タヌキがゆく

江別市《タウンヒストリア》

江別市とは

札幌市に隣接した北海道石狩振興局にある市
住民基本台帳人口、118,974人 /2018年9月30日

札幌ー江別 19分/JR区間快速/¥450-/21km

札幌ー大麻駅(えぽあホール最寄り駅) 12分/JR区間快速/¥260-/14.5km

品川ー(羽田)ー(新千歳)ー(札幌)ー大麻 3時間55分/¥42.460-/京急-JAL-JR空港線-JR函館本線/896.6km

札幌駅から江別駅まで約20分と交通アクセスが良く、札幌のベッドタウンとして人口が増加し、1967年(昭和42年)に5万人、1992年(平成4年)に10万人を突破したが2005年(平成17年)頃をピークに減少傾向に転じている。

江別市の歩み。

1871年(明治4年):対雁村設置。豊平川(対雁)渡船設置。
1872年(明治5年):対雁街道(札幌偕楽園--雁来--対雁)開通。対雁--篠津渡船設置。
1878年(明治11年):第1次江別屯田兵10戸入地。江別村設置。
1880年(明治13年):江別、対雁両村戸長役場を対雁村に設置。
1881年(明治14年):篠津村設置し、江別・対雁・篠津の3村戸長役場となる。第1次篠津屯田兵19戸入地。
1882年(明治15年):札幌--江別間鉄道開通(江別駅開業)。
1886年(明治19年):戸長役場を江別村に移す。
1888年(明治21年):月形--篠津街道開通。
1889年(明治22年):野幌駅開業。同年、白石街道(厚別--大曲--4番通--8丁目--1番通)開通
1891年(明治24年):江別太煉化石工場開業。
1896年(明治29年):篠津村から新篠津村分村。

1897年(明治30年):江別大火発生。

1898年(明治31年):野幌煉瓦工場創業。

1902年(明治35年):補助航路「石狩川線」(江別--月形、江別--石狩)就航。人車軌道「江別川線」敷設。
1904年(明治37年):人車軌道「石狩川線」敷設。
1906年(明治39年):二級町村制施行し、江別村・対雁村・篠津村の3村を合併した江別村となる。
1908年(明治41年):富士製紙北海道工場(後の王子製紙江別工場)操業開始(1943年休止)。

1916年(大正5年):町制施行し、江別町となる。
1919年(大正9年):石狩大橋完成。
1927年(昭和2年):江当軌道開業(1936年廃止)。石狩川定期航路休航。
1930年(昭和5年):夕張鉄道(栗山--野幌間)開業(1975年廃止)。

1933年(昭和8年):石狩川対雁新水路完成。
1935年(昭和10年):石狩川汽船「上川丸」廃船。江別大橋完成。
1936年(昭和11年):夕張川新水路完成。
1941年(昭和16年):豊平川新水路完成。

1944年(昭和19年):王子航空機江別製作所(現在の王子エフテックス江別工場)設立。
1945年(昭和20年):アメリカ軍による北海道空襲。
1950年(昭和25年):北海道立工業試験場工芸部窯業分室(後の北海道工業試験場野幌窯業分場)開設(2012年業務終了)。
1954年(昭和29年):市制施行し、江別市となる。
1955年(昭和30年):札幌市との境界一部変更(角山豊石を江別に編入)。

1960年(昭和35年):日本国内初の酪農専門大学となる酪農学園大学開学。
1964年(昭和39年):道央地域が「新産業都市」指定。新住宅市街地開発事業によって開発した大麻団地への入居開始。
1966年(昭和41年):北海道女子短期大学(後の北海道女子大学、北海道浅井学園大学。現在の北翔大学)開学。江別土地改良区(現在の新えべつ土地改良区)設立。大麻駅開業。市役所庁舎が高砂町に移転。
1968年(昭和43年):野幌原始林が道立自然公園(道立自然公園野幌森林公園)指定。札幌商科大学(現在の札幌学院大学)開学。新石狩大橋完成。
1971年(昭和46年):石狩川渡船廃止。
1973年(昭和48年):江別市民会館開館。

1975年 夕張鉄道(栗山--野幌間)廃止。
1983年(昭和58年):道央自動車道札幌--岩見沢間開通に伴い江別西IC、江別東IC両IC運用開始
1986年(昭和61年):高砂駅開業。
1989年(平成元年):北海道情報大学開学。『第44回国民体育大会』(はまなす国体)開催。
1992年(平成4年):北海道立食品加工研究センター(現在の北海道立総合研究機構産業技術研究本部食品加工研究センター)開所。

1997年(平成9年):江別市民文化ホール(えぽあホール)オープン(大麻公民館移転)。
2005年(平成17年):国道337号(道央圏連絡道路)美原大橋完成。

2011年(平成23年):野幌駅新駅舎(高架駅)開業。
2012年(平成24年):酪農学園大学短期大学部廃止。
2013年(平成25年):札幌理工学院閉校。
2015年(平成27年):北海道札幌盲学校廃校(北海道高等盲学校と統合し、北海道札幌視覚支援学校に移行)。
2016年(平成28年):商業施設ËBRI(旧ヒダ工場)全館オープン。

 

公開:2017年3月 6日
更新:2019年7月22日

投稿者:デジタヌ

三笠市《 タウンヒストリア 》TOP


 

 



▲北海道調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る