タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

リニア中央新幹線 延伸が絶望的!な状況下で 三重県 の 鉄道網 は成り立つか?

無駄のない三重県の鉄道網ならリニア中央新幹線 が来なくても...

令和2年9月29日にJR西日本大阪近郊大回りで、草津線草津⇔柘植間を走破した際に小生が受けた印象を狸穴総研・交通問題研究所実地調査報告としてまとめたコラムです。

《 Future Local transit prospects》ローカルエリア交通網展望 第1回

地図をご覧いただくとわかり安ですが、

津市を中心に意外と無駄のない交通網になっています!

一見 典型的なローカル線で廃止対象路線のように思われる名松線でも、交通弱者(の通院・通学)には欠くべからざる路線のようです。

いなべ市に伸びている「三枝線」も重要な路線となっています。

という事で、これらの路線は大事にされて今世紀中も残るでしょう!

但し、三重県期待のリニア中央新幹線は夜盗運輸族の謀略で、北陸新幹線"別建て"小浜ルートが決まると...

  • ●茶色ライン 県堺
  • 紺色ライン リニア中央新幹線想定ルート
  • 紫ライン JR 
  • ピンクライン 旧関西鉄道本線(JR草津線)
  • 赤色ライン 近鉄不死鳥ライン
  • 緑ライン 高速道路(高速バス)

※本編は事実(時系列)にもとずいてはいますがあくまでも筆者の描いたファンタジー(妄想)です?

以下の各団体とは関連はありません?

本件に関しての各団体へのお問い合わせはご無用に願います!(⌒▽⌒)V

※ここをクリックするとこのページの"Top index"ににジャンプ出来ます!

関連団体

《 Future Local transit prospects 》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

プロローグ 21世紀の鉄道網は少子高齢化・首都圏一極集中・地方衰退で大きく変わらざるを得ない!

首都圏では速達性が重要となり、地方都市では市域内交通が重要視されて「高密度運行」の方向に向かうでしょう!

第2回 関西線 の加茂⇔亀山駅間 は第2の三江線になるか?

存続問題で揺らぐ関西本線 加茂⇔亀山駅間廃止問題は昨年廃止された三江線同様に致し方ないのでしょうか?

第3回 北陸新幹線 小浜ルート が開業すれば 新快速 は無くなる!!う

そろそろ近畿圏の鉄道新線の駒もそろってきたので、15年先の2038年の近未来の近畿の鉄道網について予測してみました。

第4回 おおさか東線 直通快速 は行く行くは 逆・区間快速になるかも...

2022年3月の「おおさか東線」第3期東梅田駅延伸に合わせ、朝夕の通勤時間帯に運行している「おおさか東線直通快速」の放出⇔大阪駅間は各駅に停車する逆・区間快速タイプになるかもしれない?

第5回 おおさか東線 を なにわ筋線 が 大ブレイクさせられるか?...

2032年なにわ筋線開業とともに、昼間の大和路快速の全列車と、関空特急はるか奈良便が「おおさか東線」と「なにわ筋線」をまたいでラケット型のPの字運行するようになるかも...

第6回 近鉄吉野線 が21世紀を走り抜けるには 標準軌 への 改軌 しかない!

『悪い事ばかりは続かない...』の願いもむなしく、コロナ災害は21世紀の"流行り病"として定着しそうです!今こそ「災い転じと福となす」を実践してきた、近鉄が、22世紀に向けて再スタートする時ではないでしょうか!

第7回 近鉄 南大阪線 古市⇔橿原神宮前 間は リニア中央新幹線 奈良駅 開業を待たずに廃線!に...

2032年なにわ筋線開業とともに、昼間の大和路快速の全列車と、関空特急はるか奈良便が「おおさか東線」と「なにわ筋線」をまたいでラケット型のPの字運行するようになるかも...

第8回 存続問題 に揺れる 神鉄 粟生線 も"神戸市内"の緑ヶ丘駅迄は残る!?

全国登山鉄道‰会加盟の他の6社は「急こう配」といっても登り(下り)の一方ですが、粟生線は「自らが辿ってきた歴史」のように「アップダウン」が繰り返されるジェットコースター路線!です。

第9回 西鉄 貝塚線 は将来 地下鉄 直通ではなくJR 香椎線 に婿入りするかも?......

福岡市営 地下鉄 箱崎線 の 西鉄貝塚線 乗り入れのカギを握るJR香椎線が、2020年春のダイヤ改正で鹿児島本線に直通し博多駅迄乗り入れて福岡市営 地下鉄 箱崎線 の 西鉄貝塚線乗り入れは絶望的となりました!

第10回 長崎新幹線 部分開業後の長崎県は" 私鉄王国 "に!?

後先考えずに、整備新幹線計画に"便乗"した結果、青森県同様に高額運賃で県民生活・地域経済は大きなダメージを受けることになるでしょう!...

エピローグ  独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備機構(旧・鉄建公団)が組織改編できれば地方の 鉄道事業者 にも未来への希望が...

国と地方自治体、民鉄協会加盟主要私鉄、JR各社が出資者となって㈱日本鉄道サービス(JNRS)を設立して第3種鉄道事業者に移行して、新たに車両リースも行えるように定款を変えてはいかがでしょうか?

プロローグ リニア中央新幹線 名古屋以遠延伸に未来を託す三重県?

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

三重県が期待している帝都・東京接近策?

リニア中央新幹線ーJR経由だと

名古屋ー大阪難波間約145.5km 20分 表定速度436.5㎞/h!

名古屋ー亀山間 約54.7㎞ 約8分! 表定速度436.5㎞/h!

大阪難波ー亀山間 約90.8㎞ 約13分! 表定速度436.5㎞/h!

亀山ー津間15.5㎞ 現行普通ディーゼル列車 17分 表定速度54.8㎞/h

津ー松阪 19.1㎞  快速みえ 16分 表定速度 71.6㎞/h

津ー鳥羽 56.1㎞ 快速みえ 56分 表定速度 60.2㎞/h

つまり 品川ー(亀山)ー津間 の乗り継ぎ待ち5分を見込んでも70分!

更に 伊勢志摩観光の拠点鳥羽まで 126分!

※当然紀勢線亀山⇔津間間はこの機会に電化されるでしょうから、さらに到達時間は早くなる?

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 安定している財政基盤をバックに堅実な未来像を...

広い地領?を抱える三重県ですが奈良県同様に山間部が多く、コンパクト都市圏(※10)を形成しやすい地勢となっています、更に東海エリアの屋台骨の一つでもある、四日市石油コンビナートを抱えており、東海エリアでもトップクラスの財政基盤(税収源)を持っています。

更に、「伊勢人はなかなかの倹約家」でお金も無いのに見栄っ張りな大阪市などよりはよほど「手堅い」県政を行ってきました。

県義会議員の県政に対する横やり・横暴は他の自治体に比べて少ないようで、県議会全体としては県政に協力的で、必要となれば重点投資が行える県政が行われているようです!(※11)

参※10)当サイト関連記事 全国の 中核都市 は コンパクトシティー を目指している!はこちら。

参※11)文化行政にみる善政例 当サイト関連記事 三重県総合文化センター 《 ホール 音響 ナビ 》 はこちら。

鉄道にだけ頼るのは...

鉄道は数ある交通インフラの一手段にすぎません!(※12)

御隠居さん?たちの"ノスタルジー"に付き合っていては、周りに置き去りにされて、"衰退の路線"を辿る結果になるでしょう!

今の三重県を背負っている働き盛りの世帯主の皆さんが、"若者たち"に"希望に満ちた三重県"を受け渡すためには...

鉄道偏重から、自動車専用道で全国各地と、そして空路で世界と繋がる三重県を目指すべきでしょう!

参※12)当サイト関連記事 鉄道 は陸上旅客輸送の1手段にしか過ぎない! Rural Line の役割とは? はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 リニア中央新幹線 名古屋以西延伸を前提とした県民の夢物語では...

リニア中央新幹線亀山駅⇔津間は

但し、亀山⇔津間は三重県の補助で電化されて高速化が果たせるでしょう!

つまり、三重県においては近鉄とJR東海は"良い関係"にありお互いに捕捉しあっているので、三重県は両社を煽るような無駄な投資はさせない(財政支援)しないでしょう。

亀山市は

地図をご覧いただければ一目瞭然!

「全ての路は亀山に通ずる!」

帝都東京と直結して、県庁所在地津市はもとより滋賀県南部、とも結ぶ「交通の要所」となり、地方銀行はもとより都市銀行、証券会社などの金融機関の支店、流通・サービス業なども拠点を構える三重経済の中心地になるやもしれません!

当然!HONDAさんは三重支社を移してくれるでしょう?

但し、この際に駅南側鈴鹿川と関西線との間に広がっている「広大な」敷地をJR東海さん・三重県・鈴鹿市で特定目的会社を設立して「駅前再開発事業」を行い区画整理・道路整備を行い中心となるJR亀山駅を建設して、オフィス街に変貌させる必要はありますが...

三重県内の伊賀盆地エリアは

現状でも、柘植まで草津線が電化されていて、草津線からの乗り継ぎ需要もかなりありそうでしたが。

但し現状でははっきり言って不便です!

リニア中央新幹線が開通すると、長年山並みで分断されていた、本家伊勢湾岸エリア・東海エリアともつながり伊賀盆地独立近畿圏編入の運動?もなくなるでしょう!

更に、亀山⇔柘植間の改良工事を行えば、嘗ての関西鉄道本線「草津線」を通じて亀山⇔草津間線沿住人の需要も生まれます!

つまり柘植⇔亀山間(20㎞)は将来優等路線に大化けするかもしれません!

開業当初の汽車と違って現在の高性能なハイブリッドカーはこの程度の(10‰)坂道では何の苦もありません!

2020年現在でも駅が少ないこの区間の所要時間は25分(表定速度48㎞/h!)と意外と所要時間はかかりませんが...

非電化ローカル線の救世主ハイブリッドカー!

新型特急車両なら線形改良(新設路線転換)しなくても表定速度60km/h台までは確実に向上できます!

同じような線形で単線の高山線では

身の太田⇔白川口間 25.8㎞を走る実質通勤ライナー ハイブリッドカーワイドビューひだ号が所要時間22分(表定速度70㎞/h!)で結んでいます。

つまりリニア中央新幹線、亀山⇔柘植間 20㎞は 最速17分!

柘植⇔草津間 36.7kmは最速 32分!で結ばれることになり、

亀山⇔草津間は乗り換え時間を見込んでも最速50分台のシャトル便で連絡可能となり、草津線ん沿線住人も亀山総合駅⇔柘植間を利用してくれることになり、嘗ての関西鉄道本線の栄光が戻るわけです!

但し軌道改良は不可欠

現在亀山⇔柘植⇔伊賀上野間は40kgN型軌条を用いており最高運転速度は長良川鉄道などと同じに85㎞/hになっていますが...

最高速度110㎞/h運転に対応させるためには、加茂以南同様に50kgN型レールに軌道改良しないといけません。

しかし後述するようにこの区間を三重県さんと滋賀県さんが本気で第3セクター化(第3種鉄道事業者)して支援(助成)してくれれば、高速化は可能です!

近畿にある飛び地扱いだった分家伊賀盆地が、本家ともども晴れて東海エリアの仲間入りができるわけです!

漁夫の利?を狙っていた滋賀県

滋賀県さんは、東海道新幹線敦賀支線(米原ルート)誘致の成否如何によっては、草津線・旧関西鉄道(かんせいてつどう)の高速化(軌道改良)に協力するかもしれません、全県知事さんによって破棄された「東海道新幹線栗東駅計画」がポシャッテ、交通インフラとしては第2名神に頼らざるを得ない状況ですが、短中距離ならともかく...

甲賀市などの草津線沿線自治体は、リニア中央新幹線「亀山駅」誕生に期待をかけているのではないでしょうか?

北陸新幹線米原ルートの成り行き如何によっては、前途したように三重県さんに協力して関西線亀山⇔柘植間⇔伊賀上野間34.6㎞の第3セクター化(第3種鉄道事業者としてで運行はJR西日本にお願いする)に出資して電化事業に協力するかもしれません?

この区間は前途したように、線形もよく駅も少ないので、"現状でも草津線よりも高速!"で今以上の高速化のメリットはありません(というより不可能?)でしょうが、リニア中央新幹線が実現すれば?亀山駅⇔草津駅(石山・京都駅)間に直通快速運行が可能となり、びわ湖観光の表玄関路線に返り咲けるわけです!が...

伊賀鉄道と経営統合すれば...

現在近鉄伊賀線を引き継いだ第3セクター伊賀鉄道(第一種鉄道事業者)を解散して新会社に経営統合してこの区間JR伊賀市⇔柘植⇔亀山間の路線と統合すれば、現伊賀鉄道の運行もJRさんが引き受けてくれるかもしれません?

特に伊賀上野⇔柘植間は線形もよく、今後の沿線開発(宅地化・工場誘致)も十分に期待できるエリアのような印象を受けました。

紀勢線は高速バス路線転換か?

しかし「鉄ッチャン」が期待する紀勢線はJR東海さんが「情熱をなくした時点?」で廃線とならざるを得ないでしょう。

何故か、この路線は鉄道黎明期に曳かれた区間がほとんどで、高速化には向いていません!

元々紀伊半島の殖産つまり「貨物輸送」を目指して延伸を重ねてきた路線です。

この路線で貨物輸送が行われていない現状では存続させておく大儀は失われています!

三重県も承知していて、並行するE42紀勢自動車道の全線開通に全力を向けているようです!

JR東海は慈善団体ではない!

先にも述べた通り、今や「鉄道は夢を運ぶ」のではなく、利益を生むための「ビジネスツール」となっています。(※21)

観光需要も衰退していて、ビジネスチャンスが少なくなった南紀では、三重県が地域振興に真剣に取り組まないと、交通弱者の頼みの綱鉄道事業は継続しづらくなっています!

参※21)当サイト関連記事 1鉄道事業者から 総合都市開発デベロッパー に成長したJR各社 はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 JR東海はリニア中央新幹線大阪延伸は行わない未来像を立てている!

(※詳しくは 当サイト関連記事 リニア 中央新幹線 大阪延伸に関する4つのシナリオ...リニアは大阪に辿り着かないかも! をご参照ください)

現在 北陸新幹線敦賀以西大阪方面延伸計画は、別建て小浜・松井山手大廻ルートが有力視されています!

つまり、米原廻りの、北陸方面への旅客需要を失う(※31)JR東海・東海道新幹線では、減便が必要となり、更にリニア中央新幹線迄開業させると、大幅な減便をせざるを得なくなり、輸送密度低下による営業係数の悪化が懸念されるからです!

参※31)当サイト関連記事 北陸新幹線 小浜ルート だけでは『 旧越前国 』は疲弊する!?  はこちら。

2027年リニア中央新幹線開業の品川⇔名古屋駅間の暫定開業?で

前途したように、九州新幹線直通便が、これまでの「新大阪乗り換え」が「名古屋駅」乗り継ぎ(名古屋始発)となれば...

品川⇔博多間は4時間の壁を楽にクリアできて!

利便性が向上出来て、且つ名古屋⇔新大阪間の「リニア平行・在来新幹線大幅減便問題?」も生じません!

品川⇔新大阪間 95分(名古屋駅乗り換え5分含む)

  • ●リニア中央新幹線 品川⇔名古屋間(285.6 km)   40分!
  • ●東海道新幹線 名古屋⇔新大阪間186.6km   最速のぞみ50分! 最高運転速度320㎞/h?(表定速度 224㎞/h)

品川⇔博多間 3時間46分!(名古屋駅乗り換え5分含む)

  • ●リニア中央新幹線 品川⇔名古屋間(285.6 km)   40分!
  • ●東海道新幹線 名古屋⇔新大阪間186.6km   最速のぞみ50分! 最高運転速度320㎞/h?(表定速度 224㎞/h)
  • ●新大阪⇔博多間 622.3km 在来新幹線 最速のぞみ 131分 最高運転速度320㎞/h ? 

名古屋⇔新大阪間 152.4㎞を延伸しても短縮時間はたったの約30分!

大阪延伸が実現すれば東京⇔博多間は3時間台前半!となり、換えの手間を考えても、時間的には"空路と互角に戦える!"ようになるでしょうが...

つまり、名古屋乗り換えでも4時間の壁を破れるので、更に数兆円の設備投資をしてまで、たった30分の時間短縮を図ってもメリットが少ないわけです!

東海道新幹線は今後ともに「庶民の足・東海道新幹線」として進化を続ける!

JR東海は次世代型新幹線車両N700Sの開発を終了しており、マスコミを招いて米原⇔京都間で「360km/h運転」のdemo走行会を実施しており、『今後も東海道新幹線区間の速度向上に挑戦していく』と明言しています!

つまり、リニア中央新幹線大阪延伸に頼らなくても、名古屋乗り換えで広島・九州方面への時短が可能だと考えているわけです!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ 三重県が21世紀を生き抜くには

前途したように北陸新幹線大阪単独帰還を断念させられレバ!、リニア中央新幹線は実現できるでしょうが...

第1項 南紀の夢"熊野空港"実現を

和歌山県さんと協力して、紀和町辺りに熊野空港を実現させてみてはいかがでしょうか?

21世紀の南紀には世界遺産熊野古道を柱にした"インバウンド観光需要"に望みをかける以外は活路は見いだせないのではないでしょう?

現在 三重県の世界に開かれた空の玄関は、お隣愛知県にある中部国際空港"セントレア"ですが...

肝心の空港アクセスが、はなはだ危なっかしい?高速艇ルートだけでは...

航空業界は、嘗てのジャンボジェットで、主要都市にある巨大ハブ空港を結び、そこから地方都市にあるサテライト空港間を結ぶピラミッド空路網から、世界の都市間を中型機長距離機で直接結ぶ point to point サービスに変化してきています!

つまり国際チャーターや LCCの時代なのです!

台風街道でもある熊野に空港建設派難しいでしょうが...

南紀を活性化するには新しいジェット空港"熊野空港"が必要とされている時代なのです。

第2項 紀勢線が再び輝きを取り戻すには...

E42近畿自動車道紀勢線?の全線開通の目途もったった今、貨物輸送から撤退したJR紀勢線では、存続さえ危ぶまれている状況です。

山間部だけに限らず多くの過疎エリアを抱えた"南紀"では、交通弱者対策(※91)も含めて、鉄道ノスタルジーの為だけで"補助金捻出"に頭を悩ますよりは、古くて新しいカーゴサービス!貨客混載復活の(鉄)路(※92)、鉄道事業者と共になって探るすべきでしょう!

参※91)当サイト関連記事 過疎地 の 交通弱者 を救うには 運輸 行政 の更なる" 規制緩和 "が 必要! はこちら。

参※92)当サイト関連記事 21世紀のルーラルライン・都市近郊ローカルラインを"意地!"するには"貨客混載"しか残されていない! はこちら。

※ここをクリックすると"綜合目次 Top"に戻れます >

後書き《 Future Local transit prospects 》シリーズについて

『近未来のローカルエリア公共交通』を占ったシリーズです。

21世紀の都市圏公共交通は、特定のトランスポーターに拘らず、夫々のメリットを生かして連携した一体運用システム「都市圏transitシステム」の構築が求められています。

東葉"拘束"鉄道、埼玉"拘束"鉄道、旧・千葉"休行"電鉄、北総鉄道のような、利便だけを追求して、初乗り運賃2重取り!などの公益性(料金体系)を考慮しない路線では、高額運賃交通効カン?に成り果て、結果利用者(沿線住人)が伸び悩み「負のスパイラル」に陥り、"首都圏"でさえ路線自体の存続も危うくなります!

都市圏広域交通のあるべき姿を訴求した未来像に下ずいて、近未来のローカル交通網を展望してみました。

狸穴総研 地域交通問題研究室 出自多留狸

 

公開:2020年9月29日
更新:2021年8月19日

投稿者:デジタヌ

東山線 は名古屋市交通局No1の稼ぎ頭!銀座線と並ぶハイテク・ミニ地下鉄TOP東急 から離れた 静岡鉄道 が生き残る道は JR東日本 グループ入り?


 

 



▲中部圏公共交通 研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る