旅するタヌキ

和歌山市民会館 《 ホール 音響 ナビ 》松竹大歌舞伎地方公演の舞台の一つともなっているホール

,

和歌山市民会館

Official Website http://www.qualia.ne.jp/civic-hall/

和歌山市民会館のある和歌山県・和歌山市のあらまし

紀伊半島の南部を占める和歌山県の北部に位置する県庁所在地の和歌山市は紀の川の河口に位置し、中心市街地は左岸に形成されている。

かつて江戸時代には御三家のひとつである紀州徳川家が治める紀州藩の城下町として栄えた。

和歌山県;推計人口、944,320人/2017年10月1日

和歌山市;推計人口、360,000人/2017年10月1日

和歌山市ー(新大阪)ー品川 3時間51分/16,050円/JR在来線ー新幹線/621.9㎞

※参考

白浜駅ー(白浜空港)ー(羽田空港)ー品川/3時間16分/33557円/バスーJ・airー京急

和歌山県

近畿地方では唯一、ここ40年間の国勢調査(1970年-2010年)で人口減となっている県であり、他の2府4県がいずれも15%~40%の高い伸びとなっている中で顕著な特徴となっている。

近年、県の経済基盤を支えてきた新日鐵住金和歌山製鐵所、海南地区の石油化学産業などの大幅な規模縮小の影響を受け人口減少が大きな問題となっている。

半面県全体としては農業・漁業・観光産業への依存が高く、有名な白浜温泉、串本町、那智勝浦、新宮市など多くの観光地を抱えている、特に白浜温泉は近年の高速道路網の整備などにより外国人観光客などを中心に人気が復活している!

和歌山市

和歌山市も1985年の401,352人をピークに年々人口が減少し前回2015年国勢調査で37万人に大台を割り込み現在36万人まで落ち込んでいる、典型的な1地方都市となっている。

一方で大阪市の属州化?ストロー現象により和歌山市で人口減少が続いている一方で、岩出市、橋本市など大阪市のベッドタウンとして顕著な人口増を続けている都市も見られる。

郊外型大型ショッピングセンター(主にオークワ系)の相次ぐ出店により、郊外化など人の流れに大きな変化が起き、和歌山市の中心部にある「ぶらくり丁商店街」は、地元老舗百貨店「丸正」が自己破産となり、大丸、ビブレなど集客力の高い店舗が相次いで閉店しいわゆるシャッター通りと化している。

このため市は構造改革特別区域法を利用して規制緩和を行い「ぶらくり丁」への人の流れの回帰に躍起になっている!

(なんでこだわるの?アーア...!)

和歌山市民会館

和歌山市民会館のロケーション

ところ  和歌山市伝法橋南ノ丁7番地

市堀川と北大通りに面しており周辺には和歌山市立博物館や和歌山市民図書館など、市の施設が集積している。

和歌山市民会館へのアクセス

公共交通機関

南海和歌山市駅より徒歩5分
南海本線・和歌山港線・JR紀勢本線

マイカー利用の場合

阪和道(国道26号線)北新橋交差点より国道24号線・県道15号(北大通り)沿い。

和歌山市民会館がお得意のジャンル

大ホール

  • 松竹第歌舞伎の地方公演の舞台となっている。
  • オーケストラコンサート、オペラ・バレエ公演ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会、小編成の室内楽コンサートなども行われミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、
  • 演劇・伝統芸能、歌謡歌手の歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、落語・演芸寄席、などの色物などジャンルに拘らないバラエティーに富んだイベントが行われている。
  • またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体も利用している。

小ホール

  • ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会、小編成の室内楽コンサートなども行われ往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、演劇・伝統芸能(能狂言)、歌謡歌手の歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、大衆演劇、落語・演芸寄席、着ぐるみヒーローショー、大道芸、パフォーマンス・ショーなどの色物などジャンルに拘らないバラエティーに富んだイベントが行われている。

市民ホール

  • 主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられ、大衆演劇、落語・演芸寄席、着ぐるみヒーローショー、大道芸、パフォーマンス・ショーなどの色物など大衆芸能に特化した興業を行っている。
  • またパーティー・レセプションなどの会場としてもつかわれている。

和歌山市民会館の公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら




施設面から見たホールの特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

(公式施設ガイドはこちら。)

大ホール棟、小ホール棟市民ホールと会議室などがある本館との3棟からなる複合文化施設。

3棟とも北大通(県道15号)と市道に面しているがいずれも裏側が市堀川に隣接しており良好な立地となっている。(※立地条件に関する記事はこちら

大ホール

 変形6角形のプロセニアム型式多目的ホール。

この時期の建設にしては千葉県文化会館(1967年完成※ガイド記事はこちら)同様に地元(和歌山県産)木材をふんだんに使用した丁寧な設えのホール。

1スロープのホールであるが天井の高い余裕あるデザインの良質のホールである!

変形6角形を採用しているが並行する対抗面はステージとホール後方壁面(大向う背後面)の2面だけで、しかもこの面は凹面状に大きくラウンドしており、ステージ反響版、プロセニアㇺ上縁大型コーナー反響板とは並行面にならないように配慮されている。

客席周辺低層部(人の背丈程度)はプレーンなパネル、中上層部は立て桟をあしらい「グルービング材」と同等の効果を持たせた丁寧な設え。(※米国伝来の音響グルービング材をいち早く用いているのもすごい!デザイナーは相当音響に詳しい方だとお見受けする!)

天井は大きな凸面形状を持った木質半響板を横方向に渡して前後方向に4列並べてある。

今後『新和歌山市民会館』計画を取り下げ...

千葉県県同様に公共施設長寿命化策に転じ改修を行うのであれば、建設当時には一般的概念として定着していなかった『音響拡散体』を壁面にランダム配置するだけでより一層素晴らしいホールとなるであろう!

ホール音響評価点:91点

§1,「定在波対」策評価点:39点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:20点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:15点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:17点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

小ホール

変形6角形のプロセニアム型式多目的ホール。

大ホールとほとんど違わない同様の丁寧な設えのホール。

天井半響板&プロセニアㇺ上縁コーナー反響板のみ、大ホールとは違いプラスターボード(※1)製となっている。

ホール音響評価点:93点

§1,「定在波対」策評価点:39点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:20点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:15点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:18点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

千葉県同様の英断でホール存続が決定するように願って狸穴総研・音響研究工房厳選『後世に伝えたい・真の銘ホール50選』に選ばせていただく。

市民ホール

ルーム音響評価点:33点

※会議室、宴会場、展示会場などがメイン用途のためルーム音響評価を適用しました。

§1,「定在波対評価点:13点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:20点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

リハーサル

2室のリハーサル室を備えている。

大ホール・リハーサル室;床面積219㎡(約132畳)天井高さ?m 

小ホール・リハーサル室;床面積117㎡(約70畳)

和歌山市民会館の施設データ

  1. 所属施設/所有者 和歌山市民会館/和歌山市。
  2. 指定管理者/運営団体 和歌山市。
  3. 開館  完成 1979年

大ホール

  1. ホール様式 変形6角形プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   1スロープ2フロアー 
    • 1,406席 (固定席 1,243席・可動席 155席・車椅子用席 8席)
    、可動床、
  3. 舞台設備 プロセニアムアーチ:間口:18m  高さ:9.0m、ステージ奥行:約12.6m、、ブドウ棚(すのこ)、バトン類、、脇花道、、大・中・小迫り、鳥屋囲い、オーケストラ平台、金・銀屏風、松羽目、竹羽目、鳥の子屏風、反響板、オーケストラピット&エプロンステージ迫り(可動床客席収納)、
  4. 舞台仕様・詳細寸法などに関する仕込み図面集はこちら公式ガイドへ
  5. その他の設備 、フルコンサートピアノ、楽屋x5、、リハーサル室
  6. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイド

小ホール

  1. ホール様式 、プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   1スロープ1フロアー 収容人員 656席 (固定席 537席・可動席 111席・車椅子専用席8席)
  3. 舞台設備 プロセニアムアーチ:間口:14.4m  高さ:7.2m、ステージ奥行:9.0m、ステージ、ブドウ棚、バトン類高、脇花道、仮設花道、仮設能舞台セット、オーケストラ平台、金・銀屏風、松羽目、竹羽目、鳥の子屏風、反響板、オーケストラピット&エプロンステージ迫り(可動床客席収納)、
  4. 舞台仕様・詳細寸法などに関する仕込み図面集はこちら公式ガイドへ
  5. その他の設備 フルコンサートピアノ、楽屋x5、リハーサルルーム、
  6. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイド。

市民ホール

  1. ホール様式 平土間プロセニアム型式舞台付き多目的イベントスペース。
  2. 床面積 24mx16.5m、床面積396㎡(約239畳)天井高さ?m
  3. 客席  収容人員500名 (椅子のみ350名、椅子・机150名)ビニタイル張り。
  4. 舞台設備  幅約17mx3.6m床面積約64㎡(約38畳) プロセニアムアーチ:間口:9m 奥行:3.6m 約32㎡(約19畳)高さ:2.7m、ブドウ棚(すのこ)バトン類、スクリーン。
  5. その他の設備 控室、フルコンサートピアノ
  6. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。

付属施設・その他 

  • 付属施設 、和室x3、音楽実習室x3、練習室x3、特別会議室会議室x3、展示室、レストラン
  • 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。

和歌山県・和歌山市と和歌山市民会館のこれまでの歩みと主な出来事

古代からの名勝地「和歌浦」に対して、秀吉が「和歌山」と命名したことに由来すると伝えられている。


1585年(天正13年) - 豊臣秀吉の命を受けた豊臣秀長により和歌山城築城が開始
1600年(慶長5年) - 関ヶ原で徳川氏に味方した浅野幸長が紀伊国和歌山37万6,000石で和歌山城に入城。
1619年8月28日(元和5年7月19日) - 徳川頼宣が紀伊和歌山55万5,000石で和歌山城に入城し、紀州徳川家を創設。

1871年(明治4年)8月29日 - 廃藩置県により和歌山県設置

1879年(明治12年)1月20日 - 郡区町村編制法の和歌山県での施行により、名草郡・海部郡和歌山城下の区域をもって和歌山区が発足。
1889年(明治22年)4月1日 - 市制の施行により、和歌山区の区域をもって和歌山市が発足。1933年(昭和8年)6月1日 - 和歌浦町ほか6町村を編入。

1900年(明治33年)11月25日:橋本駅 - 粉河仮停車場間が延伸開業(13M44C≒21.81 km)し、和歌山線王寺駅 - 和歌山駅間が全通

1903年(明治36年)3月21日:紀ノ川橋梁が開通し南海電気鉄道・南海難波駅 - 和歌山市駅間が全通。

1915年(大正4年)3月11日:紀見トンネル開通で現南海高野線 塩見橋 - 橋本駅間が開通。

1930年(昭和5年)6月16日:和泉府中駅 - 阪和東和歌山駅間 (40.3 km) が複線電化で延伸開業し阪和線全通

1940年(昭和15年)2月1日 -から1959年にかけて周辺 21町村を順次編入。
1959年(昭和34年)4月1日 - 紀伊村を編入し現在の市域となる。同年7月15日:三木里駅 - 新鹿駅間 (12.3km) が開業し亀山駅 - 和歌山駅(初代)間紀勢本線全通

1968年(昭和43年)4月 - 和歌山県営南紀白浜空港開港

1974年(昭和49年)10月25日 : 阪南IC - 海南IC間 開通(全線4車線)。

1979年 和歌山市民会館 完成

1993年(平成5年)9月25日 : 堺IC - 岸和田和泉IC間 開通(全線4車線)で吹田IC-海南IC間が一本で繋がる。

1997年(平成9年)4月1日 - 和歌山市が中核市に指定。
2004年(平成16年)7月7日 - 「紀伊山地の霊場と参詣道」がユネスコ世界遺産に登録(7月1日に登録が決定)同年10月16日 : 一般国道42号湯浅御坊道路(現阪和自走者道)の広川南IC 開通

2007年 - 「和歌山市中心市街地活性化基本計画」が内閣総理大臣によって認定、同年11月11日 : みなべIC - 南紀田辺IC間 開通(暫定2車線)で阪和自動車道大阪・松原ICー 南紀田辺IC間全通!
2015年(平成27年)7月12日 : 南紀田辺IC - 南紀白浜IC間 開通。(これにより名神吹田IC-南紀白浜IC間が一本で繋がる!)

2017年(平成29年)3月18日 : 紀北西道路・岩出根来IC - 和歌山JCT開通し、紀北西道路全線開通し橋本IC-和歌山JCT間京奈和自動車道開通

ほろ酔い狸の独り言

建て替えビジネスのターゲットに!

1979年完成と微妙な時期(1981年新耐震基準施行前)に完成しているので、(被災より人災に)不安要素はあったが...。

襲来が予告だれている?南海トラフ大震災を口実に、金もないくせに(ほんとのこと言ってすみません?)「和歌山藩士の再就職先確保と地元民党の献金先確保」のため市民そっちのけで『新和歌山市民会館』建設計画を打ち出し市民から大反発を食らって計画が頓挫しているらしい?

2017年5月28日2017年6月17日毎日新聞地方版より)

ホールとは直接関係ないが...

イベント開催者にとっては、和歌山市のアクセスの悪さは致命的でもある?

和歌山市衰退の原点・原因は首都圏からのアクセスの悪さ(動脈硬化)と県・市当局の幹部(患部)の生前硬直化?にある!

とにかく行政(地元民等議員団・市当局者)の「頭がお堅い考えが古い!」。

県南部の白浜町が躍進を続けている中、和歌浦などの景勝地を持ちながら首都圏からのアクセスの悪さ故に資源活用されいない!

ストロー現象?による大阪市都市圏への人口流失ばかりに気を取られ、「公共交通機関」の(新大阪への)アクセスの悪さに気が回っていない!

関西国際空港に頼った外国人観光客の誘致ばかりに気を取られるより、「新幹線利用客(国内観光客)」にも目を向けるべきである。

大阪市民にとっては金ばかりかかり(建設費・維持管理費)余りありがたくない地下鉄・なにわ筋線計画ではあるが(※関連記事はこちら)観光客誘致・企業誘致の決め手であることはだれが考えても「自明の狸(理)」!

大阪府・大阪市をライバル視ばかりしておらずに(元堺県地域)(大阪府の阪南地域&奈良県)と協調して『なにわ筋線・建設推進期成同盟』でも立ち上げてみられてはいかがであろうか?

※1、アクリルエマルションペイント仕上げのプラスターボードについての建材メーカーの解説記事はこちら

公開:2018年4月 4日
更新:2018年9月14日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP




▲このページのトップに戻る
▲和歌山県 の ホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る