狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Essay『 つくばエクスプレス(TX)茨城空港延伸計画!では"南北対立"は解消できない!』ー最終回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★エピローグ 茨城空港経由だけではTX延伸巨額投資の意味合いが...

2018年5月に土浦市・つくば市・小美玉市・石岡市・かすみがうら市・行方市・鉾田市の7市議会(議員団)が参加した、「TX茨城空港延伸議会期成同盟会」を発足させて、茨城県などへの要望活動などで連携していく方針を表明しましたが...

★第1項 つくば市が副首都!にならないと...

「TX茨城空港延伸議会期成同盟会」(茨城県 ・土浦市 ・つくば市 ・小美玉市 ・石岡市 ・かすみがうら市 ・行方市 ・鉾田市)の沿線自治体メンバーは、帝都東京への利便?を確保して「持続可能な都市開発(駅前課税評価額UP)」を目論んでおられるのでしょうが...(※00)

但し、首都圏(通勤圏)としては認知!されていない茨城県では、TX延伸新線による沿線駅前の"地上げ効果"は期待できない!でしょう。

「駅前の地上げ!」が狙いならば、茨城県がつくば市に本庁を移転して、茨城経済の中心地となり、「TX新線が"つくば新都心"(副首都)経済圏?の通勤路線」となる以外には手はありません!

参※00)当サイト内関連記事 "まちつくり3法"は持続可能な都市開発を阻害している! はこちら。

  • ♥赤ラインが東京都心部(お堀端)まで直通しているライン
  • ●イエロー電車マークは系統分離(昼間終着駅
  • ♥紫電車マークは新幹線接続駅

★第2項 常総ニュータウンアクセス問題と「つくば新首都」構想は切り離して考えるべき!

  • ●北千住接続千代田線直通!のTX
  • ●常磐線直通の常総線

つまり、折角都内から楽天地を求めて、転入してきてくれた常総ニュータウン住人(都内通勤者)の足はアクセス鉄道は、TXと常総線(常磐線直通)の並立!で対処するのが最も効果的でしょう。

第1目 TXは北千住接続千代田線直通で

前途したように、TXの「お堀端侵攻」は、東京駅独自延伸ではなく、北千住から千代田線に乗り入れて...

参※)詳しくは当サイト内関連記事 つくばエクスプレス・東京駅延伸は実現できない!...が"お堀端"直通ならば... をご参照願います。

第2目 常総線交流電化JR直通で

常総線を交流電化して、上野東京経由で、東京・新橋・田町ゲートウェイ(グローバルゲートウェイ品川)への通勤と、リニア中央新幹線品川駅アクセス、羽田空港アクセスアクセスの両立を図ったほうが、"無駄な再投資"を必要としなくて済むでしょう。

前途したように東京駅まで延伸しても、品川(リニア中央新幹線)・羽田(東京国際空港!)とは直結出来ません!

JR東日本さんと協調すれば、"リニア中央新幹線品川駅"とも直結できるわけです!

参※)詳しくは当サイト内関連記事 常総線の交流電化で常磐線と直通できれば常総ニュータウンから都心まで... をご参照願います。

★後書き 21世紀の transportation system の在り方とは...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

(2024年2月1日改定ーVersion3,Revision2ー

参)本節は別稿 21世紀の♥ transportation system の在り方とは... を要約した節です。

第0項 21世紀の日本は3E並立を目指す世紀...

21世紀の日本は、『現状の♥ resource を有効活用して無駄な重複投資を省き、ecologyエコロジー)economy(節約)に配慮した evolution (進化)の3Eを並立すべき世紀』

労働組合との馴れ合いを断ち切り!『既存交通事業の restructuring(断捨離・再編・合理化)で reconstruction(再構築・復興・再建)不可欠な時節』なのです。

そして陸・海・空の運輸事業者が"一つ"となって21世紀の脅威(巨大国際資本の横暴)と立ち向かい!

日本を滅亡の危機から守る!世紀なのです。

参※)当サイト関連記事 運輸業は一家!事業者はみな兄弟! はこちら。

第1項 交通政策審議会のProposal?など絵に描いた餅!

『人の営み(生活圏)・暮らし向き(経済活動)』を無視した"都市計画"や"交通政策"では

高額拘束鉄道が乱立して♥地域の経済活動を圧迫して"地域衰退!"を招くだけで、事業そのものの必然性もありま線(せん)!

沿線自治体(患部)の"夢想"(※91)ではない、♥生活圏に根ざした"民(たみ)の切実な要望"を反映した Trafic (交通網)構想が望まれているのです!

参※91)当サイト関連記事 運輸族代議士と自治体長・地方議会議員が連んで"鉄道新線(駅)を建設したがる訳は... はこちら。

★第1目 お墨付きとなる交通政策審議会の妄想 Proposal は過去に何度も覆されている!

※横浜市営地下鉄関内駅の例

もっとも有名なのは、埼京線開業後も"東北通勤新線"地上げ妄想 Proposal に固執!していた事実であり、

北陸震撼線ルートが2転3転している事例でしょう。

つまり、伝痛までもメンバーに加えた!交通政策審議会は、単に運輸賊政治ゴロ (-_-メ) の手先として、提灯持ち!をしているにすぎないのです。

『(軽罪界?側の立場のみを代弁した)交通政策審議会・答申に記された Proposal?は最早"絵に描いた餅"としか言えないでしょう。

"地上げ屋" (-_-メ) と結託した地元偽員!どもが、合法的賄賂(政治献金と選挙協力)を得ようと、関与(恫喝!)してでっち上げた地上げ妄想!にすぎません...

『人の営み(生活圏)・暮らし向き(経済活動)』を無視した"都市計画"や"交通政策"では

高額拘束鉄道乱立して♥地域の経済活動を圧迫して"地域衰退!"招くだけで、事業そのものの必然性もありま線(せん)!

沿線自治体(患部官吏)の"夢想"ではない、♥生活圏に根ざした"民(たみ)の切実な要望"反映した Trafic (交通網)構想が望まれているのです!

参)当サイト関連記事 交通政策審議会は"利権組織代表!"の権益争いの ground! はこちら。

参)当サイト関連記事 一研究分野の geopolitics(地政学)の"概念・研究 theme とは... はこちら。

第2項 鉄道新線構想は大多数の people の願いを基にして無ければ...

政権よとう(夜盗!)!の裏金造りの為の鉄道機材 syndicate(cartel)への御奉仕(血税投棄)ではなく...

第1目 Compliance(追認・承服)を強要する tyranny(圧制)では無く

Consent(納得)に下づく国民(納税者)の♥ consensus(総意)を大前提!とすべきなのです。

Municipality の citizen の Consensus(総意・協心)も得られ無い様な Scheme(企て)など、

中共政府の despotism(独裁!)政権による Authoritarianism(権威主義!)に下ずく tyranny (圧政)と何ら変わりません!

参※)当サイト内関連記事 欧米 から学ぶ 持続性のある 旅客鉄道事業 再建 に関する2つの取り組み はこちら。

第2目 重要なのは♥市民全員から"異見"を収集すること!

assessment の基本を ♥ public hearing 重視に...

独断後に Compliance(承服)を強要!する explanation meeting(釈明会!) など必要ありま線!

県(患部官吏)が権威(県意)を振るうのではなく!

Prefectur が建設スキーム(※93)を背負いこまされる!通過予定沿線 Municipality の納税者全員の異見・要望をまとめて、政府(中央省庁)に働きかける!事が重要です。

参※93)当サイト関連記事 政治用語!スキームの語源となった Scheme は "企み!"を表す単語で言い得て妙 ... はこちら。

第3目 事前公聴会を開催して沿線自治体から広く課題を求めることが...

つまり予定路線沿線の"ごく限られた利用者の要望"だけではなく!

構想段階で『広く Prefectur の district にある Municipality の citizen(納税者)全員から神線建設に対する"異見(意見)"を求める姿勢』が大事なのではないでしょうか!

第4目 最終決断住民投票!で

スイスでは国民投票案件!

スイスでは"憲法!"で『(国家プロジェクトとしての)SBB(スイス連邦鉄道)新線建設は、国民投票で過半数の賛同を得る必要がある』と掲げられています。

つまり、たとえ国民のRepresentative(代表)が集まった国会でさえ、鉄道新線建設を"決することができない!"のです。

日本でも国民投票制度が必要

現状の通過県(民)の建設スキームに頼る新線建設方式では、僻地にある過疎県!では、高速鉄道"神線""が実現できなくなっています!

不要不急の高速鉄道だけが光明ではありませんが、

the essentials of democracy(民主主義の本質的要素),Popular sovereignty(主権在民)、human rights(人権意識),autonomy(自立思想)に繋がる"♥機会平等"を成立させるためにも、

新たな "高速鉄道整備法 "の検討・整備に乗り出すべき時期ではないでしょうか?...

参※)当サイト関連記事 全幹法と"建設スキーム・仕来り"に代る!新たな "高速鉄道整備法 "の提案 ! はこちら。

狸穴総研 交通問題研究所 テロ対策研究室 主観 出自多留狸

※脚注 関連団体♥ 問い合わせ先リンク集

※パブリックコメントとは...

パブリックコメントとは聞こえはいいですが consensus(総意・協心)を得るための"異見"聴取ではありません! ...feudalism,dictatorship に下づく施策に、 subordinate(従属させる)oppression(抑圧!) と同じ、つまりは中共が行っている oppression と何ら変わりません!

参※)当サイト関連記事 『 パブリックコメント 制度とは...』 はこちら。

関連団体リンクテーブル 

※hyper-linkについて

(Version2,Revision4ー2023年8月30改訂)

ハイパーリンクは事業者の Official Website を基本に、♥各国語版Wikipedia該当 content にリンクしてあります。

第1目 地名は言語表記を基本に GoogleMap のフリカナ

更に、地名は GoogleMap 検索を容易にするために言語表記を基本に、カナ表記GoogleMap で使用されている Google「フリカナ」を使用しています。

第2目 海外事情は各国言語版 Wikipedia を優先!

引用句に関しては《〇X語版》を明確にしています。

海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版 content の"直訳"が多く!

更に編集者(lobbyist)に都合よいように、かなり"歪曲!"された content が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia 直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので 、"意訳"し直してあります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

※hyper-link先は
  • ●日本語(カタカナ)表記は(日本語版)ウィキペディア
  • ●英語表記は(英語版)Wikipedia
  • ●オランダ表記は(欄語版)Wikipedia、ドイツ語表記は(独語版)Wikipedia、スペイン語は(西班牙語版)Wikipedia 、イタリア語表記は(伊語版)Wikipedia
  • ●スランス語表記は(仏語版)Wikipédia、ポルトガル語表記は(葡語版)Wikipédia
  • ●ロシア語表記は(露語版)Википедия、
  • ●ラテン語表記は(裸展?語版)Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は(使用各国版)ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版;(繁体)維基百科,自由的百科全書
  • 中共版;(簡体)维基百科,自由的百科全书

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記(韓国語版)위키피디아 は、両班(ヤンパン)出身者(※991)の intellectual が趨勢を占める韓国狂育怪が"関与"している為に著しく信憑性に欠けていて、殆どが日本語版ウィキペディア以下!(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 (簡体)维基百科,自由的百科全书 のほうがはるかに信憑性があります!

参※991)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

第3目 『歴史とイデオロギー』に関する日本語版ウィキペディアのイエローフラッグ"糞"フラッグ

特に日本語版ウィキペディアの「歴史と ideology 」に関するイエローフラッグは...

(管理人"としてボランティア?で"ウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達・日狂祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"Communism!喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグ!です。

むしろ『"糞"フラッグが立っている ほうが fairness(公正)な立場のcontent(内容)と言えなくもありません!

なので、冒頭で記したようにできるだけ、各団体の official Site 又は"コトバンク"(ジャポニカ等の♥定評のある百科事典・辞書へリンクしてあります。

第4目 日本のロビー活動(政界工作)は民間シンクタンクが行っている!

※Version1,Revision2(7/25/2023改訂)

syndicate(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが〇X経済研究所、〇X総合研究所などの民間 think tank です。

mass media報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっている連中です。

つまり"自称"Researcher(研究員)economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造のexpert(有識者)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして、

官公庁に猛烈な売り込みをかけている!訳です。

更に政府機関にも深く食い込んでいる!巨大 advertising agency "伝痛"のネットワーク(傘下)を通じて、「私たち無知!な民衆」の公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を行っているのです。

そして、"伝痛"ネットワーク末端の"怪しげな"AV零細プロダクション (-_-メ)から製作費(取材費)として"お小遣い"(生活費)をもらって、

新線建設 Propaganda Content を upload し続けているのが、おバカな鉄オタ擬きの紛い物 Youtuber 共(※001)なのです。

参※001)当サイト関連記事 今どきの 鉄道系・交通系Youtuber、鉄道コラムニストとは?... はこちら。

第5目 鉄道網に関する記述 は魏妖怪syndicate,cartelプロパガンダの温床

transportation system の content は紛い物Youtuberにも虚仮にされている!ように、

寄稿している lobbyist の連中が、スポンサーである軽罪怪・鉄道関連魏妖怪 (ギョーカイ)syndicate,cartelの意向を強く反映した propaganda 媒体として利用!されており、特に整備整備新幹線・鉄道新線関連などの traffic network 構築に関する content では、『"地上げ"!につながる"偏った主張"で貫かれて』います。

しかも、引用文献?も universality (普遍性)に欠けた private document(私文書!書簡)に下ずく一般書籍や、鉄オタ向けの鉄道雑誌記事を、引用している content がほとんどとなっています。(つまりは本人が起筆した私文書!)

なので Academic(学術的)な根拠のない content なので、ボランティア管理者(Marxismus!)が 恣意的(志位?てき)にfairness(警鐘:イエローフラッグ)"で牽制している場合が数多くあります。

(何れにせよ所詮日本語ウィキペディアはその程度の贋物?にすぎないのでしょう)

※当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

赤字地方交通線が21世紀を生き抜く為には...》関連記事のご案内 

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2022年11月 4日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

Essay『 つくばエクスプレス(TX)茨城空港延伸計画!では"南北対立"は解消できない!』ー第4回ーTOP


 

 



▲つくばエクスプレス(TX)延伸“妄想”問題へ戻る

 

ページ先頭に戻る