旅するタヌキ

北関東 エリア の 観光スポット ナビ

北関東 エリア 群馬県 栃木県 茨城県 にある テーマパーク 博物館 保存鉄道 劇場 ホール 名所旧跡 などの レジャー施設 ランドマーク 等の ナビ 記事を集めたコーナーのメインメニューテーブル

 

【サーキット ナビ】筑波サーキット 伝統を誇る首都圏のサーキット
首都圏に最も近いサーキット。(2番目は袖ヶ浦フォレストレースウェイ)アクセスの良さとアットホームな雰囲気で開設以来、首都圏のモータースポーツのメッカとして多くの人に親しまれている。国内公認サーキットのため開催できる競技会はF3までとなっているが、現在数多くのJAF公認の国内レースが毎週のように開催されている。
日本自動車研究所 旧谷田部テストコース 《バンク伝説》
1964年に日本最初の高速道路、名神高速道路の開通に合わせ、高速道路時代の自動車開発の場として誕生した。誕生当初は各自動車メーカーは本格的な高速周回路をもっておらず、各自動車メーカー、タイヤメーカーの新車開発や連続高速走行世界記録チャレンジなどに用いられ、数々のスピード記録が生まれたことで「谷田部の45度バンク」として自動車マニアの誰もが知っていた有名なテストコース。
(一財)日本自動車研究所・城里テストセンター 《バンク伝説》
谷田部バンクの後継施設として茨城郡城里町に誕生した施設。所定の手続きを行えば一般人もコース利用が行える。スピードショップや、チューナー、専門誌などの性能試験の場として、度々マスコミに登場している施設。 
ツインリンクもてぎ・スーパースピードウェイ 《バンク伝説》
開所以来「ツインリンク」の名前の由来となった1周2.41km の高速オーバルコースが使われて折り、インディカーシリーズやNASCAストックカーレース日本大会などが開催されたこともある。2011年の東日本大震災被以来コースは閉鎖されていたが、2017年に大規模改修が行われ同年12月より7年ぶりにコースが再開された!
【サーキット ナビ】ツインリンクもてぎ 栃木県茂木町にある国内唯一のツインリンク
1997年8月に鈴鹿サーキットを所有するホンダの国内2つ目のサーキットとして営業が開始された。2011年の東日本大震災被災後はスーパースピードウェイは路面陥没のため閉鎖されていたが、2017年に大改修を行い、同年12月インディ500マイルレースで日本人初のチャンピオンとなった佐藤琢磨&ウィニングカーの凱旋デモ走行で、オーバルコースが復活した。
Honda R&D 栃木プルービンググラウンド 《バンク伝説》
本田初の総合試験グランドとして栃木製作所とともにオープン。栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢(一部塩谷郡高根沢町上高根沢)に広がる広大な敷地(栃木製作所)にホンダアクセス栃木研究所、本田技研工業生産技術統括部、本田技術研究所の施設(工場棟)群とともに広がっている。
日産自動車栃木工場 テストコース 《バンク伝説》
1968年の工場創業に遅れること5年の1973年に完成した。栃木工場の外周を取り囲むように設置されている。工場付属施設特有のラインオフ車両のテストランレーンを多く設置しているのが特徴。量産車の開発試験が主で、レース車両(ラリーカー、レーシングカー)などの開発試験は目的としていないので、あくまでも「谷田部的」コースレイアウトと成っている。
北関東にある 知られざる観光スポット穴場情報
北関東にある、ワイナリー、道の駅などのローカル施設のガイド記事リンク。

北関東 の 保存鉄道 のりもの博物館 ナビ

北関東 にある 保存鉄道 軽便鉄道(森林鉄道) ミニ鉄道公園 や鉄道博物館 資料館 に関するナビを集めたコーナーのメニューテーブル 鉄ちゃん だけでなく、お子様連れでも楽しめる 名所 ナビです。

北関東 の ホール ナビ

北関東(茨木県、栃木県、群馬県) にある コンサートホール 多目的ホール 劇場 野外ステージ 市民会館などの公共ホールのまとめコーナー。ホール ナビ を集めたコーナーのメインメニューテーブル。


 


▲観光スポット ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る