旅するタヌキ

北海道 の 観光スポット ナビ

北海道 エリア にある テーマパーク 博物館 保存鉄道 名所旧跡 などの レジャー施設 ランドマーク の ナビ 記事を集めたコーナーのメインメニューテーブル

 

鷹栖プルービンググラウンド 《バンク伝説》Honda R&D
千歳空港(719ha)よりさらに広い788haという国内第2の広さの敷地に、多様な施設を備えた高速周回路とその外周に、ワインディングロード(クローズドサーキット)、右側通行運用も行える高速道路を模した一部片側2車線の屈曲路(ランプウェイ施設付き!)、EU一般道レプリカコース、複数のオフロードコース、などを備えた正しく日本屈指のブルーピンググランド。
豊平館 《 ミュージアム ナビ 》 活きた重要文化財 旧札幌市公会堂 
1880年(明治13年)、現在札幌市民ホールのある現中央区北1条西1丁目に高級西洋ホテルとして開拓使が建造し、後に公会堂の一部となり昭和33年に中島公園に移設され「市営の結婚式場」として利用されていたが、平成28年より「多目的イベントレンタルスペース」として復活し『活きた重要文化財』として市民に利用されている。
十勝インターナショナルスピードウェイ 《 サーキット ナビ 》 平原の中にある 北海道 唯一の FIA公認 ローカル サーキット!?
1993年にオープンした、北海道初のFIA国際公認サーキット。雄大な自然の中に誕生したこのサーキットは、その雰囲気がヨーロッパのサーキットを思わせる。雄大な北海道に相応しくコースは鈴鹿に次ぐロングコースとなっている。
士別試験場 《バンク伝説》 トヨタ自動車
北海道士別市にあるトヨタの施設。千歳空港(719ha)を遙かにしのぎ成田空港(1,111ha)に迫る周囲約17km約930ヘクタールの広大な敷地に、全長約10km!の高速周回路をメインとする数多くの施設を展開している。あらゆる種類の市販車はもとより、レーシングカー、ラリーカー、オフロードマシンまでトヨタの全ラインナップのあらゆる走行性能、耐久性、耐候性試験がごく一部の地域を除く全地球規模の環境下でこの試験場の施設群だけで完結できる様に設計されている。


 


▲観光スポット ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る