タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

市営モンロー主義

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

地下鉄事業は勿論、果ては教職員組合にまで未だに大阪市で蔓延っている、市営モンロー主義について、秀吉に始まる大阪三郷の尾張・美濃・近江商人などの”よそ者商人共”が始めた閉鎖利権擁護主義の歴史を紐解いてみました。

スポンサード リンク

 

大和川付け替え が 人権問題 差別問題 に繋がった"水種?(火種!)"に...
関東の、利根川改修、荒川放水路開削と共に、土木工事の偉業として称えられている、淀川放水路(新淀川)改修工事、そして江戸時代中期に開削された「 大和川"放水路"」ですが... 大和川付替え普請は本当に必要だったのでしょうか? 
商都 浪速 関西経済 が甦るには 道州制 で 近畿州 を実現させる以外に途は...
道州制 になれば州全体が「経済特区」にできて、紐付(ひもつ)きでない公共投資・都市計画が!実現可能になり 例えば陸の孤島?和歌山県が「大・海高速鉄道」で世界(関空)と繋がり日本のシリコンバレー!に...
大阪市における" 市営モンロー主義 "の起源と変遷  
  公営交通と私鉄との関連で語られることの多い『市営モンロー主義』について、大阪市を例にとって"その生い立ち"と"歩み"そして"現在の姿"を、過去の事例と事実を時系列に沿って組み立て直して多面的に眺めた「歴史ファンタジー」です。
大阪市 の 市営モンロー主義 は21世紀令和の御代になった今も生き続けている!
大阪維新の会でも作新できない「旧4大区」出身者による利権擁護の構図!市営モンロー主義は21世紀令和の御代でも生き続けている!
都市は生き物" 市営モンロー主義者 旧4大区一派 "の思惑通りに事は進めない!
令和の御代になった今、難波新地の交通インフラが充実して大阪の中心として"大躍進"できるチャンスをつかんだのではないでしょうか!人を呼び込む鉄道は全て集結して、終日インバウンド観光客でごった返し、あとは難波新地に必要なものは"銭"!(民間投資)だけ。御堂筋廃道計画が実現しても、目抜き通りが千日前通りに移る!だけでミナミは益々発展するでしょう!
大阪市を取り囲む新政令指定都市" なにわ市 "の実現で大阪復権 ! への第一歩を...
市営モンロー主義の本丸・大阪市本庁舎を解体する意味でも、大阪府・大阪市の合体「大阪都構想」が必要とされているわけですが...大阪市を"空洞化"させて、"リング都市"なにわ市"を誕生させたほうが早道かも...
大阪市・北区《 タウンヒストリア 》キタ新地・梅田界隈のアクセスの変遷から見た歴史探訪
明治元年に旧摂津国から大阪府に編入された大阪の表玄関右顔「梅田界隈」は江戸時代以前は下原と呼ばれる低湿地帯で、泥土を埋め立てて田畑地を拓いたことから「埋田」と呼ばれていた、1764年、曾根崎新地から北へ伸びて梅田墓地(現大深町・梅田貨物駅)へ至る「梅田道」が開かれたが、周辺は田畑ばかりの「ドタ」と呼ばれる寂れた土地だった。


 



▲大阪調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る