『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

西九州新幹線延伸ルート比較検討調査班

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

政府(国交省)が推す佐賀平野強行突破!ルート、佐賀県が示した佐賀市北部山岳ルート、元JR九州社長が提案した有明海沿岸ルート、に佐世保・伊万里・唐津・糸島経由ルートも含めて4ルート案について、”地元感情”に最重点を置いて考察したレビュー記事(調査報告書)を集めたカテゴリーのTop Menu Table です。

スポンサード リンク

 

西九州新幹線が佐世保・唐津に進路変更すれば長崎・佐賀両県民が納得できるのでは...
《概要》人は、時間がたつと、時系列に関する記憶が曖昧になり「事の経緯(いきさつ)」を忘れてしまいがちですが...西九州新幹線に関しては改めて「原点に立ち返る!」事が必要なのではないでしょうか。佐賀平野強行突破ルートを諦めれば、長崎⇔新佐世保⇔唐津⇔博多間を "最速50分!"で結べ、長崎⇔新佐世保間が約22分!でつながり...
JR九州と西九州新幹線期成同盟会の暴挙!"佐賀飛ばし部分強硬開業"に佐賀県民はより一層...
《概要》ついに"名が先〝震撼線が開業してしまいましたが...現在再検討?されている佐賀平野強行突破!3ルートでは、長崎市には博多⇔長崎間の時短メリット 122分→51分???が有っても佐賀県・佐賀平野の住人には何らメリットが無いばかりか...佐賀平野自治体間の新たな紛争(押し付け合い、駅誘致争い!)の「火種!」にしかなら無い!...


 



▲整備新幹線・地方交通線調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る