狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Fantasy『 "邪馬台国"は都市国家の連合体で"都"など無かった!』ー第3回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第2節 "光武帝"と共に始まった冊封国!"奴国"の歴史

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

現在の国威発揚・歴史狂育!では、

後述する様に西暦607年の遣隋使に委ねた国書で、

聖徳太子が「那の倭国」を代表する sovereign(天子?統治者)として、「日乃本宣言!」を行ったことだけが強調されていますが...

これでは、両班(ヤンパン)出身者(※21)で固められた!隣国学閥の連中がやっている偏向教育大差ありません!

参※21)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国(国民)と、日韓関係! はこちら。

第1項 世界史(世界の外交史)に初めて登場する日本列島「奴国」は

現在国宝とされている日本最古の金印(漢委奴国王印)は"贋物"!金印印綬は Fake?

日本の歴史"屋"の主流派 authority 連中は...

...中国王朝から下賜される印綬...例えば、奴国(古代日本の国)は後漢から金印紫綬(漢委奴国王印)を(※01)、倭の卑弥呼はから金印紫綬(親魏倭王印)を...日本室町幕府は明から金印(日本国王之印)を、琉球は明から鍍金銀印(琉球国王之印)を受けて...《日本語ウィキペディアより引用

光武帝(BC6→西暦57年)が後漢(25年→220年)の皇帝在任中に、奴国に金印を印綬し、「那の倭国」のsovereign?(女性shaman(司宰・祈禱師)は魏から金印紫綬(親魏倭王印)を印綬されて「"自治"を認めた?属国・冊封国(さくほうこく)」を示す"認証印"として金印(属国承認印)を印綬したことになっていますが...れも、真物は残って(現存して)いません!

※"卑弥呼"は分裂していた魏に朝貢して金印を印綬していた?との不確かな伝承!もあり、分裂国家"魏"(西暦220→265年)との交易は続いていたのでしょうが...

但し日本側には、evidence(証拠)となる確かな記録(木簡・竹簡)は残されていません!

しかし叙事詩三国志の一節である魏志倭人伝に記載があるという事は、

"ユーラシア大陸"の知識人・支配者層の間では、邪馬台国(連合)!が「"那の倭国"として広く認知」されていた!のでしょう。

そして同時に奴国(後の邪馬台・倭国)はユーラシア大陸の超大国「"後漢(東漢;西暦25年→220年)王朝"の"お墨付き"(印綬)」を得ることができて、

トラ(東漢)の威を借りて!日本列島統一(制覇)に向けて"蝦夷の倭国"征服!に乗り出したわけです。

かつての琉球王朝(1429年→1879年の450年間)も同じで、(1368年→1644年)、(1616年 →1912年)に"朝貢使"(使節団)を派遣して「朝貢」を行い「臣下の礼」をとり、琉球の支配者!であるお墨付き!(印綬)を得て沖縄諸島を制圧!したわけです。

参※01)。近年、国宝とされている日本最古の金印は、江戸時代に捏造された"贋物"!ある可能性が高まっています。

但し隋書倭人伝そのものも、原本(記録)が残されていたわけでは無く、散逸した"断片"(と思わしき古文書)を寄せ集めて編集した物であり、

100%史実ではありません!

つまり倭人に印綬したのは史実なのでしょうが、"相手が誰かは定かではない!のです。

第1目 魏志倭人伝とは...

魏志倭人伝は3世紀末(280年(呉の滅亡)→297年(陳寿の没年)の間)西晋の陳寿により草稿された伝承『三国志』の中の1節です。

起草された"3世紀ごろの邪馬台国連合"の噂話!を基にしており、

金印を印綬された?邪馬台国の状況を表す歴史資料ではありません!

さらに『三国志』そのものが...

さらに『三国志』そのものが、後漢(25年→220年)から西晋王朝(265年→316年)建国迄の歴史を、

「伝承・や古文書にヒントを得て創作された一大叙事詩!であり、

古事記・日本書紀同様に作者

「陳寿」の「個人的"解釈・創作"」が随所にちりばめられた「(史実とはかけ離れた)一大叙事詩・fiction(創作・伝説)と解釈するほうが妥当な文書(代物)です。

つまり、那の倭国として認知されていた頃(3世紀末)に、漢字(漢文)が体系化(※11)されて三国志が起草されたわけです。

と同時に、当時すでに(インドから)中国に伝わっていた仏教(僧侶・技術者)とともに、日本にも改めて伝来したわけです。

創造後1500年!近くも立ち共通文字となった漢字!

漢字(の原型)が出来たのは紀元前1300年ごろだとされており、中華王朝の公式文字(公用語)として体系化されたのが3世紀末ごろとされています。

漢字(漢文)は表意文字であると同時に"表音文字"でもあります。

なので、高校で学ぶ漢文の様に返り点に頼らなくとも、そのまま中国語で朗読できます!

つまり文法(構文)が、ウラルアルタイ系の日本語とは異なるのです。

但し発音は幾通りも...

現在でも普通語(北京語)と広東語では発音が全く異なる!様に、言語も北方・呉・湘(しょう)・贛(こう)・客家(はっか)・閩(びん)・粤(えつ)の7つの language?(言語)dialect?(方言)に分かれており、

"英語と米語"以上の開きがあり、構文(文法)も微妙に異なります。

広大な中国各地で別々に発達した漢字!

夫々独自の絵文字表記(象形化)の過程と抽象化(簡略化)が進み、

初めての統一王朝とされる始皇帝時代の"秦"(BC221→BC206)の頃でも共通言語(共通口語)は無く、

光武帝が再興した統一王朝東漢(西暦25年 →220年)が、帝国全土の共通言語(文字)化を進めた!のでしょう。

三蔵法師に関する歴史創作家!の噓

仏教そのものは、インドで紀元前5世紀!ごろ「釈迦が編み出した哲学!」の一つで、起源100年ごろに中国に伝来していて、その後の南朝宋(420年→479年)、北周(556年 →581年)の時代に「多数!の三蔵法師(翻訳家!)」がインドに赴き(体系化された漢字で)「サンスクリット(梵語)で書かれた原典版(複製)を漢文翻訳して」中国に持ち帰りました。

いずれにせよ漢字伝来は...

いずれにせよ、漢字伝来は古事記(712年編纂)の700年近く以前!の光武帝時代(25年→57年)後漢(25年→220年)の時代から.、

奴国(那の倭国連合の始祖)に、青銅器の刀剣と農耕具を使った稲作と、そして「文字(漢字)」(※11)文化と共に、渡来技術者によってたらされていた!ことになります。

※11)ご承知の通り「かな文字」は平安時代になってから「表音文字」として発案された「純国産」文字なので、それ以前(言語体系が異なる日本では)は、「表意文字」としての漢字と、中国文法を使った「漢文」で古文書が草稿されていたわけです。

第2項 弥生人の「那の倭国・邪馬台国」の実像とは...

弥生時代初期(古代・石器時代・縄文時代後期)の弥生人の「那の倭国・邪馬台国」も、当然・女性shaman(祈禱師)の"お告げ"に下づき祭事(政;まつりごと)を行う Community(小国家・部族)が並立したfederation (連合体)だったと思われます。

つまり、嘗てのEECの様な自由交易圏!だったわけです。

もちろん米(稲作)だけではなく、"塩"も交易の重要な産品だったわけで、元祖JAともいえるfederation(連合会) だったわけです。

第1目 邪馬台国・連合組合の representative(総代)卑弥呼(職)は複数いた?!

前途した様に、3世紀末に起筆された中国の古文書『三国志』の中の1節「魏志倭人伝」で、「那の倭国」として記述された「邪馬台国」は、巫女(女性shaman)が政(まつりごと;祭事)を取り仕切る国家として紹介されているわけですが...

実際には女性shaman(祭司・祈禱師)が政(まつりごと;祭事)を司る、Community(小国・部族)で構成されたFederation (連合体)を形成していた可能性が濃厚!です。

つまり極端に言えば各 Community(部族)に、各々の卑弥呼が居た!わけです。

これは、採取・狩猟民族の土着民・縄文人が、築いてきた自然崇拝文化の伝統で、女性shamanつまり"女性・司祭"の"占い"に下づき政(まつりごと;祭事)が行われていた!為です。

卑弥呼は倭国連邦加盟各国の「山の神(内助)」の持ち回り当番制!だった?

もっと極端に言えば、Community(地方部族)のChief(首長)の内助(妃)である「shaman(禱師・山の神!)」が、中国王朝・後漢の使節(国使)が視察!に訪れた際に、邪馬台国を代表して視察団を歓待する接待係!のrepresentative(総代)としての「卑弥呼・職を、各部族の女性 Shaman が「持ち回り当番制」で務めていたのでしょう!

当時は大陸(中国王朝)と"しょっちゅう(毎年)"公式な使節外交は行って無く!

写真はおろか"似顔絵"すらない状況で!、おまけに同じ「外交官(使節)」が来日していたわけでも無い!ので、「卑弥呼」が入れ替わり立ち代わり毎年交番していても"ばれなかった"わけです!

神無月(旧暦10月)は本当にあった?!

日本語ウィキペディアでは

(伊勢神宮・内宮に居る天照大御神以外の)神々が出雲に集まって翌年について会議するので出雲以外には神がいなくなるという説は、平安時代以降の後付けで、出雲大社の御師が全国に広めた語源俗解である。なお、月名についての語源俗解の例としては、師走(12月)も有名である。《日本語ウィキペディア(2022年12月17日現在在)より引用

となっていますが、神無月(旧暦10月)は本当にあった話なのかもしれません?!

邪馬台国・経済連合の Territory は...

元祖JA!邪馬台国・経済連合会を構成するCommunity(部族)の Territory,(実効支配地)は、近畿・四国・九州の瀬戸内運河!沿いと玄界灘・有明海の一部の狭い Region(一帯)に限られていました

関西圏の一部 Zone(地域)で成立していた邪馬台国・経済連合!では、年に一度「諸国の女性shaman(内助;山の神)が集まり、親睦会・大宴会?を行い、併せて翌年の邪馬台国のrepresentative(総代)卑弥呼を"選出"していたのではないでしょうか?...

つまり、一か月で往復するのは無理としても、祭事に記された日程(約一か月の道程)であれば、年に一度、自国を開けて出雲大社に集参できた!わけです。

第3項 邪馬台国の場所を特定できないのは...

邪馬台国の場所を特定できないのは正にこのためです。

つまり、九州(吉野ヶ里遺跡)説・大和(明日香)説・東北(三内丸山遺跡)説?などいろいろありますが(※12)...

中国の後漢王朝の光武帝(BC6→西暦57)から、金印(属国承認印)を印綬した時点では、中国には製紙技術(BC140年~AC87年)がすでにあり奴国(邪馬台国の前身?)へは「漢字の原型」も伝わったのでしょうが...

中国に仏教が伝わったのが西暦100年頃で、その後に後漢(25年→220年)は滅亡して、その後の正式な朝貢使(遣隋使600年~)が始まる迄の「数百年間は正式な使節団の交流はなかった!」わけです。

※前途した様に、"弥呼"は分裂していた魏から金印を印綬(朝貢)していた?との不確かな伝承もあり、分裂国家"魏"(西暦220→265年)との交易は続いていたのでしょう。

但し、日本側には、確かなevidence(木簡・竹簡)は残されていません!

参※12)三内丸山遺跡では、(稲作を導入した縄文人?が暮らしていたことは間違いないでしょうが)大規模な王宮・館(やかた)や王墓は発見されていないわけです。

日本史の(記録)空白期間?!

この間は、日本列島には古文書(木簡)すら残って(発見されて)いない!訳です。

つまり、AC220年以後も、民間レベルの交流(通商)で青銅器・鉄器などの農耕具・武器貿易はあったのでしょうが...(※13)

密貿易?密航者による仏教伝来で本格的に漢字文字文化が伝来するのは、中国で漢字が体系化して、三国志が起筆された3世紀末(280年(呉の滅亡)→297年(陳寿の没年)の間)から南朝宋(420年→479年)、北周(556年 →581年)の時代の「多数の三蔵法師(翻訳家)」が「原典を漢文翻訳して」中国に持ち帰って、更に日本へ伝えてからだと考えるのが妥当で!

つまりは朝貢(ちょうこう)使"(遣隋使)が再開された(600年)以降に、本格的な文字文化(仏教文化)が花開き、それまでの女性shaman(司祭)による自然崇拝・口承文化が次第にとって変わられた!と考えるのが妥当でしょう。

参※13)国粋主義者・国文学者などの古文書愛好者!が論拠!としている中国で起草された(魏志倭人伝どうようの)叙事詩(英雄伝説・創作物!)でも"交流"があり、邪馬台国を巡る"噂話"が伝わっていたことが、判明しています!

これらの古文書は全て噂話を基にに起草した叙事詩(英雄伝説)であり、マルコポーロの東方見聞録の様な、自らの体験に下づく Documentary (取材記事)ではありません!あくまでも著作者の主観を交えたFiction(叙事詩)にすぎません!

最も東方見聞録でもジパングについては、当時の中国で聞きかじった"噂話"を基にしていますが...

当時「平野部が無かった日本列島!」には中国大陸奥地!より古代米が伝来した可能性が...

更に、弥生人(混血)の祖先・南方民族説をとる歴史フィクション創作家?!は、南シナ海沿岸の諸国で盛んな「水耕・水田」を前提に想定していますが...

稲作が伝来したころの日本各地は、縄文海進が終わったころで、河川による河口部の堆積(三角州形成)は進んでおらず、加賀平野など、各地の平野?はほとんど形成されてなく、せいぜい「河口部の小島」を中心に「葦の生い茂る」湿地帯がわずかにある程度でした。

更に現在全国各地にある"盆地"も、河川上流部からの堆積がまだまだ十分ではなく!平地部はほとんど無がった!わけです...

なので、中国大陸奥地で行われている"段々畑"「棚田」による「(陸稲に近い)"古代米"」の稲作が、大和盆地など、各地の河川の「盆地部の山麓」や「大河の河口部の山麓」に伝わった可能性があります!。(※24)

「明日香の里」の段々畑や、筑後川・矢部川水系上流部で行われている「棚田による稲作」が普及したものと考えられます。

つまり前途した漢字伝来後の朝貢(ちょうこう)使"(遣隋使)が再開された(600年)以降の仏教伝来とともに、大陸から高度な測量技術を学んだ利水専門家(僧侶)も渡来して、灌漑施設(用水)網を整備(※25)していったと考えるのが妥当でしょう。

つまり、当初弥生人の「那の倭国連合・邪馬台国連邦」に稲作が伝わった当初は、その後の本格的な稲作文化(荘園・農奴制度)は普及しておらず、弥生人ですら!農耕・狩猟の兼業民族であった可能性が強いわけです!

参※24)古代遺跡から出土する、状態の良い稲の化石?のDNA分析を行えれば...証明できる!でしょう。

これで長年論争が繰り広げられてきた、稲作南方渡来説が覆されることになるでしょう...

参※25)最近の発掘・発見で灌漑(水路)技術も、稲作と同時に列島各地に伝わったことが証明されています。材木と土石を用いた、護岸工事を施した用水路が各地の古代遺跡で発掘されています!

つまり、邪馬台国以前から稲作を持ち込んだ弥生人(渡来人集団)は、簡単な土木(灌漑)技術を持ち合わせていた、農耕技術者・集団だったともいえます。

但し、大規模な利水事業(用水)開削には、高度な測量技術も必要となるので、前途した筑紫平野(柳川)、佐賀平野などのでの、灌漑事業の"走り"は、後年になって遣隋使により「帰国留学僧や、招へい?した渡来技術者」が伝来させたものと考えられます。

一時中国王朝"唐"と国交が断絶(冊封を解く)原因となった白村江の戦いは

大和政権は、百済に加担して白村江の戦いで敗れたわけですが...このことが中国王朝"唐"と国交が断絶(冊封を解く)した要因にもなる訳ですが、大事なのはこの時「百済に加担」したわけですが...

百済滅亡の後、百済の遺臣は鬼室福信・黒歯常之らを中心として百済復興の兵をあげ、倭国に滞在していた百済王の太子豊璋を擁立しようと、倭国に救援を要請した。

中大兄皇子はこれを承諾し、百済難民を受け入れるとともに、唐・新羅との対立を深めた。

日本語ウィキペディアより引用

とあるように、660年3月の百済滅亡!の際に技術者・職人含むを多くの難民を受け入れているわけです!

つまり、後述する大和政権誕生後に、筑州(筑後;筑紫平野)・豊州(豊後;阿蘇国・)・肥州(肥前;佐賀平野)の稲作 region(地帯)の開発(灌漑)もより一層進んだものと考えられます。

これは、儒教思想に下ずく労働蔑視!(※26)の施策!の中国"唐"王朝勢力が朝鮮半島を席巻して、有能な技巧者(職人)達が、技術導入に熱心だった弥生人の"倭国"へ亡命!したためと考えられます。

これはその後の秀吉の朝鮮出兵時(1592年5月24日→ 1593年8月5日)も同じで、

多くの職人たちが朝鮮半島を脱出して、日本に亡命しています。

参※26)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪を根絶しないと韓国は再び中共の属国に... はこちら。

続きはこちら

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2022年12月21日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

Fantasy『 "邪馬台国"は都市国家の連合体で"都"など無かった!』ー第2回ーTOPFantasy『 "邪馬台国"は都市国家の連合体で"都"など無かった!』ー第4回ー


 

 



▲Historia,Geopolitics & logistics 研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る