タヌキがゆく《不定期刊 狸穴ジャーナル》

《 Public information 》電動アシスト自転車の"手押し補助モード"!

現在前輪電動アシスト自転車ブリジストン・ アルベルトeを愛用していますが...歩道橋、駐輪場などの階段附設スロープを手押しで登る場合に大変苦労しています!

"手押し補助モード"の装備を望む!

ブリジストン・ アルベルトeなどの「ハブモーター」アシスト自転車に関する機能として"手押し補助モード"の増備を希望します。

ハブモーター駆動方式の電動アシスト自転車ならではの装備となるでしょう!

しかもソフト変更だけで済むはずです?

"手押し補助モード"の概要

"手押し補助モード"の概要は、走行中に間違ってSW・オンしないように、サドルのあたりに隠しボタンを設置して、

1)手押し状態では、前輪の回転を検出して、回転数に応じたサーボを働かせます。

自転車を手押し状態で坂道を登る際に、前輪の角速度Φに応じた補助を働かせて、アルベルトeの場合だと設計車両総重量116.5kgの内、想定体重55kgを引いた荷物35kg+車重26.5kg=61.5kgの押し上げ補助を行わせるわけです!

2)傾斜センサーで傾斜を感知した場合、ハンドルグリップに装備した圧力センサーが左右合計で2kg程度の荷重範囲内になるように「電流・電圧」を制御して登坂などでの、実質ロード(手押し負荷)の低減を図ります。

ハブモーター駆動方式での"手押し補助モード"のメリット

ペダル補助モーター方式と違い、ペダルは回転しないので、邪魔にならない!

お買い物荷物や、こぶ?(子供)でこれまで苦労していた、急坂でも楽に手押しできる!

等が考えられ、ハブ駆動アシスト方式ならではのメリットが生かせるでしょう!

 

公開:2020年12月22日
更新:2020年12月22日

投稿者:デジタヌ

《 Public information 》可変低域補償技術("progressive bass boost compensation technology")TOP


 

 



▲ライセンスフリー”新商品、新技術ネタ集へ戻る

 

ページ先頭に戻る