音動楽人(みゅーたんと)

名曲・迷曲?・名盤ナビ

毎度ご愛顧賜りありがとうございます。管理人より「リピーターの皆様」にお願い、新着記事が更新されていない場合があります。恐れ入りますが「再読み込み」お願い申し上げます。

オーディオ・ビジュアル関連のBD、DVD,CD、放送メディアなどの知られざる名盤や珍品?コンテンツガイドを集めたコーナー。

スポンサード リンク

 

パヴァロッティ・フォーエバー《アルバムNavi》パヴァロッティを堪能できる一枚
ルチアーノパバロッティの歌声が堪能できる一枚(いや、2枚組だけど)。 男性の声がこんなに輝いていいのか?ゲストのフランク・シナトラ、アンドレア・ボチェッリとのデュオもすばらしい。
ウィントン・マルサリス The London Concert《 アルバムNavi 》
ウイントン・マルサリスの傑作盤、ザ・ロンドンコンサート。定番のハイドン、フンメルがあの輝かしい音色たっぷりで堪能できる。で、ボーナストラックもおいしいぞ。
3大テノールのクリスマス・クリスマス イン ウィーン《 アルバムNavi》こんな贅沢なクリスマスソング集は他にない!
3大テノールのクリスマスソング集はインパクト強烈だ。華麗に、荘厳に歌われるクリスマスソングはいつもよりワンクラス上のクリスマスを約束してくれること請け合い。
3大テノールのクリスマス・クリスマス イン ウィーン《 名歌手列伝 》
3大テノールのクリスマスソング集はインパクト強烈だ。華麗に、荘厳に歌われるクリスマスソングはいつもよりワンクラス上のクリスマスを約束してくれること請け合い。
デジタヌの AV ( audio / visual ) コンテンツ ナビ
デジタヌが心に残る「名作映画」3作品を紹介。ドライアイで目が乾いたときにピッタリ!恥ずかしながら何度見ても泣けてしまいます。
《オーディオ的・音楽コンテンツナビ》その1 世界の大砲比べ 
ロック・アメリカンポップスファンに限らずオーディオマニア的クラシック音楽ファンにとっても「重低音再生」は"抗しきれない魅力(魔力?)"を持った分野の一つです!ただただ騒音?!としか言えないポップス系の"シンセバスドラム"のキック音とは異なり「オーケストラ」曲中で用いられるバスドラム、銅鑼(ドラ)などのパーカッション類には「そこはかとない上品さ?」があり、感動を盛り上げてくれるものです!そんな「鳴り物パーカッション?」の中でも、極め付きは「大序曲1812年」に登場する「キャノン砲」ではないでしょうか!
幻想交響曲《Clasicical MusicコンテンツNavi》温故知新シリーズ  S・ミュンシュの名盤
ベルリオーズの幻想交響曲もオーディオマニアにとっては重要なコンテンツの一つでしょ...
ピアノ曲コンテンツ再生のポイントは「LP盤再生では不可能?」な重低音の再生にある!
ピアノ曲のCD(デジタルコンテンツ)のリスニングが、どうもしっくりこなくて欲求不...
《本物の重低音を求めて!》罰当たり異教徒?多神教派!デジタヌのオーディオ的宗教音楽Navi 
近年世界を制覇している作り物の「シンセ・バスドラム」たっぷりのアメリカン・ポップスはご遠慮申し上げるとして。バッハの作品に代表されるオルガン曲も好きですが、聞き続けるには退屈?なので...。「神様」繋がりで、キリスト教のミサ曲もセリフ?(コーラス)が入っているので、何となく神聖な気持ち?になれて「煩悩を浄化」してくれそうな気がして...。
《本物の重低音を求めて!》和太鼓の世界 声明コンテンツ編
声明(しょうみょう)とは、お経の事ですが、お経は「ディオマニア」にとっても大変興...
《本物の重低音を求めて!》ベルリオーズが神にささげる宗教曲!
2003年が生誕200年に当たった、ベルリオーズの作品でも特に大編成が要求されて、めったに演奏されることのない大曲。 1837年の作品とされており、4組のバンダ(金管別動隊)が必要な超巨大な作品で、その後の「ベルディーのレクイエム」(1874年)に多くのインスパイア?を与えた曲ではないでしょうか?。
《オーディオ的CDナビ》ハーリ・ヤーノシュとハンガリー出身の7人のマエストロ
ご存じ? ハンガリーの作曲家コダーイ・ゾルターンの名作!ポピュラー性では彼の代表作といってもよい作品でしょう。本来はオペラ作品ですが、一般的には歌劇から抜粋した「管弦楽組曲版」がよく演奏されています。
孔雀を鳴かす指揮者は...《オーディオ的CDナビ》コダーイ作曲ハンガリー民謡『孔雀』の主題による変奏曲
ハンガリーの作曲家コダーイの作品といえば「オペラから抜粋した「ハーリヤーノシュ組...
交響曲第3番"オルガン付き"《Clasicical MusicコンテンツNavi》温故知新シリーズ 2題
現状発売されているCDはLP時代のように「情けないパイプオルガン」の響きではなく「アナログマルチトラックテープレコーダー最後期(1970年代)」の録音でも、25Hz前後の「ペダル音」が十分なレベルで記録されていたことがわかる録音ばかりです。
フォーレ/レクイエム《Clasicical MusicコンテンツNavi》温故知新シリーズ アンドレ・クリュイタンス
レクイエムといえば、モーツァルト、が有名で、変わったところでは「無神論者」であっ...
知られざるチャイコフスキーのバレエ音楽?《オーディオ的CDナビ》ピアノ3重協奏曲?第2番とピアノ付き協奏交響曲?第3番
初めて聞いたような気のしない「どこかで聞いたような?」耳になじみやすい?聞きやす...
W・マルサリスとの遭遇? 《 アルバムNavi 》
未知との遭遇"ならぬ"クラシックトランペット奏者マルサリスとの遭遇"は突然やってきた。デジタヌがマルサリス崇拝者?になるきっかけ話。
フンメル・トランペット協奏曲変ホ長調 《 アルバムNavi 》超人W・マルサリスはここが凄い!
マルサリスの演奏は悪魔的とでも表したくなるような華麗で完璧な演奏で、我々オーディエンスを完全に虜にしてしまう魅力をたたえている!
ウィントン・マルサリスX2 《 アルバムNavi 》 トランペット名曲アルバムHaydn Hummel L. Mozart: Trumpet Co
若き日のウィントン・マルサリスの録音の復刻版二枚組。古典とバロックのセットだ。これが20台前半の録音?という完成度の高さが聴きどころだろう。
W・マルサリス ザ・ロンドン・コンサート《 アルバムNavi 》 本物のフンメルトランペット協奏曲その2
フンメルのトランペット協奏曲の原調はホ長調、だが、原調で演奏されないことがほとんどである。原調での演奏盤はウィントン・マルサリスのロンドンコンサート以外まだ見つけていない...
ウィントン・マルサリス 名盤集《 アルバムNavi 》 その0
ウィントン・マルサリスはジャズ愛好家の間では有名だが、実はクラシック音楽の世界でも超一流の演奏家である。
ズデニィク・ティルシャル 《 アルバムNavi 》 ホルン名曲集/名盤ナビ
ズデニィク・ティルシャルによるホルン名曲集。ホルンを吹く人に言わせれば超すごいテクニックらしいがそんなことみじんも感じさせないでリスナーを雲の上に連れて行ってくれるご機嫌な一枚。


 



▲お気楽クラシックへ戻る

 

ページ先頭に戻る