狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

都市圏交通網 研究所

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

首都圏に代表されるMegalopolis(広域都市圏)や、大阪などのMetropolis(大都市)地方都市(政令指定都市、中核都市)のInterurban(都市圏近郊電車)等のtrafficについて、運営面から「問題提起したコラム」を集めたCategoryのTop Idex Menu Tableです。

スポンサード リンク

 

LRT・Tram ・路面電車 が多くの 痴呆・都市で廃止された訳は...
路面電車は、かつて高度成長期の頃の「道路行政の貧困」さゆえに日本各地の"痴呆大都市"の地図上からerase(消去)されましたが...Tramが邪魔者だったのではなく、「排気ガス公害を招いた白ナンバーの小型車」の存在が邪魔者だったのです! 
日本の 都市圏 公共交通網 の問題点!とは...
LRT,市街トラムカー併用軌道の復活の流れが全国的に広がりだしているが...安直なノスタルジーな思いだけでは難しく、軌道線復活は可成りの問題も抱えている!今なぜ LRT トラムなのか、日本で適用する場合の問題点を洗い直してみた。
サフェージュ タイプ モノレール は21世紀の 公営都市交通 の救世主! 
《要約》サフェージュ式モノレールこそ日本の地方都市交通に最適では!別項でも述べた通り、地方都市の公営・3セク交通にとって経営破綻の要因ともなりかねない「ホームドア設置圧力!」を跳ねのけるには正にサフェージュ式モノレールが最適ではないでしょうか。
民鉄 における 鉄道 派vs 高速電気軌道 派の フィロソフィー 抗争?の歴史
鉄道事業は、獏(ばく)でも無ければバグでもありません!列車運行現場以外には夢を掻き立てるような「ロマン」はありません!求められるのは、「将来を見通す洞察力」と"機を見るに敏"なる冷徹な「ビジネス感覚」です。
ヨーロッパの都市で普及した3種類の異なった LTR・トラム網の取り組み方とは...
《要約》市内併用軌道⇔鉄道区間の直通運行というと、日本の"有識者?はトラムトレインによるカールスルーエ方式を代表例のように取り挙げますが...実際には、オーストラリアのゴールドコーストラインの様に、超低床トラムカーによる、郊外路線直通が主流となりつつあり、日本でも超低床トラムカーの利点が注目を集めています。、
LRT とトラム・路面電車の違いは無い!有識者?が都合よく使い分けているだけ...
「エコロジー・エコノミー」なエコ満載の「 超低床トラム 」が走るライトレールは「停留場」との段差も無い「ユニバーサルデザイン」を備えたお年寄りや、車いすを利用されている障害者の方達にも優し「ナチュラル・バリアフリー」な交通機関なのです。
LRT・路面電車 , BRT・基幹バスが財政基盤の脆弱な地方都市の公共交通として最適では!...
地方都市で計画されている利用者無視の「新都市交通・地下鉄新線」計画は誰のためなのでしょうか?輸送密度8000人/日 以下の地方都市のローカル公共交通の「生きる鉄路」を模索してみました。
トラム・メトロ といえば『 バストラム 』を指す日が必ずやってくる!
《概要》 全国の「貧乏自治体?」の中量都市交通システムの「切り札」次世代トラム!少ない初期投資でバリアフリー、エコノミー、エコロジー、コンビニエンスの4拍子がそろった 超低床連接バス『 Busse-Tram 』を採用する都市が広がっています!
ミニ地下鉄 は リニア に"金食い虫"でお荷物な 「極悪・雲助 交通 効カン」の厄介者
ニューヨーク、ロンドン、東京などのメガロポリスでは、もはや地表近くには地下鉄新線を建設する余地はなく、巨額投資をしてでも地底深くを「Tube」鉄道で掘り進むか「美観を損ねる高架軌道」を建設するしか(軌)道はありませんが、Tube 地下鉄 は「 リニア 」方式でなくとも建設できます!更に日本のminiリニア車両では、標準軌で直流1500V電車なのに"ご近所付き合いが悪い"仲間外れのヒッキー路線(孤立路線)になり果てています!地方都市を走るRural line ではメリットは全くありません!
地下鉄 や 新都市交通システム が 整備新幹線 より割高になる理由とは?
新幹線が1kmあたり152億円(※1)で建設できるのに、地下鉄が433億円(※2)と3倍近く跳ね上がるのか?TV・新聞などの商業メディアや、自称鉄道プロジャーナリスト達では絶対に話題に取り上げない(取り上げられない!)話題なので、
ホームドア設置圧力!は消費者活動などでは無い!経産省と業界の「計り事」にすぎない!
《要約》「山手線の度重なる?転落事故」を受けて、首都圏で進んだホームドアですが...一見"おバカな国会議員を巻き込んだ消費者活動"の様にも見えますが、ホームドア設置圧力は経産省と業界の謀(はかりごと)にすぎません!世界の代表的なMetropolis(大都市)、ロンドン・パリ・ニューヨークでも、(ごく一部の例外!を除いて)ホームドアなどは設置されていません!
日本の大手私鉄はトラム・路面電車が走る"LRT "ではじまった!
主要都市近郊の私鉄の多くは軌道法・軽便鉄道法によるチンチン電車と馬車鉄道!から発展しており、私鉄の殆どは、黎明期から「市内の併用軌道と郊外の"専用軌道"」を行き来するInterurban(都市圏高速電気軌道)が"主流"でした!
地下鉄建設では域内 一般道の交通渋滞は解消 しない!
あべのハルカス前の"あべの筋"道路拡幅事業が証明!地下を走る地下鉄谷町線が延伸開業した1980年11月以来、2016年12月の道路拡幅事業完成まで、実に半世紀近い間、地上交通の混乱が続いていました!
大都市圏の"生活路線 "を" 廃線 "の危機!に向かわせている"ホームドア 設置圧力!"は誰の為?なのか...
《概要》近年、首都圏では市民団体を隠れ蓑!にした"業界"の"ホームドア設置圧力"が高まり、住人の足"ローカル線"が存亡の危機に追い込まれてきています!大都市圏の"ローカル線"を連続立体交差事業・ホームドア設置推進の"2大政治圧力!"から守り抜き、存続させる(鉄)路は"LRT化"しか残されていないでしょう!
LRT・Tram ・Street carの鉄道路線への直通運行!が欧米で普及した背景とは?...
《要約》ヨーロッパの中核都市圏では通勤客等の モーダルシフト を計るため、郊外の住宅地から都心部に座ったまま"シームレス(乗り換え、乗り継ぎ無し)"にたどり着ける様に、積極的に既存の鉄道路線や私鉄路線などへの乗り入れをする超低床トラムが広がっている!

市営モンロー主義 調査班

地下鉄事業は勿論、果ては教職員組合にまで未だに大阪市で蔓延っている、市営モンロー主義について、秀吉に始まる大阪三郷の尾張・美濃・近江商人などの”よそ者商人共”が始めた閉鎖利権擁護主義の歴史を紐解いてみました。

電源50Hz地域の都市圏交通調査室

首都圏以外の50hz電源地帯にある Metropolis(中核都市)を取り巻く region(一帯)の traffic network を”生活圏”の観点で見つめ直し、”問題点”を洗い出し!単なる”地上げ”では無い「真の地域振興」を実現するための Solution を模索してみました。

首都圏交通 に関する Proposal report

帝都”東京”をハブに五方面に伸びる放射状鉄道が構築するtraffic networkに関して、現状の問題点と「明るい未来!」につなげる「有効なsolution(解決策)」を模索した”提言”を集めたコーナーのTop Undex メニューページです。

電源60Hz地域の都市圏交通問題調査室


 



▲交通政策・研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る