狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

連載 Epic 『 東北に於ける先住民"蝦夷"と征服者"弥生人"の鬩ぎ合いの歴史!』ー第6回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第5節 征夷大将軍とは東北人が容認できないと侮辱的な称号!

文治5年(1189年)、鎌倉幕府を創設し征夷大将軍となった源頼朝が19万!もの大軍勢を率いて奥州討伐に向かいました。

※その後の徳川家康も武家の総領として、朝廷より「征夷大将軍」に任じられましたが、征夷大将軍とはエミシ(蝦夷)を征伐(征服)する将軍という意味であり、武力をもって領土拡張する為の遠征軍の総大将を任じられたようなものでした。

第1項 史実だったのか?創作逸話!だったのか...

注※40)ここで疑問(矛盾)が生じるのが、19万!もの大軍をどうやって、布陣させたか!です。英雄伝説大好きの歴史屋!と「鉄オタ」は何ら疑問を抱かないのでしょうが...

前九年の役(永承6年(1051年) - 康平5年(1062年)の源頼義か"三千ばかりの手兵"を行軍させれたのは「多少のサバ読み(水増し)」を考慮しても納得の行く数値ですし、援軍の奥州藤原の援軍一万余!も、多少の水増しはあっても移動距離から考えて妥当でしょう。

遠路はるばる19万人!の大軍勢の行軍となると...

しかし、遠路はるばる19万!の大軍を、数週間もかけて遠征させるとなると、行軍に関するlogistics(兵站)の問題を抱えることとなります。

いくら、梅干し・干飯などの携帯食だとしても、19万人と、軍馬の消費する兵糧は膨大な量!となります。

これだけの、兵糧!と兵器(弓矢)を荷車の車列(荷駄)でカバーしようとしても、当時の traffic(往還網)では不可能!です。

更に、奈良時代は全国に立派な高速街道(早馬伝令)が整備されて、通信(書状)は確保されていましたが...

「よく知られているように、幅の広い、排水設備の完備した高速道路」?でしたが...

とりあえず最短距離「直線」を優先したために、山野も直線で結び、斜面がきつく、とても荷駄(大八車、牛舎)logistics(兵站)に使用できるような代物ではありませんでした

しかも、時代が下って12世紀にもなると、往還道は完全に廃れて山野に戻っていました!

当時のtrafficでは不可能!

つまり19万人が話半分!の10万人の軍勢だとしても、実際の遠征(行軍)を考えてみると、当時のtraffic(往還路;街道)では不可能!だったのではないでしょうか!?

仮に?沿道の日ノ本 Federation 側の"荘園管理者(地頭)"の全面協力があったとしても、奥州まで荘園(集落)が連なっているわけでもなく...

長期に渡る遠征(行軍)は不可能だったはずです!

しかもすべて直参の手勢・家臣団と、頼朝 organization(政権)に賛同加担した関東武家で賄ったことになっていますから...

更に当時の日乃本の全人口は、現在に比べて桁違いに少なかった!わけで、いくら関東全域から挙兵させたとしても、19万人もの大軍勢記述は、後に戦記(古文書・行軍記)を編纂した「勝者側の創作家!」の大法螺(ホラ)話!でしょう!。

つまり現在の歴史屋!(古文書研究家)が論拠とする"古文書"とはその程度の「きわめて信憑性に欠けた・考証されていない贋物・創作私文書」がほとんどなわけです。

第2項 征夷大将軍はスペインの南アメリカ征服の総大将コルテスと似たり寄ったり!

征夷大将軍とは東北各地にとっては随分と失礼な称号でもある!ことになるわけです。

隆盛を極めた藤原氏も、頼ってきた頼朝の弟義経をかくまったのを口実!に追討されて、藤原泰衡は平泉から蝦夷地への逃亡途中に、配下の裏切りに遭い討ち取られました

つまり、いかに配下の裏切りにあったとはいえ、搾取していた民衆(農奴!)を見方につけることができなかった!ためでしょう。

第1目 奥州藤原氏の滅亡は因果応報!

現在、天皇制を支持する主流派(朝廷派)の歴史屋(古文書研究家!)は奥州藤原氏を称賛しますが...

地元民に支持(慕われ)されていたのならば、北へ落ち延びれたはずです!

藤原氏は、大和王権の傀儡政権・寝返り蝦夷であり、のちの鎌倉幕府の地頭( plantation owner)同様に、(大和王権 Federation の)搾取階級である公家共の代理人(agent)荘園の管理者にすぎなかったわけです。

豪華絢爛な平泉も、農奴!を搾取した結果であり、"血を絶やした"のも因果応報の末路だったのでしょう。

第2項 東北各地の豪族支配(自治)が終わる!

数世紀にわたった蝦夷出身地方豪族の支配も、この藤原氏の滅亡で幕を閉じ、東北は完全に鎌倉幕府の支配下となりました。

藤原氏を倒した頼朝は幕府を開き、崩壊した律令制度に代わって新たに法度を制定して、御家人(家臣)を、Agent(守護(=国司)や地頭(荘園管理者))として東北各地に差し向けて、東北における大きな政治的転換点となったとされています。

(※ただし、制度が変り称号が変わっただけで、守護職=Governor=国司、地頭はmanor(荘園) の landlord,(管理者)であり、元となる階級制度(農奴制度)は踏襲されていました)

頼朝が秋田に配した御家人(家臣)成田氏、安保氏、秋元氏、奈良氏、橘氏、浅利氏、平賀氏、小野寺氏などでした。

また奥州藤原氏に仕えていた由利氏のみは、そのまま地頭として由利地方(の荘園)を治めるlandlord(管理者・代官)とされました。

つまりはこれらの人々は「蝦夷」の末裔ではなく「日乃本Federation」の「構成員!」である搾取階級の元地方豪族出身者の傭兵・新興"武装集団"であり、混血・弥生人の系統を引き継ぐ人たちであったといえます。

その後室町幕府のころになり、日本海北部で勢力を伸ばした地方武家の安東氏(安藤氏ともいう)が津軽地方から南下して、安東愛季の時代に最盛期を迎えました。

横手盆地では戸沢氏、前田氏、本堂氏、六郷氏、小野寺氏などが勢力圏を競っていましたが、秀吉が天下統一を果たして、東北の地元武家も豊臣政権に服することとなりました。

★第6節 江戸幕府の執った反乱防止策!「入組支配」

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

江戸時代幕府が開白されて、家康に実権が移ったのちも、「蝦夷の脅威」は去りませんでした。

(歴史書を読み漁り古今東西の歴史に精通していた)家康とその家臣団は、蝦夷勢力の復活を恐れ、東北における「入り組み支配」(※1)を徹底しました!

例えば秋田県の場合、当初は(西軍についた)小野寺氏以外の諸大名は、所領を安堵されましたが、慶長7年から慶長8年の期間にかけてほとんどの大名が常陸国に転封(国替え・左遷!)され、鎌倉以来となる長年の「領主と住民の絆」は途切れました!

★第1項 転封(転勤!)改易(解雇!)と、所領の細分化!の嵐

現秋田県の殆どを領していた久保田藩は、秋田実季(津軽安藤氏の末裔)が改易(解雇!)されて領地召し上げ!となり、常陸国から転封(転勤!)された佐竹氏が立藩した小藩で、由利郡でも山形藩主最上氏が改易(解雇!)されて、幕府領(直轄地)と中小の大名所領に細分割され、蝦夷の末裔は完全に排除されました。

明治維新・戊辰戦争にもつながる潮流

このことが、幕末の戊辰戦争勃発前後の久保田藩内の重臣によるクーデターなどによる、藩政の歩調の乱れにも繋がり、現秋田県域にあった諸藩の奥州列藩同盟からの離脱と、維新政府軍(官軍)参加(寝返り)などにも繋がったとみるのはあながち 「うがった見方」でも無いでしょう。

さらに言えば、現秋田県会津若松・新庄を結ぶ山形新幹線延伸を拒否!するように、秋田新幹線が盛岡から伸びて、大曲で大曲?していることも、新庄⇔大曲間の冬季の尋常ならざる積雪を避けるためだけではないでしょう!

入組支配

江戸幕府が行った政策で、かつての律令国家の上に成り立つ、地方豪族・大名(外様)に対して頻繁に「転封(転勤 )・減封(領地召し上げ)、改易(解雇)・領地召し上げ」を行い、旧所領を集落単位!分割して、地方の統一・団結を阻む政策で

具体的には、外様大名の所領(Territory)を「集落ごとにまで細分化!」して、徳川の旗本・譜代の所領(飛び地)として分割統治する手法。

このために明治維新後も全国各地で府・県・郡・村の離合集散が繰り返されました。

この結果、複雑に入り組んだ支配で、各支配地(郷)間で待遇(身分)・処遇(年貢)に大きな格差が生じて市域紛争(農民一揆)の火種ともなっていました。

※小生が生まれ育って今も済み続けている南河内の我が故郷では、東北同様に、知行地が集落単位にまで細分化されて、小生の村は旗本領!、南隣の村は小田原藩!、東隣は天領!といった具合に、数町歩(数Hr)ごとに区切られて、それぞれ"年貢"が異なり、とくに小田原藩領では飢饉!の時にも年貢米の取り立てで苦しみ、人身売買(女郎、農奴など)、一家心中、一家離散、等の「悲惨を極めた」そうです。

さらにその隣村では、全村域が別の集落の豪農!に買い取られて、村人全員が小作以下の農奴!(水飲み百姓)に貶められて、明治維新後も被差別部落として差別を受けていました。

続きはこちら

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2018年8月 5日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

連載 Epic 『 東北に於ける先住民"蝦夷"と征服者"弥生人"の鬩ぎ合いの歴史!』ー第5回ーTOP連載 Epic 『 東北に於ける先住民"蝦夷"と征服者"弥生人"の鬩ぎ合いの歴史!』ー最終回ー


 

 



▲Historia,Geopolitics & logistics 研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る