狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

essay 『 "維新の会"は大阪を"中国マフィアが闊歩するシアヌーク・ビル"のような"犯罪都市"!に 』ー第4回ー

★第4節 バブル景気崩壊とそれに続く1996年からの"暗黒の10年間"が表舞台へのチャンスに...

※ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

過ぎてしまったことを悔やんでも仕方ありませんが、関西の経済基盤がここまで凋落して、富まで東京に掻っ攫われたのは...

バブル景気(1986年12月→1991年2月)崩壊と共に露呈した金融怪の「不良債権処理問題」に端を発した、

(第2次橋本内閣がとった)「金融制度改革」いわゆる金融ビッグバン(1996年度→2001年度)による都市銀行の統廃合による関西系金融機関の東京都移転!関西経済怪の没落!が原因でしょう。

第1項 今の痴呆都市・大阪市にはお金が無い!

在阪の大手都市銀行本店や大手証券会社本店が、統廃合で次々と大阪から姿を消し"帝都東京"に移転したために、在阪有力企業の本社も次々と東京に移転して「大阪市の財政基盤(税収)」をガタガタにしてしまいました!

大阪市には地下鉄建設を行える財源など残されていない!

大阪市(都市交通局)には独自事業として数円億円もの巨費を苦面(工面)出来る財政基盤(企業・税収)は残されていません!

なので自民党大阪市議団の皆さんは地下鉄建設はあきらめて、"身の丈"を弁えた分相応!の交通施策(※10)を考えるべきです!

どうしても造りたいなら、党本部・政府と掛け合って"日銀本店を大阪市に移転してもらい、"メガバンク"の本店を大阪に返してもらう"のが先決です!

大阪市を困窮に陥れたのは自民党政府!

そして、あれほど栄華を極めた本町御堂筋界隈のオフィスビル街に"空き室"!が目立つようになり今日の"惨状"を招いたわけです!

地下鉄建設推進派の旗頭"自民党大阪市議団の親方"自民党政府の失策で、大阪市をはじめとした"地方都市"は軒並み"財政基盤(税収)"を失い!ました。

更に第2次金融改革と称して"地方銀行"の統廃合を図ろうなどというバカゲタ構想も取り下げてももらう事です!

参※10)当サイト内関連記事 大阪メトロ は 株式公開 して 完全民営化 を果たし "やとう市議団" と決別しないと! はこちら。

第2項 橋下氏と維新の会の歩んだ路

彼は、当時の社会党系人権団体の顧問弁護士を務めながら、某真っ赤に染まった全国紙系のTV局の番組出演をきっかけに、右派よりのTV局(全国ネット番組)にも出演開始して、人気者となり政怪?進出の足掛かりを付けたわけです。

♥ここをクリックすると本項をスキップして次項にワープ出来ます!

第1目 維新の会と関連事業の流れ...

  • ●1965年 大阪府の新住宅市街地開発事業として認可し 最3セクター「大阪府都市開発」現泉北高速鉄道を設立。
  • ●1969年3月 泉北高速鉄道 中百舌鳥 ⇔光明池間の敷設免許を取得(着工)
  • ●1985年 「西梅田地区開発協議会」結成「ふるさとの顔づくりモデル土地区画整理事業」開始
  • ●1986年12月 バブル景気到来!
  • ●1987年4月1日 国鉄分割民営化によりJR西日本誕生、大阪駅北地区(旧大阪鉄道管理局・梅田貨物駅)が国鉄清算事業団の管理に。
  • ●1991年2月 バブル崩壊!
  • ●1995年  都市計画道路西梅田線が供用開始
  • ●1997年 西梅田地区・土地区画整理事業完成
  • ●1998年 「橋下綜合法律事務所」を設立。朝日放送『ワイドABCDE〜す』に顔出しを始める。
  • ●2003年7月『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)にレギュラー出演開始。
  • ●2004年 旧ハービスDNT完成その他のビルも順次完成
  • ●2004年 大阪市都市計画局が阪急をメンバーに加えた「大阪駅北地区街づくり推進協議会」を設置。

※つまり、阪急はこの時点で新大阪連線(なにわ筋線)計画が消滅したことを知っていた!

●2008年1月27日 橋下徹氏 大阪府知事選挙当選

  • ●2008年(平成20年)9月 淡路駅周辺連続高架化都市計画事業着工、

阪急は神戸線⇔京都線間の新大阪(短絡)線計画を断念!(※91)

  • ●2009年に大阪市都市計画局の隠れ蓑「駅北地区開発特定目的会社株式会社KMO」設立、でグランフロント大阪着工、
  • ●2009年4月 大阪府議会に自民党・維新の会が会派として誕生。
  • ●2010年4月19日 大阪府選挙管理委員会に政治団体「大阪維新の会」届け出。
  • ●2011年4月10日   第17回統一地方選挙で大阪府議会で過半数獲得、大阪市会と堺市議会の第1党となる。
  • ●2011年12月19日 橋下新市長誕生(維新の会市政誕生)
  • ●2013年4月26日 グランフロント大阪 第1期工事完工!
  • ●2014年7月1日  大阪府(およびその他の出資者)が南海電気鉄道に泉北高速鉄道の株式を譲渡(実質払い下げ!)して、南海の完全子会社となり、社名を泉北高速鉄道株式会社に改称!

参※91)当サイト内関連記事 阪急 新大阪連絡線 は 幻の京神連絡線 として計画されていたが... はこちら。

2015年1月 橋下市長「なにわ筋線構想」実現に向けて本格検討を開始をプレスリリース

2015年1月 定例会見で橋下市長「なにわ筋線構想」実現に向けて、市当局(都市計画局)で本格検討を開始したことをプレスリリース。

2015年3月 2015年度予算実行に当たり、2025年3月高架線運用開始、2028年3月事業完了に計画大幅遅延公表。(プレスリリース)

※つまりこの時点で、淡路駅周辺連続高架化都市計画事業は既に基礎工事に着手しており、当初の基礎工事に関する事業計画(基礎杭長さ・本数など)が甘かった事実は判明していたわけです!

2015年12月19日 任期満了に伴い橋下市長が吉村 洋文新市長に跡を譲り勇退(政界引退?)

2017年1月26日の定例会見で大阪市長の吉村洋文氏が、「なにわ筋線は南海とJRで最終の調整協議が行われている」とプレスリリース。

2017年9月19日 なにわ筋線計画を公表

2019年1月 なにわ筋線事業化申請(想定事業費3300億円???)をプレスリリース。(※92)

2019年4月8日 松井一郎新市長誕生。

※2019年度淡路駅周辺連続高架化都市計画事業の予算要求・及び事業計画報告で既に当初予算の約48%(783億円余り)が消化!されることが議会に報告された。

つまり、この時点で、大幅な工期遅れと共に、大幅な予算超過予測は既に明らかとなっていたわけです!

2019年7月9日 国土交通省鉄道局都市政策課と同近畿運輸局より「なにわ筋線計画」の許可発表

2022年3月11日 大阪市(松井市長)より、更なる工期の延長(2032年完工)と事業費の大幅な増額(694億円!)により総事業費1.5倍(2,326億円!)に跳ね上がる"見込み"を公表

参※91)当サイト内関連記事 阪急 新大阪連絡線 は 幻の京神連絡線 として計画されていたが... はこちら。

参※92)当サイト内関連記事 なにわ筋線 復活劇の"大人の事情"を推理する... はこちら。

大阪府知事 吉村洋文氏について...

1991年12月25日に旧CCCPは崩壊してロシア連邦が生まれましたが...
コミンテルン(国際共産主義運動)が無くなったわけではありません!

CCCP政府に代わって中国人民政治協商会議(統一戦線)が資金援助を行いロシアにおける活動は"ほぞ細?"と続けられているわけです!

彼が、垢の巣掘"九大"法学部に通っていたころ1994~1998年(平成10年)3月の間ロシアゆかりのコミンテルン組織は残っていたわけです。

そして、ラグビー選手だった彼は日本タッチラグビー協会の縁で熊谷綜合法律事務所 に就職?したわけですが...
2005年1月、熊谷綜合法律事務所から独立して、共同経営でスター綜合法律事務所を開設したわけです。

その後、歌手の「やしきたかじん」の顧問弁護士を務めたきっかけで、橋下氏と繋がったわけです。

弁護士はそんなに儲かる職業?なのでしょうか...

彼は武富士事件に係り相当の成功報酬もあったでしょうが...
小生の知り合いの「民事訴訟専門の弁護士先生」はそんなに裕福でもありませんでした。

吉村氏の服装は「総理大臣並!」

小生の妻は(時の政府要人のモーニングを仕立てた!)腕の良い"仕立て屋"の娘で、背広などの目利きが出来る人物ですが...
彼女に言わせると、吉村 洋文氏は最高の生地を使い、腕の良い職人が仕立てた超高級背広!を着用しているそうです。

大阪市議会議員(2011年)出馬当時からそうですから...いくら"やしきたかじん"の顧問弁護士を引き受けていたとはいえ、弁護士だけでは...

以外や、ロシア回りで中国人民政治協商会議から活動資金を得ていたのかも...

両者を結び付けた「やしきたかじん」も(日本共産党は嫌いだったようですが)実際には可成りの反体制家だったご存じのとおりで...

彼も勿論「中国人民政治協商会議&中国共産党中央統一戦線工作部の活動方針」と同じ大阪都・近畿省構想と賭博・犯罪都市支持者です。

更に、橋下氏によると、独善的(独裁的)な面も持ち合わせているそうです。

この辺が、武漢ウィルス攻撃に対する、一貫性のない大阪府の対応に現れているようです。

続きはこちら

 

公開:2022年3月16日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

essay 『 "維新の会"は大阪を"中国マフィアが闊歩するシアヌーク・ビル"のような"犯罪都市"!に 』ー第3回ーTOPessay 『 "維新の会"は大阪を"中国マフィアが闊歩するシアヌーク・ビル"のような"犯罪都市"!に 』ー最終回ー


 

 



▲日和見マスメディアの“放導”と“防共”研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る