狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Essay『 運輸族代議士と自治体長・地方議会議員が連んで"鉄道新線(駅)を建設したがる訳は...』ー第4回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第2節 建築・土木工事で肝要なのは"手抜き監視!"

小生が関与した(2005年当時)建設工事でも、某元受け建設会社(地方の中規模ゼネコン)では、最盛期100人近くいた現場従事者(土工・とび・鉄筋工...)の内正規社員は現場を任された"所長"一人!

監督さんは派遣会社から派遣された"派遣社員"で正社員ではありませんでした!

この監督さんは私と同い年で、同じ建設現場で働く数少ない"ゼネコン"直雇いでもありました。

つまり、ゼネコン直雇の人間は小生も含めてたった3人!

第1項 土木工事で重要なのは♥施工管理者!

ここまで読み進めていただけばお分かりのように、適切な工程(作業手順書)に下ずいて、しっかりとした工程管理責任者が、厳格に"(工事)作業手順書"通りに工事を監督していれば、作業員があまり熟練していなくても、建設事業が遂行できるようなご姿勢となっています!

これは、東京のあちこちに穴を掘りまくって地下鉄建設を行っていた高度成長期以来変わっていません!

つまり、土工は、当時から出稼ぎ(農民)が作業していたわけです!

土木建設全般にわたって、韓国で不祥事が多発するのは、この施工管理がなってない!からです。

第1目 土木建設作業員は知っている"手抜きの施工"の実態!

この監督さんは大変器用な方で、大工(木工)、鉄筋工(番線結束)、足場組立(足場トビ)、上下水配管工、重機運転、と一人で何役もこなせる人でした!(だから監督が出来るのでしょうが...)

勿論全体の行程を見て、自然(降雨)状況に応じた"臨機応変?"な対処で、必要にしてかつ十分な?工期短縮指示を出されていました!(※10)

参※10)一時"旭化成"系列の「基礎杭打ち専門企業」が、大幅な工期短縮工法?を行った結果、重大 Incident に繋がり、欠陥マンション問題に発展した事件がありましたが...

30年程度の"リース物件"の場合、老巧化(外見上の古臭さ)と共に客足も遠のき、リース終了後には、更地に戻して地権者に返還されるのが通常なので、耐用年数30年の範囲内で?"行程省略"が行われるわけです。

具体的には

1)基礎杭の短縮!

2)地中梁の鉄筋数省略!

3)コンクリート打設時の"工数"省略

  • ●グレード改竄!
  • ●突き固め不良(省略!)
  • ●コンクリート養生期間の短縮!
  • ●打ち継ぎ不良(手抜き施工!)

4)外装の一部変更!などなど...

しかし通常は、原材料(鉄骨・生コン・鉄筋etc....)はゼネコン直手配なので、余程悪質な現場所長でもない限りは、全て、設計図面通りの数量で発注(現場納品)されています!

しかし、通常、スーパー・モール・家電量販店・ホームセンターなどの商業施設工事の場合、銀行融資の"金利"圧迫を抑えるために工期3ケ月が基本となっていて、着工が梅雨期にかかる場合、"問題の無い範囲?"で、省略施工が行われています。

例えば、地中梁の場合、"無理な工程"がたたり、殆どの建設現場で、3割程度の鉄筋は省略!されて!余分な?鉄筋は駐車場などの用地の地中に埋め!られてしまいます。

元々、設計事務所が、阪神大震災クラスの地震が来ても壊れないような、必要耐震強度を上回る十分な設計強度で設計して、建築許可を得ているので、余程運が悪くない限り?省略施工が発覚することは無い!わけです。

第2目  知人の話では...

工期10年程度かかった、東京の某鉄道会社の連続高架立体交差事業でも、大量の余剰鉄筋?が生して、事業用地内に埋めたそうです!

参考までに、関東・東北大震災を無事に躱して、びくともしていないようですが...

更に、工期短縮の常とう手段として、一般の建設事業でも当たり前に行われています!

※小生も何度も目撃しています!

★第3節 某新幹線の橋脚耐震補強工事では...

これも小生が現場で直接関与した工事ですが...

第1項 耐震補強を行う前は"積み重ねたダルマさん"状態!

この工区では、耐震補強施工前は、コンクリートの打ち継ぎ施工不良(手抜き)により、親幹線の高架橋が雨水の浸透で錆錆状態でやせ細った(見かけは太って)たった"4本の鉄筋"で支えられた状態になっていて、(※41)いつ倒壊しても不思議でない状況!でした。

(※41)富士山の反対側に回ると、橋脚の隙間(約10㎜!)越に富士山を眺望!出来ました。

第2項 納入業者ぐるみの不正が...

同じように、余剰鉄筋が"埋葬!"されて、(耐震補強鋼材・鉄筋はJR持ち!)

更に、使用生コンの"不正"も目撃しています!(コンクリートは業者持ち)

耐震補強工事においては通常基礎部分には、高強度コンクリートを使用するのですが...

工事報告提出用写真には1台目のミキサー車から抜き取った生コンの適切な"スランプ"を持っている報告写真を添付するのですが...

2台目からの生コンミキサー車には通常?(以下)の生コンが...

勿論この場合は、韓国同様に、生コン納入業者と現場事務所との間で伝票偽装が...

第3項 新規路線の素案(議題)を作成しているのはロビースト!

更に新規路線の素案(議題)を作成した連中は、交通専門家(地政学者)では無く!

魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)のロビー活動(政界工作・中央省庁攻略)を行う lobbyist 共です。

第1目 ロビーストとゼネコン系コンサルタント会社が新線計画立案を...

新規路線の素案(議題)を作成している連中は、交通専門家(地政学者※002)ではありません!

lobbyist、大手ゼネコン系コンサルタント会社です。

日本のロビー活動(政界工作)は民間シンクタンクが行っている!

鉄道関連設備 syndicate,cartel(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが、

〇X経済研究所、〇X総合研究所などの民間シンクタンク!です。

mass media 報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっている連中です。

つまり"自称"Researcher(研究員)economist(経済学者),expert(有識者!)共 (-_-メ) は捏造の specialist(専門家)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして、官公庁に猛烈な売り込みをかけている!

訳です。

そして粗筋を捏造するのが...

(Version1,Revision3 ー2023年8月7日改訂)

syndicate(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが〇X経済研究所、〇X総合研究所などの民間 think tank です。

mass media報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっている連中です。

つまり"自称"Researcher(研究員)economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造のexpert(有識者)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして、官公庁に猛烈な売り込みをかけている!訳です。

続きはこちら

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2022年2月15日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

Essay『 運輸族代議士と自治体長・地方議会議員が連んで"鉄道新線(駅)を建設したがる訳は...』ー第3回ーTOPEssay『 運輸族代議士と自治体長・地方議会議員が連んで"鉄道新線(駅)を建設したがる訳は...』ー第5回ー


 

 



▲陸上交通政策調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る