直結・直通!で"なにわ筋線"では叶わない!大阪駅直通が実現できる!
《要約》本年2023年3月18日になにわ筋線完成後のターミナル駅(始発駅)となる"大阪駅地下ホームが、おおさか東線として一足お先に開業しました!つまり、今こそ堺市と大阪府が和解すれば...泉北ニュータウンと大阪駅(新大阪駅)が直結できるわけです。シ・カ・モ、初乗り運賃3重取りも解消されて!現行の新今宮乗り換えで¥860-かかっている運賃が¥740-!と大幅に安くなり、乗り換えの必要も無く座ったままで、大阪梅田新都心へ快適通勤が出来るようになります!
難解?汐見橋線は"何話筋(なにわすじ)線"が開業しても廃止にはならない!
《要約》なには筋線が着工しても赤字路線を意地(維持)して、おいそれとは 廃線 にはし無いでしょう! そして必要も無い" 複線 "を維持し続ける真の理由 とは...、歴史が語る南海高野線始発駅汐見橋駅の、過去・現在・未来とは...


 



▲京阪神都市圏交通問題調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る