旅するタヌキ

首都圏 の名所 旧跡 博物館 ナビ

首都圏 エリア 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 にある 名所 旧跡 ミュージアム のナビ 記事を集めたコーナーのメインメニュテーブル

 

国立西洋美術館 の イベントホール 《 東京都 にある 名所 旧跡 観光スポット ナビ 》
国立西洋美術館及び付帯施設「講堂」。モダニズム建築の巨匠ル・コルビュジエ設計による建物自体が「近代アート」の本館を持つ施設。
東京都美術館 の イベントホール《 東京都 にある 名所 旧跡 観光スポット ナビ 》
東京都美術館と東京・春・音楽祭の サブ会場の一つと成っているの付属講堂の施設ガイド。1926(大正15)年東京府美術館」として生まれた日本最初の公立美術館。 東京府美術館が院展(日本美術院)と二科展(二科会)を、10月には文展(文部省美術展覧会)の会場となって定着している。
上野の森美術館 の イベントホール《 東京都 にある 名所 旧跡 観光スポット ナビ 》 
2018年'春祭'からコンサートサブ会場と成った上野の森にある唯一の私立美術館「上野の森美術館」のガイド記事。1879年(明治12年)創設の(公財)日本美術協会が運営していた日本美術協会美術展示館を1972年にフジサンケイグループが「上野の森美術館」としてリニューアルオープンした施設。
旧東京音楽学校奏楽堂 《 ホール 音響 ナビ 》 活きた重要文化財
本年(2018年)11月2日の再館を予定している国内最古のコンサートホール旧東京音楽学校奏楽堂の記ガイド。筒型ボールトは半球ドームと同じく、天井面で焦点を結ぶため、幅広い周波数(音域)に対して、焦点後の拡散効果があり、客席の隅々まで豊かな残響が拡がる効果を持っている、先人の知恵である。
東京国立博物館 の イベントホール 《 東京都 にある 名所 旧跡 観光スポット ナビ 》
明治5年に開館し市民から「トーハク」の愛称で親しまれている日本最古の博物館。上野恩賜公園の基幹施設として後に続く数多くの文化施設の母体となった。現在、本館、東洋館、表慶館(1909年建造)、法隆寺宝物館(1999年新館)平成館、庭園、資料館(図書、写真等の資料を収蔵)、旧十輪院宝蔵(重文)などから構成される日本を代表する博物館と成っている。
国立科学博物館 の イベントホール《 東京都 にある 名所 旧跡 観光スポット ナビ 》 
東京・春・音楽祭の公演場所として、地球館の常設展示スペース!と日本館・講堂をコンサート会場として開放し提供してくれている 「国立科学博物館」上野本館の施設ガイド記事。博物館では無い?「博物館相当施設」。『自然史に関する科学その他の自然科学及びその応用に関する調査及び研究並びにこれらに関する資料の収集、保管(育成を含む)及び公衆への供覧等を行うことにより、自然科学及び社会教育の振興を図る』ことを目的として設置せれている公開施設。


 


▲首都圏 の 観光スポット ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る