タヌキがゆく

陵(みささぎ)ライトレール㈱計画 南大阪線 "陵神線?"が実現すれば必要となる夢のまた夢路線の夢物語

前書き(要約)3セク" 陵ライトレール㈱ "設立の提案!

道明寺線は1898年に柏原⇔富田林駅間に開業した河陽鉄道によって敷設された近鉄最古の歴史ある路線ですが、当初の経緯から道明寺駅で90度展開して西に進路をとったために、古市⇔藤井寺間が大廻ルートとなってしまいました! 南大阪線 "陵神線?" 2.4Km が実現すれば所要時間の短縮につながりますが旧線は...

南大阪線 "陵神線?"(※00) 建設計画自体が「全くの夢物語!」ですが...

もしも計画が進展すれば、旧線道明寺大廻旧線ルートは廃線にせざるを得なくなります!

そこで、四日市あすなろう鉄道(株)のように、近鉄、JR西日本、羽曳野市、藤井寺市、柏原市、大阪府が共同出資して陵(みささぎ)ライトレール㈱を設立して運営を引き継げば、ローカルエリアアクセスは確保できるわけです。

参※00)当サイト関連記事 南大阪線 "陵神線?" 2.4Km の新線建設と、道明寺線 LRT 化の夢物語はこちら。

※ここをクリックするとこの"ページの 記事"にジャンプ出来ます!

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

第1節 道明寺大廻りルートはLRT路線に!

第1節 新線開通後の現路線はライトレール化してトラム路線へ

旧線については、「単線化」して、「停留所を増やし」その上で「超低床トラム車両」(※2)が走行する「ライトレール路線」にすれば、藤井寺市、羽曳野市両市にとっても市内交通も確保できて、停留所が増えることによって利便性が向上して、現在農耕地となっている部分の新たなる開発も可能になるでしょう!

第2節 旧線ライトレール化に伴う新設停留所案

赤い電車マーク 近鉄・JR連絡駅

緑の電車マーク 親切駅(移設駅)

青い建屋マーク 本社CTC指令駅

沢田停留所/陵ライトレール本線

藤井寺市沢田2丁目の国道170号オーバーブリッジの辺りの嘗て「旧御陵前駅」があった辺りとする。

西名阪国道下停留所/陵ライトレール本線

藤井寺市誉田7丁目(4丁目)の西名阪国道のガード下辺りに設置する。

誉田停留所/陵ライトレール本線

羽曳野市誉田2丁目の嘗て「誉田八幡駅」のあった辺りで旧170号と碓井八坂神社に挟まれた一角とする。

給食センター前停留所/陵ライトレール・柏原市線

藤井寺市梅が園町の給食センターのある踏切付近、給食センターと道明寺線の間のかつての「旧柏原南口駅」のあった遊休地に設ける。

いずれの停留所も島形ホーム1面2線で上下のトラム交換が可能な線形とする。

第3節 本線乗り換え客への配慮は...

両端の乗換駅(古市駅、藤井寺駅)に南大阪線本線と隣接したホームを設けて、定期客・ICカード利用客の便を図れば、さほど乗り換えの不便は生じなくて、むしろ利便性は向上すると思われます。

尚、使用車両は「超低床トラム車両」を導入して、車両基地と保守・整備は近鉄古市車両所に業務全面委託することとして運行・管理、乗務員は新会社所属とすればよいでしょう。

本社は現道明寺駅に置き、この駅で全線、列車無線連絡によるCTC集中管理を行えば良い訳です。

第3章 トラムの運営はどうする?

現在、道明寺支線は近鉄直営ですが、その為にJR大和路線との連絡が悪く、昼間の(現金)利用者はあまりおおくないようですが、

四日市あすなろう鉄道(株)のように、近鉄、JR西日本、羽曳野市、藤井寺市、柏原市、大阪府が共同出資して陵(みささぎ)ライトレール㈱を設立すれば、近鉄本線に気兼ねせずに自由なダイヤが組めるようになるでしょう!

つまり現行の昼間2本/時間、上下とも30分にたった1本!などというとんでもないローカル線から、(途中駅で列車交換を行えば)昼間でも4本/時間、朝夕ラッシュ時10分間隔6本程度の運行が可能となり、利便性が大幅に改善されるでしょう。

但し初乗り運賃も含めて、この区間の大幅な運賃改定(値上げ!)は致し方ないでしょうが...

《大都市圏のローカル線!が21世紀を走り抜けるには?》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 Unfinished line Fantasy 》シリーズについて

嘗て鉄拳公団が「時代錯誤が甚だしい」実情無視の路線網計画を立てて、Fantasyとして終わったり、着手されて一部が完成しながらもUnfinished lineとして放棄!されたり...

運悪く?3セク転換して無理やり開業に持ち込んだものの、すでに鉄道一辺倒の時代では無くなり、沿線住人からもソッポを向かれて!

破滅 への(鉄)路をひた走り、最後は莫大な赤字(借入金)を残して事業破綻に追い込まれて、abandoned railroad となり無残な廃墟をさらしている路線が数多くあります!

無謀な計画がどうして実行に移されたのか?そして今もなを"くすぶっている"無意味で無謀な路線路計画"が後を絶たないのか?

計画だけに終わった暴挙!も含めて、その背景を邪推?してみました。

狸穴総研 公共交通網調査室 出自多留狸

 

公開:2021年1月21日
更新:2022年6月25日

投稿者:デジタヌ

近鉄奈良線 は リニア中央新幹線 大延伸が絶望的になった今どう変わるべきか?!...TOPゴールデンウィーク直前のダイヤ改正で大幅スピードダウン!となった近鉄南大阪線


 

 



▲近鉄 電車調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る