狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

連載 Essay『 "与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム"とは』ー最終回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★エピローグ ビッグプロジェクトに群がる与党運輸族『利権集団・圧力組織』の影武者・使い走り!

第1項 ジャーナリストやマスコミが"祀り上げた都市伝説!全能神話" 

提灯持ちジャーナリストやお日和見主義でいい加減な「マスコミ各社」が作り上げた「S.N.A.C.P.P.G.T.」全能神話・都市伝説?といったところでしょうか...

railroadprojectflow.png

実態は、鉄道関連業界(機材関連産業、土建屋集団、地上げ屋;地元不動産屋)を背景に持つ利権集団(※91)にすぎません。

鉄道関連業界のロビー活動を行うlobbyist(民間シンクタンク)のような立場で、鉄道事業者や Municipality に圧力をかけていますが、与党内の新幹線整備検討委員会(自民党・公明党)が直接批判の矢面に立たされないように"私的集団"として恫喝などの圧力!を担っている人たちなのです。

ついでに新聞各紙が持ち上げた"新幹線整備検討委員会"というのも国会の正式な組織ではありま線(せん)!

「国会での院内調整、野党との"異見!"調整を受け持つために、自民党・公明党公認でで会派を超えた?お勉強会という事で、与党市日新幹線CPPT同様に、与党大学の「クラブ活動」というだけで、国会の組織(特別委員会)ではありません!

※参91)当サイト関連記事 整備 新幹線 建設邁進に進路を転線?した土建業界 はこちら

★第2項 "茶番劇団"ができることは自公の壁武者!となって"パフォーマンス・ショー!"を行うだけ...

前途したように、「与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム」と言う演劇同好会が、

連立与党内(衆参国会議員)に対して整備新幹線建設ルートに関する"異見統一"を促す?目的で、

与党内の整備新幹線国会対策委員会に"異見統一を求める?茶番劇の"興行"を行い、ナアナア関係の番記者たちに、さも決定事項のように偏向報道!させているわけですが...

前途したように、彼ら影武者は、自公連立与党からルート検討を任された公式サークルでもない、タダの任意グループ、同好会・同人会・お勉強会にすぎません!

第1目 交通政策審議会にも加わっている!Advertising agency "伝痛"が脚本を

しかも彼らには、script(脚本)(※92)を描けるほどの能力も無く!

〇X経済研究所や〇X総合研究所などのシンクタンク、つまりは lobbyist の作成した捏造資料!をそのまま流用して、概算建設費(積算見積もり)は国交省鉄道局(つまり出どころは同じ lobbyist !)に作成してもらって、添付資料として Proposal? しているだけです。

そして番記者を招いた Fake show を企画してscriptwriterとdirectorつまりproduce(制作)を買って出たのは交通政策審議会のメンバー!(※93)でもあるpropaganda 大手 Advertising agency の"伝痛"!?でしょう...

参※92)日本語ウィキペディアの「北陸新幹線敦賀以西のルート選定」を投稿した寄稿者は、鉄道関連業界のロビー活動を請け負っているlobbyist(民間シンクタンク)の関係者です!

つまり、尤もらしく語られていますが、すべて論拠の無いFake Contentです。

参※93)当サイト関連記事 交通政策審議会の答申とは、"政権よとう・産業かい"の思惑!を Propaganda しているにすぎない はこちら。

第2目 日本のロビー活動(政界工作)は民間シンクタンクが行っている!

(Version1,Revision3 ー2023年8月7日改訂)

syndicate(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが lobbyist と呼ばれている(〇X経済研究所、〇X総合研究所などの)民間 think tank です。

mass media 報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっているあの連中です。

つまり"自称" Researcher(研究員),economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造の expert(有識者・専門家)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして官公庁に猛烈な売り込みをかけている!のです。

彼らに丸本の中国人 economist が深く係っているのは...

民間 think tankに中国人 economist(工作員?)が多いのは...

母体となっている証券会社(投資ファンド)に、中国系企業や「中共の Agent 中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部」の資金が流れている!からです。

なのでいま社会問題となっている、全国の防犯監視カメラ(中共製スパイカメラ!)が全国の痴呆自治体に蔓延して、常に中共政府に監視されているのです。

防犯監視カメラだけではなく!中国製・韓国製のアンドロイド端末(スマホ)を通じて、あなたの個人情報も中共当局hacking されています。

Propagandaの旗手!政府御用達advertising agency 伝痛!と鉄道傾 Youtuber

更に政府機関にも深く食い込んでいる!巨大 advertising agency "伝痛" が、自社の network を通じてフリーターYoutuber紛い者Youtuber共を使って

「一般の無知!な民衆」の公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を行っているのです。

彼らは、"伝痛"ネットワーク末端の"怪しげな零細"AVプロダクション (-_-メ) から製作費(取材費)として"お小遣い"(生活費)をもらって新線建設 Propaganda Content を upload し続けているのです。

参※001)当サイト関連記事 今どきの 鉄道系・交通系Youtuber、鉄道コラムニストとは?... はこちら。

第3目 本来行うべき♥ public hearingそっちのけ!

ましてや、建設予定の各地に赴きパネルディスカッションなどで、沿線住人から要望を収集して、民意を汲み上げたレポートでもありません!(それどころか、関係する県・選挙区から選出された先生方すら加わっていません!

つまり地元住民を完全無視!した私利私欲で固めた「恣意的なルート設定」にすぎず、一切の相談も受けてなかった!滋賀県知事が強い"不快感"を表明したわけです。

前途したように、余党(自民・公明)内でもごく一部の人たちで、(夜盗内の意見をまとめて国会野党対策に当たる)与党公認の「与党新幹線整備検討委員会」に具申するだけで、与党(自公民)内ですら!なんら「影響力」も持ち合わせていません!

団記者会見は彼らの晴れ舞台?パフォーマンスショー!

マスコミ?を招いてFreak show(Press conference )は、彼ら"お猿さん"達最大の晴れ舞台?で、某有力?運輸族が主張する、ルートに下づいて興行をプロデュースする"伝痛"が作った"脚本"どおりに、大勢?の、番記者の前でパフォーマンスショー!を興行しているにすぎません

つまり各自治体「住人の署名・歎願」に基づいた(はずの?)「新幹線建設期成同盟」と同程度もしくはそれ以下の、サークル活動の成果?(脚本)である茶番劇お披露目会で、

「沿線利用者」の意向など全く無視!した絵にかいた餅」以下!のアドバルーンにしかすぎない!訳です。

しかも実のところは、猿回しに当たる"よとう(夜盗)大物患部"の指示で動いているようで...

  • ●国交省に資料を作成させて、チーム(を通じて lobbyist)に提出させて...
  • ● lobbyist!が報告書を作成して、
  • ●パーフォーマンスショー自体は、"大物猿回し"のplotに従って伝痛がscriptとなりdirector(演出家)を引き受けて、番記者の眼前で仰々しく公演された。

にすぎないでしょう

なので、Freak show "興行"の後は、予定ルート自治体への説明会にも加わらずに姿を潜ませて、知らぬふりを決め込んでいる!わけです。

※そして、plot(筋書き)を作ったお方は...

★第3項 産業界は自らの首を絞めている!

第1目 産業界はなぜ彼らの"Fake show"を支持するのか... 

金の切れ目は縁の切れ目という諺がありますがこれは反意語でもあり、「縁は金の繋がりから生まれる!ということです。

(整備新幹線建設の)風が吹けば桶屋(鉄道関連業界)が儲かる」と言う comedy です。

かつてほんの一時期、政権が自民党から民主党に移った時に、「経団連」は「自民党への政治献金」を打ち切りました!

つまり、見返りが期待できない夜盗(野党)には金は回せない!ということでした...

いま与党に返り咲いた自民党には大手の鉄道設備関連業界が、公明党には地方の中小土建屋が合法的賄賂(政治献金)や選挙協力を行っており、共に「お金」で強く結ばれています!

更に更に付け加えるなら「彼ら演劇同人会を支援?した痴呆議会偽員」への、選挙協力・後援会への合法的賄賂(選挙献金)の礎?となる地元不動産屋の期待値「地上げ効果!」となるわけですが...(※92)

参※92)当サイトシリーズ記事 運輸族 が 鉄道 新線を "建設したがる訳!" とは... はこちら。

第2目 嘗て100年以上も昔の19世紀末のアメリカでも金融恐慌の引き金の一つに...

例えば北海道開拓における鉄道の栄枯盛衰は...

広大な国土を持つアメリカにおける西部開拓史"大陸横断鉄道"と鉄道網の変遷のリフレイン・ミニ版だったのかもしれません!

嘗て広大な国土をもつアメリカでは、19世紀末の鉄道への行き過ぎた過剰投資が、1893年のニューヨーク・ウォール街に端を発した世界大恐慌の一因ともなったともいわれています!

隣国C国が高速鉄道網の"付け"で経済破綻しかけている?のは、100年以上も昔の「USAの犯した過ちを」再現しているだけです!

第3目 実は日本も経済破綻しかけている!?

韓国・中共政府・ロシアのデフォルト(経済破綻・借金踏み倒し!)が懸念されていますが、日本とて事情は同じです!

現在、政府は借金(国債)の利子を払うために!毎年更なる国債発行(借金)を重ねています!

個人だったら、借金まみれでとっくに"自己破産"しなければならない状態です!

つまり、小泉内閣2001年4月→2006年9月当時、国会で再三取り上げられた"プライマリーバランス"問題がいつの間にやら、話題(質疑)に上がらなくなったわけですが...

第3目『お金は天から降ってきません!』

今のまま借金(国債・地方債)に依存した、整備新幹線建設を続けていると...

近未来には日銀券(¥)の価値(信用)が無くなり、日本経済を支えている輸出企業の海外貿易が成立し無くなり、当然膨大な預入残高を持つ市中銀行に及び、銀行からの借入金で回っている企業の連鎖倒産!を招き、

日本は"経済破綻"つまり"大恐慌"に襲われることに...

国債発行のカラクリ

日本政府の国債は、"国際"市場には出回っていません!

個々が、韓国や中共と違うところです。

国際は全額日銀が買い取っています!

つまり日銀が金庫の中で補完?しているのです。

そして日銀が、

国債発行に見合った"銀行券"を増刷して、政府(財務省)に支払っている!のです。

更に、利払い・元本(買戻し)返却も、済し崩しにして先送りにしているので、日銀の金庫の中には、"紙くずが"の山が出来上がっているのです。

さらに、低金利政策どころかマイナス金利(インフレ率より低い金利)で、各金融機関に貸し付けているお金も、さらに、輸出低調、国内市場低迷の影響で一般企業の投資熱冷めきった!ままなので、(国内の)各金融機関も、借り手(大口融資先)が無く!、せっかく増刷した銀行券も日銀の金庫に眠っています。

GDPが国力(経済力)を表す指標とは成らず、GNI;Gross National Income( 国民総所得)が国力指数として注目されていますが...

輸出産業を引っ張っていう自動車産業も、世界不況の影響を受けて、日本国内への利益還元(送金)が低迷しており、正直に日銀券(紙幣の発行高が、次項で述べる外貨準備($)額に見合った範囲に収まっているかどうか...

つまり最近の円安傾向は、ヘッジファンドの日銀攻撃だけではなく!

日銀券発行額とGNIのバランスを反映している?のかもしれません...

デフォルト(経済破綻)を免れているのは

日本国民が¥を信じて(日常的に)流通(tradeに使用)させて、日銀が日銀券(お札)発行額に見合った外貨準備($)額を保有しており(為替レートが安定していて)輸出企業も円建て決済が可能な状態なのですが...

これ以上急激な円安が進行すると...

2022年7月現在の様に「急激な円安」が進行すると...

そして、国債が敗戦後同様に"紙くず"になったら、その国債を全額背負い込んいる日銀が破綻して日銀券¥は暴落(無価値!)となり、

敗戦直後のように一気に240倍以上もの超インフレ!となり、 日本経済は敗戦直後のような壊滅的な状態となります!

※参)韓国・中共・ロシアなどの海外に渡航された経験のある方なら、よくご存じのはずですが...

日本以外では、市中の一般商店のtrade(売買)で国内通貨(ウォン、元、ルーブル、ペソ?など)よりも"米ドル"での支払いを求められる場合!が往々にしてあります。

つまり、自国通貨より国際通貨としての$に通貨価値を認めているわけです!

なので、韓国のように、経済破綻(※02)が起こりIMFの要求で自由化政策をとらざるを得なくなったような「名誉ある?過去」を経験する羽目になるわけです。

参※02)1997年12月3日:韓国が通貨危機(国家破綻の危機)に陥り、国際通貨基金(IMF) 資金支援合意書に署名IMFによる韓国救済でIMFの管理下(わかりやすく言えば倒産企業と同じ管財人の手に!)に...

※脚注 ♥関連団体 問い合わせ先 リンク集

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2019年10月25日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

連載 Essay『 "与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム"とは』ー第4回ーTOP連載『 ミニ新幹線の秋田新幹線・山形新幹線は Rural 整備新幹線が目指すべき姿!では』ー第1回ー


 

 



▲整備新幹線・建設推進政経問題研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る