『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

トラム・路面電車 が多くの 痴呆・都市で廃止された訳は...

前書き(要約)LRT の復興が21世紀の 地方都市圏 の 赤字 ローカル線 を救う(鉄)路に...

「排気ガス公害を招いた白ナンバーの小型車」が邪(悪な)魔者!だった

かつて高度成長期の頃の「道路行政の貧困」ゆえに日本各地の"痴呆都市"の地図上から路面電車はerase(消去)されましたが...

Tramが邪魔者だったのではなく、「排気ガス公害を招いた白ナンバーの小型車」の存在が邪魔者だったのです! 

♥日本一整備された軌道を軽快にトラムカーが駆け抜ける、まるでヨーロッパの街並みのような!鹿児島市

(※以下は、2008年に旧サイトで初稿を公開したコラムに加筆修正を加えて令和バージョンとしてリメイクした記事です)

日本の大都市の地図上から"路面電車"がeraseされた訳は... の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

プロローグ 通産省と建設省が作り上げたモータリゼーションの激流

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

名神高速道路で始まった高速道路網建設は、道路建設に土木技術革新をもたらし(※01)、それにつれて大都市近郊部での一般道の"舗装化"も進みました。

そして「営業車とマイカー」が増えだす"モータリゼーションの激流"が生まれたわけです!

都市間連絡の"極道"整備を重点にした道路政策で、大都市を中心に近郊部で"渋滞"が発生するようになりました!

なので併用軌道を走るトラムカーが矢面(やおもて)に上げられ、一般道からイレースされていったわけです!(※02)

各地の地方都市に「都心部を迂回するバイパス」が建設されて、都心部での渋滞が緩和されるようになったのは1970年代後半に入ってからのことです!

参※01)当サイト内関連記事 実は一般道の整備と深い関係がある「モータリゼーションの洪水!」 はこちら。

参※02) 遠江(とおとうみ)の某"痴呆都市"では道路に沿った立派な"専用軌道"を持つ市内路線までもがイレース!されました。

※自動車大国アメリカでさえ前世紀初頭では、市街地道路が舗装されているのはニューヨークなどの大都市に限られていて、しかも"レンガ舗装"でした!

つまり空気入りタイヤどころか自動車さえ発明されていなかったこの時代では、"乗り合い馬車"ワゴン(BUS)は激震の劣悪な乗り心地、なので、滑るように走る軽便軌道(馬車鉄道)は乗り心地が良い!快適な市内交通手段だったのです!

第1項 高度成長真っただ中の頃に表面化した"大気汚染"問題

幹線国道の完全舗装化!が本格化しだした1960年代代後半の日本では、環境問題と言えば四日市訴訟を代表とするコンビナートから発生する"煤煙"や、有害物質の垂れ流しによる河川や港湾の汚染、

先進国アメリカ!で1970年にマスキー法が成立して、自動車が排出する有蓋排気ガスも取りざたされるようになりましたが...今や排出ガス中に含まれるCO2による地球温暖化が問題となり、脱炭素社会に向けて大きく舵が切られたわけです。

つまりモーダルシフトが叫ばれる21世紀の現代社会では、

「トラムが邪魔者なのではなく、排出ガス(CO2)をばらまくオートモビルが邪魔者(デビル?)」と言うことになります!

あまり知られていない米国でのトラムカー駆逐謀略!

嘗ての自動車大国アメリカでは、

19世紀後半の"馬力全盛時代"?から都市交通は馬車軌道が受け持つようになり、

蒸気機関を動力源とした集中動力システムによる(現存するサンフランシスコで有名な)索引軌道(ケーブルカー)がこれに取って代わり、

更にモーターの発明で電車が実用化されて、市街地のトランスポーターは「路面電車が一世を風靡」していた時期があるわけです!

その後、路上交通の大混乱で Chicago "L" のような高架鉄道に成ったり、ニューヨークの地下鉄網などに発展したりもしましたが...

実は大部分の地方都市では、自動車メーカーの謀略で「バスに駆逐」! された訳です。

これは訴訟にも発展して終戦後の1950年に「自走車メーカー」側が敗訴したわけですが...

時すでに遅く、全米の多くの大都会では「市街地に張り巡らされた路面電車網は erase !」されていたわけです。

このことが、近年米国の大都市でLRT復活する要因の一つにもなっているのです。

第2項 日本のお役人は話の"すり替え"がお上手!

前途したように、地球温暖化?に対する一つの解答として脱炭素・クリーンエネルギートランスポーターとして、e-car が脚光を浴びていますが...

中国の例を見るまでもなく

爆発的にマイカーが増えた中国では、"国産電気自動車"も急激に増えました!

但し電気自動車の元となる電力は、中國では石炭火力発電!に頼る面もあるわけです。

なので、(中國の)大都市近郊では大気汚染は減少していません!

つまり、動力源の問題ではなく「増えすぎた個人利用のマイカーの総量をいかにして抑制!するか」にかかっている訳です。

中国で電気自動車が普及した背景には

中国で電気自動車製造がブームなのは...自動車の通常動力源となる内燃機関(エンジン)の製造技術が未熟な点も一因となっています!

良く知られていることですが、大半の中国車には「日本製のエンジン」が搭載されている事実がそのことを物語っています。

更に、科挙の伝統を受け継ぐ中國や韓国では、工科大学卒などの高学歴な"技術者"は現場の"組み立て作業員"の職にはつきません!

つまり日本やドイツのように、職人技を備えた"高度な技能職"育たない社会環境!なのです。

つまり、(自動化)製造設備を造れば比較的容易く量産できる"電気モーター"に比べて"高(精)度な工作(機械)技術・組み立て技術"を必要とする内燃機関の(中国)国産化は、(自動化された製造設備)設備投資だけでは達成できない問題も背後にあるわけです!

地方都市では

交通弱者の為だけではなく、都市近郊を生活圏とする一般人の"日常の足"となる「公共交通機関の整備」が求められているわけです。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 大都市でトラムが廃れた理由をまとめると...

第1項 道路行政の立ち遅れが最大の原因!

高度成長期に道路行政の立ち遅れで、モータリゼーションの濁流(※21)により貧弱な道路が、車であふれて路上交通の邪魔者扱いされて抹消(イレース)されたわけです。

参※21)当サイト関連記事 第4節 少々事情が異なる大都市市街地からのチンチン電車の敗退理由はこちら。

第2項 軌道敷内運行を認めた愚策!が...

大阪市を代表とする痴呆都市!が道を広げずに軌道敷内通行を認めたために「"定時運行の崩壊"」を招き「"イライラ感"」と「ドアツードアの"横着さ"」に魅せられた乗客から見放され(※11)採算性が悪化した

参※11)とされていますが、これは地下鉄建設推進一派の、プロパガンダ!で実際には廃止まで多くの市民の通勤通学・日常の生活路線として市民から"重宝"がられていました!

第3項 西欧先進国と"後発国日本"の文化の違い?

前途した悪循環であっという間に日本の地方都市からトラムカーが消えていった。

「ドアーツードア」の利便性と、「乗車料金と採算性」に敗北した訳。

後発国日本では役人の体質も...

日本では役人の再就職(天下り)に貢献しないトラム事業は、「採算性」の錦の御旗の下に切り捨てられる訳。

先進国西欧諸国では

先進諸国ヨーロッパの都市圏LRT網では「♥都心部無料!」の例すら多い。

誰が運営費用を払っているのか?

それは行政当局=税金=市民で間接的に利用者が負担しているわけですが、

「モーダルシフト」という「錦の御旗」の為には、それも"是"なのだ!と言う考え方なのです。

第4項 先が読めない日本の行政担当者たち

現在"政令指定都市にまで発展した多くの痴呆都市は、

トラムカー廃止当時は"単なる田舎町"がほとんどで、交通量もさほど多くもありませんでした!
更に、併用軌道ではなく「道路沿いに設けた専用軌道」を走行していて、通行車両の妨げにすらなっていなかった"田舎町"も多く見受けられます!

これらの痴呆都市は「今ほどの大都会?」になれるとは思っていなかったし、またその"野望も無かった"ので、専用軌道上を走るトラムカー迄やすやすと廃止!してしまったのでしょう。

しかし、現実には市街地部分の専用軌道を残しておけば、渋滞しらずの、便利な都市交通システムとして働けたはずです!

こんな「日和見で先が読めない」為政者に任せていたら、

少子高齢化・東京一極集中の21世紀において、「急速に発展した以上に急激に衰退して」下手をしたらゴーストタウンに...

※隣国C国のゴーストタウン!

第5項 今以上都市近郊専用軌道(鉄道線)を廃止してはいけない!

第1目 少なくとも、賢明な東京都を見倣って

東急世田谷線や都電荒川線のように、

専用軌道が主体のトラムカー(LRT)路線を今以上には縮小させ無い事です!

阪堺平野線廃止の愚例!

例えば、痴呆都市"大阪市"では欲に目のくらんだ視界偽印共が、地下鉄建設推進の為にerasureした阪堺平野線ですが...

元々「八尾空港」への燃料輸送専用線として引かれていた阪和貨物線(関西線貨物支線)の廃線跡(ピンクライン)の利用ならば、殆ど変わらない路線が実現出来ていました!

しかも、地下鉄と違ってはるかに安い建設費(&用地買収費)で!

当時阪和貨物線は休止状態!

阪堺平野線が廃止されて地下鉄転換された当時、阪和貨物線は殆ど利用されておらず、国鉄一般貨物廃止と同時に、1986年には定期列車は無くなり、以後は「錆取り列車」が運行されるだけで、実質休止路線となっていました

しかも、旧加美操車場⇔瓜破ジャンクション間は、複線用地が確保されていて、

阪堺線専用の軌間4ft8inの標準軌(※21)の専用軌道併設も可能!でした。

つまり、大阪市は知っていたはずで...慌てて谷町線を天王寺⇔八尾南間に延伸させたのは、何処(誰の為)に行われたの!でしょうか?(※22)

参※21)当サイト内関連記事 鉄道 発祥の地 英国 で生まれた国際 標準軌 (4 ft 8 in) !と 各国標準軌 の歴史 はこちら。

参※22)当サイトシリーズ記事 大阪メトロ 迷走の歴史!市民生活の「日頃の足」となる地下鉄建設のはずが... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 モーダルシフトでマイカー通勤や営業車を減らすには...

地球温暖化が世界的な問題と成ってきた昨今...

「路上から無駄な走行車両をいかにして減らすか?」が最大の課題で有ることは明白です。

5ナンバー、3ナンバーのマイカーや、社用車を減らすには、都市交通システムの充実が...

第1項 呼びかけるだけでは...

テレビやラジオで流している公共広告機構の無駄コマーシャルだけでは解決しない!

いくら、『マイカー通勤をやめ、電車、バスのご利用を』とラジオやテレビで呼びかけても無駄。

『そんな物(もん)使ってたらカネになるか!』になってしまうのです。

つまり、「そんなモン」程度の利用価値しかない既存の都市交通では「ドアツードア」の快適(横着?)さには対抗できないからです。

第1目 上方と江戸を比べればその差は歴然!

大都市交通の切り札?"地下鉄"にしてもしかりで、大阪のように不便な都市では徹底的に不便!

例えば、上方と江戸を比べればその差は歴然です!

首都圏では全域に渡り、通勤・営業は"電車とメトロ"で事足りますが...

近畿圏では傘の骨のような放射状の鐡道沿いでしか役立ちません。

それは以前から当サイトで訴え続けているように、京阪神では「シームレス性」が欠けている!からです。

第2目 Terminalとnodeとなるhub statioの構成が...

いちいち「Terminal(終端)」「node(結節点)」となるhub statioで面倒な乗り換えに「時間を要する」を余儀なくされ、なかなか目的地にたどり着けないからです。

(京阪神では)唯一京都市だけが阪急・京阪線の都心部乗り入れや、京都市営地下鉄近鉄、京阪との「シームレス運行」を実現して成果?を上げているわけです。

第3目 地下鉄建設では「桁外れに法外!な建設費」が財政を圧迫する!

但し地方都市では採算が...

「相互直通地下鉄路線」にしても、Megalopolisの東京だからこそ採算に見合っているだけで、地方都市では軒並み大赤字!です。

一般市民では考えも及ばない法外な建設費

赤字地下鉄の最大の原因は「桁外れに法外な?」建設費(※21)の償還問題!です。

現状(2008年当時)でも500億/㎞!では、そう簡単に「元が取れない」のは当たり前!

それに多少道路事情に余裕のある周辺部や郊外では、(階段を)登ったり、下ったりの面倒な、鉄道利用は敬遠されがちです。

日本第2の大都会"横浜市"や、嘗て日本経済の中心地・天下の台所だった"大阪市"、そして千年の都"京都市"地下鉄建設で財政破綻寸前まで追いやられているのは皆様後ご承知のとおりです。(※22)

参※21)当サイト内関連記事 地下鉄 や 新都市交通システム が 整備新幹線 より割高になる理由とは? はこちら。

参※22)当サイト内関連記事 京都市を財政破綻から守るにはKMTA(Kyoto Metropolitan Transportation Authority)に進化するしか... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 LRT &トラムカーの再評価

第1項 LRTの優位性とは

参※)詳しくは当サイト内関連記事 LRT の"9つ"のメリット! をご参照願います。

第1目 地下鉄建設の1/10程度の建設費

建設費が比較的(地下鉄、高架鉄道、新都市交通等に比べ)安上がり。

参※)当サイト関連記事 鉄道の建設費安上がり順位とは?はこちら。

第2目 生まれながらのユニバーサルデザイン

最新の、超低床トラムカーを用いれば、障害者やお年よりいわゆる交通弱者に対してとても「優しい乗り物」になる!

第3目 広域都市圏交通に最適

既存の、鉄道線や使われなくなった貨物線・廃線等を上手く利用すれば、利用者(乗客)にとって、快適な「シームレス交通機関」となりモーダルシフトに導きやすい。

※路面あり、地下あり、高架あり! ハーグの HTM RandstadRail の例

第4目 系統別運行が可能に

バスと同じように、交差点で路線を乗り移ることが出来て「系統別」運行が可能であり、より一層利便性が向上します。

※広電が立証済!

第5目 地球環境に優しいエコロジー

バスと違って、それ自体では排気ガスを出さず、エコロジーにも優しい。

(但し、原子力・水力・火力・太陽光・風力発電...など全ての発電所には環境問題がつきまとういますが?!)

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ デジタヌの日本版LRT・トラムの勧め

前説で取り上げた条件をそこそこ満たしている現代版トラムはカールスルーエ迄行かなくとも、日本各地に現存して活躍!しています。

第1項 日本各地で活躍しているトラムカー

♥日本一整備された軌道を軽快にトラムカーが駆け抜ける、まるでヨーロッパの街並みのような!鹿児島市

長崎電気軌道広電土佐電福井鉄道鹿児島市電がそうです。

さらに、都市近郊広域交通のルーツをたどれば、アメリカの Interurban にたどり着きますが...

これをお手本に日本で独自の発展を遂げた近郊型電鉄=現在の民鉄各社は正に広域交通網のお手本のような存在であるし、ほとんどが路面電車から派生しています。(※91)

参※31)当サイト関連記事 "street running"から始まった 日本の大手私鉄の歴史はこちら。

カールスルーエモデル(※92)のトラム運営のモデルケースはヨーロッパではなく現在の日本の大都市近郊の私鉄に有った!

参※32)当サイト関連記事  トラムトレイン方式(カールスルーエタイプ)とは?はこちら。

第2項 首都圏の交通網が世界のお手本に!

そう言う意味では、日本こそが現代版トラムの発祥の地と言っても過言では無いはず。

特に、首都圏東京の電鉄各社と東京メトロが連携して織りなすシームレスな広域交通網は各国の都市交通のお手本となっているほど!

しかしエコロジーとモーダルシフトが叫ばれるようになった今日、時代に逆行するがのごときお粗末な自治体が有るのも事実。

折角上手く機能していた、トラム路線を廃止に"追い込み"、結果マイカー転向を増長してしまい、交通停滞を起こして、市民生活に暗い影を落としてしまった岐阜市がその例?(※93)

参※93)当サイト関連記事 美濃 の気風"が生んだ 名鉄 岐阜市内線 の廃止とその後?はこちら。

★第3項 都市圏 広域交通はハード論ではなく運営ソフトの問題

鉄オタはすぐにハード論(トランスポーター)に関心が移ってしまいますが...

都市圏 広域交通事業は、その"運営方法の問題に集約!"されます。

第1目 世界のtrendは Metropolitan Transportation Authority へ...

欧米先進国!では日本のような衰退途上国?とは異なり、早くから都市圏広域交通事業の一元化に向かい、無駄を省いて大成功を収めています!

日本でも実現できる都市圏広域交通事業体

日本の地方都市・中核都市でも、一般地方独立行政法人として Metropolitan Transportation Authorityは成立できます!

参※)当サイト内関連記事  都市圏 広域交通事業体 Metropolitan Transportation Authority の必要性! と実現への途とは... はこちら。

第2目 実現を阻むのはお役人の天下り体質!

いずれにしても、自身の再選や再就職(天下り)に汲々としている日本の行政当局者の間では"モーダルシフト"や市民生活等どうでも良い!でしょう...(※94)

彼らは、己の生涯生活設計!に汲々として、「市民の営み(経済活動)・暮らし向き(生活圏)」については無関心!のです。

前途した一般地方独立行政法人は現在自治労の猛反対で1団体も実現していません!

参※94)当サイト内関連記事 公務員の天下り防止策について《 甘辛時事放談 2006》 はこちら。

公務員資格の無い一般地方独立行政法人では

つまり、公務員資格の無い一般地方独立行政法人では(雨宿りする?)出向先になっても、公務員資格が失効するので転属先にはしたく無い!わけです。

更に、天下り先としても旨みが無い!訳です。

第3目 財源の目途が立たないモーダルシフト

確かにライトレールと言えども、鉄道は鉄道、新線敷設には膨大な建設費が掛かり、殆どの痴呆Metropolis(中核都市)では、予算の目処が立ちにくいのは確かです。

一地方都市の岐阜市の例にしろ、政令指定都市!熊本市にしろ、"財源確保"が最大の障壁となり、"エコロジー"と"利用者の利便"は二の次となってしまってLRT(整備計画)が

Eraseされたのでしょう。

残念ですが現状の日本では仕方のない現実かも知れません...

モーダルシフト特定財源環境保護税の制定が必要では、

"モーダルシフト特定財源"として"環境税"を法制度化する必要を強く感じるのは筆者だけなのでしょうか?

参※)当サイト内関連記事 脱炭素社会 に通じるモーダルシフト の" 特定財源 "となる" 環境税 "の導入を はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《日本の Interurban が辿った鉄路》関連特集記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 abandoned Road 》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

abandoned Railroadの教訓から学ぶ必要がある"持続可能な鉄道事業"とは

多く歴史ある鉄道がabandoned railroad(廃線)となって"天に召された"ましたが...

鉄道黎明期の LRT ?ブーム

明治維新後の文明開化で訪れた陸蒸気幹線の発達と共に、日本各地で民間資本による"軽便ブーム"が起こり、その多くが昭和に至るまで大活躍していました。

今風に言うなら LRT 網と言うことになります!

全国にあった軽便軌道の栄枯盛衰は

これらは、市街地を駆けまわる"チンチン電車"網であったり、都市圏交通を担うインターアーバン(都市圏電気軌道)であったり、鉄道幹線(大都市)と港町を結ぶ臨海鉄道・臨港鉄道、山間部を縫う森林鉄道、更には1960年代まで北海道で大活躍した"殖民軌道"などなど...

更には、準LRTと言っても過言ではない地方交通線が例に挙げられるでしょう。

abandoned railroadが復活!するには更には赤字路線を蘇生させるには...

♥RTD(Regional Transportation District,デンバー地域交通事業団の例

これらのabandoned railroadにスポットを当てて、陸上交通における"地方交通線"が担ってきた役割と、その"生い立ち"、更には"消えていった背景"を考察して、現行の廃止対象路線がトランスポーターとして『21世紀を走りぬく』方法を模索してみました。

狸穴総研 交通問題研究所 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、Wikipedia該当contentに直接リンクしてあります。

日本語版ウィキペディアは英語版の直訳で誤訳が...

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版の"直訳"contentが多く、更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

イデオロギーに関するcontentについてのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは(ボランティア?で"管理人"としてウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグです!

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係は、スポンサー(与党運輸族)の意向を強く反映しているので、イエローフラッグが警鐘(fairness)を鳴らしている場合もありますが...

更に、地名に関しては、Google地図検索を容易にするために、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《XX語版》を明確にしています。

※但しhyper-link先は

  • ●日本語(カタカナ)表記は日本語版ウィキペディア
  • ●英語表記は 英語版 Wikipedia
  • ●オランダ表記は 欄語版 Wikipedia、ドイツ語表記は 独語版 Wikipedia、スペイン語は 西班牙語版Wikipedia 、イタリア語表記は 伊語版 Wikipedia
  • ●スランス語表記は 仏語版 Wikipédia、ポルトガル語表記は 葡語版 Wikipédia
  • ●ロシア語表記は 露語版 Википедия、
  • ●ラテン語表記は 裸展?語版 Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は 使用各国版 ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版のWikipedia(維基百科,自由的百科全書)
  • 中共版Wikipedia;(维基百科,自由的百科全书 )

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記 韓国語版 위키피디아 は著しく信憑性が無く!殆どが日本語版以下(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 Red China版 (维基百科,自由的百科全书 )のほうがはるかに信頼性があります!

当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

 

公開:2008年7月 6日
更新:2022年8月27日

投稿者:デジタヌ

トラム・路面電車の郊外鉄道路線 直通運行 がアメリカ・ヨーロッパで普及した背景とは?...TOP日本の 都市圏 公共交通網 の問題点!とは...


 

 



▲都市圏交通網 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る