旅するタヌキ 

神奈川県

『神奈川県下にある公共ホールのまとめ』ページ。各ホールの詳細ガイド記事へのリンク集。

神奈川県

カルッツかわさき ープロスポーツアリーナと芸術ホールを合わせた複合文化施設ガイド
破格の使用料で人気のあった「川崎市教育文化会館大ホール」に変わって登場した「カルッツかわさき・ホール」の施設ガイド記事。新しくなって旧施設をしのぐ音響になれたか?音響面から詳細に分析した記事。
ミューザ川崎シンフォニーホール ってどんなところ?
川崎市の誇るオーケストラのサーカス小屋?狸穴総研・音響研究工房厳選『後世に伝えたい・真の銘ホール50選』の一つ、「ミューザ川崎シンフォニーホール」のガイド記事。2004年の登場以来、「音、見晴らし、至便」と三拍子の揃った「ワインヤード」は大収穫!?で年間20万人以上が訪れる、首都圏切ってのワインヤード・ホールとして名高い。
テアトロ・ジーリオ・ショウワ  ー日本 のオペラハウスガイドシリーズ 第7回
【日本 のオペラハウス】シリーズ第7回テアトロ・ジーリオ・ショウワ
パシフィコ横浜 ー首都圏で最も人気のあるコンベンションセンターの施設ガイド
5002席の規模を誇る東日本唯一の「国立(こくりつ)大ホール」の他にも1000席のプロセニアム形式のホールを備えた会議センター、最大1,320席の平土間多目的イベントスペースアネックスホール。などの施設を持つコンベンションセンター。現在、首都圏で最も人気のあるコンベンションセンターであり、東京国際フォーラム(※ガイド記事はこちら)ビッグサイト、幕張メッセ、ソニックシティー(※ガイド記事はこちら)などとはイベント数で完全に水をあけている。
横浜みなとみらいホール 「クイーンズスクエア横浜」内にある横浜市のクラシックの殿堂のガイド
施主(市当局)の収容人員2000人超の、無謀な要求が、理想的なホールデザインを無惨にも打ち砕いた"人災?ホール"の哀れな記事。2020席と興行的にも採算性の良いサイズなので、呼び屋やプロモーターの受けも良く、定員2,493人の神奈川県民ホールや1,054席の神奈川県立音楽堂に代わり、年間を通じ招聘海外有名オーケストラなどの数多くの「コンサート」が行われる「みなと横浜の看板コンサートホール」となっている。
神奈川県立音楽堂 故スビャトスラフ・リヒテルが「東洋一の響き」と評した逸話が語り継がれている戦後日本初の「コンサート専用ホール」
1954年、公立施設としては日本で初めての本格的な音楽専用ホール、神奈川県立音楽堂のガイド記事。
サルビアホール/鶴見区民文化センター のガイド
狸穴総研・音響研究工房・『厳選・後世に伝えたい真の銘ホール50選』に選定した、プレミアムコンサートホール『音楽ホール』を有する鶴見区民文化センター・サルビアホールのガイド記事。
KAAT神奈川芸術劇場 横浜市内にある神奈川県の文化施設群のガイド
神奈川のカラクリ小屋「KAAT神奈川芸術劇場」のガイド記事。劇団四季の準フランチャイズとして年間を通じて「ミュージカル公演」を行っているホールと大・中のイベント会場(スタジオ)を備えた芸術センター.
神奈川県立県民ホール のガイド
日本初で始めてパイプオルガンを備えた公共ホールとして誕生した小ホールと、打ち放しコンクリート壁を大胆に用いた大ホールで知られる神奈川県民ホールのガイド記事。
よこすか芸術劇場のガイド
基地の町横須賀市が誇る文化施設よこすか芸術劇場のガイド記事。3面舞台を持つオペラハウス「よこすか芸術劇場」と実験演芸場?「ヨコスカ・ベイサイド・ポケット」のガイド記事。
大和市文化創造拠点 シリウス のガイド
良質の中規模音楽ホール 大和市文化創造拠点 シリウスのガイド記事。
厚木市文化会館 のガイド
1978年開館 の老兵「厚木市文化会館」のガイド記事。
鎌倉芸術館 のガイド
大船駅前にある鎌倉市の総合文化施設。「鎌倉芸術館」のガイド記事。
もみじホール城山 のガイド
相模原市が政令指定都市になったお祝いに、平成の大合併で加わってくれた旧「山城町」の住人にプレゼントしたご祝儀施設『もみじホール城山』のガイド記事。
ハーモニーホール座間 のガイド
座間市の誇るど派手なモダン芝居小屋「ハーモニーホール座間」のガイド記事。
杜のホールはしもと  のガイド
相模原市緑区の看板施設「杜のホールはしもと」のガイド記事。
相模原市民会館 のガイド
此処にもあった「賢者の選択」老練な老兵を活かす『相模原市民会館』のガイド記事。エールを添えて狸穴総研・音響研究工房・『厳選後世に伝えたい・真の銘ホール50選』とした。
相模女子大学グリーンホール のガイド
相模大野の元祖「絡繰り小屋」相模女子大学グリーンホールのガイド記事。


 


▲首都圏の劇場・ホールへ戻る