『音楽便利帳』狸穴ジャーナル別冊

管楽器奏者Navi

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

木管楽器・金管楽器などの『管楽器』の達人達を彼らのレコードと共に紹介するコラム記事を集めたコーナー。

スポンサード リンク

 

オーレ・エドワルド・アントンセン 《 Virtuosos Navi 》 コルネットの黄金時代/名盤ナビ
ノルウェー軍楽隊の吹奏楽演奏をバックにオーレ・エドワルド・アントンセンがコルネットの技を余すとこなく披露している一枚だ。
ラッセル・グレイ 《 Virtuosos Navi 》 アーバンコレクション/名盤ナビ
イギリスのコルネット演奏家、ラッセルグレイのちょっと変わった一枚。金管教本で有名なアーバンの曲を「アーバンが当時吹いていた」コルネットで吹いたという一枚なのだ。
ティーネ・ティング・ヘルセット 《 Virtuosos Navi 》 トランペット奏者/名盤ナビ
ティーネ・ティング・ヘルセット(Tine Thing Helseth)のトランペット協奏曲集。彼女のの奏でる音はとても伸びやかだ。北欧の豊かな自然を感じさせる。とても落ち着いた演奏の魅力的な一枚だ。
ウィントン・マルサリス 《 Virtuosos Navi 》
ジャズトランペットの第一人者ウィントン・マルサリスはクラシックトランペット奏者としても超一流の腕を誇る。暖かく・輝かしい音色は当代随一といっても過言ではないだろう。
W・マルサリスとの遭遇? 《 ヴィルトーゾNavi 》
未知との遭遇"ならぬ"クラシックトランペット奏者マルサリスとの遭遇"は突然やってきた。デジタヌがマルサリス崇拝者?になるきっかけ話。
バリー・タックウェル さん 《 Virtuosos Navi 》 ホルン奏者名盤CDナビ
タックウェルさん、彼の音色は「狩りのラッパ」から派生したホルンの華やかな一面をつよく感じさせてくれる。
ヘルマン・バウマン 《 Virtuosos Navi 》 ホルン奏者名盤CDナビ
ヘルマン・バウマン(ホルン奏者)さんは、ナチュラルホルンの復興にも力を注いだ先駆者の1人で、全ての特殊奏法をマスター、ホルンの全音域に渡り安定した演奏を披露してくれた偉人のひとりでもある。
フィリップ・ファーカスさん 《 Virtuosos Navi 》 ホルン奏者の著作ナ
名ホルン奏者、フィリップファーカスによる、アンブシュアに焦点をあてた理論書。 有名奏者のアパチュアの写真も多数掲載されている。金管プレイヤーの必読書。
ラデク・バボラークさん 《 Virtuosos Navi 》 ホルン奏者
ラデク・バボラークはチェコ出身の不世出のホルン奏者。18歳で「ミュンヘンコンクール史上最年少優勝者」となり請われてベルリンフィルの首席ホルン奏者を務めるなど、輝かしい経歴を持つ。また、多くのエチュードを録音していることも特筆すべきだろう。最近は自ら水戸室内管弦楽団でマエストロ小沢のアシスタント指揮者を務め自らも「バボラークアンサンブル」を主宰するなど、「ボヘミアン」のアイデンティティを貫いている。
ズデニェク・ティルシャルさん 《 Virtuosos Navi 》 ホルン奏者CDナビ
ズデニェク・ティルシャルはチェコの生んだ名ホルン奏者...であった。2006年に急逝したもののその音色のファンは多い。
超人W・マルサリスはここが凄い! 《 Virtuosos Navi 》フンメル・トランペット協奏曲変ホ長調
マルサリスの演奏は悪魔的とでも表したくなるような華麗で完璧な演奏で、我々オーディエンスを完全に虜にしてしまう魅力をたたえている!
W・マルサリス 《 Virtuosos Navi 》 ザ・ロンドン・コンサート《 アルバムNavi 》 本物のフンメルトランペット協奏曲その2
フンメルのトランペット協奏曲の原調はホ長調、だが、原調で演奏されないことがほとんどである。原調での演奏盤はウィントン・マルサリスのロンドンコンサート以外まだ見つけていない...
《 Virtuosos Navi 》 ウィントン・マルサリスX2 トランペット協奏曲名曲アルバム
若き日のウィントン・マルサリスの録音の復刻版二枚組。古典とバロックのセットだ。これが20台前半の録音?という完成度の高さが聴きどころだろう。
ウィントン・マルサリス 《 Virtuosos Navi 》 名盤集
ウィントン・マルサリスはジャズ愛好家の間では有名だが、実はクラシック音楽の世界でも超一流の演奏家である。




▲演奏家へ戻る

 

ページ先頭に戻る