旅するタヌキ

王滝森林鉄道復元軌道 《 鉄道 人気スポット ナビ 》松原スポーツ公園

,

Official Website http://www.ontake.jp/places/%E6%9D%BE%E5%8E%9F%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E5%85%AC%E5%9C%92

王滝森林鉄道復元軌道(松原スポーツ公園保存軌道せせらぎ線)のあらまし

(公式施設ガイドはこちら)

長野県の王滝村にある『松原スポーツ公園』(村営)に敷設された施設。

王滝村が『りんてつ倶楽部』(※1)という同好会(任意団体)と協調して、路線と付帯設備(車庫、本線軌道設備、プラットホームなど)を王滝村が、機関車、客車、貨車、レールカーなどの車両設備と設備保全機関庫周辺の構内軌道を「りんてつ倶楽部」が担当し保存鉄道として軽便鉄道を敷設した。

同団体によると『松原スポーツ公園保存軌道せせらぎ線』というのが正式施設名称らしい。

松原スポーツ公園の外周約1.1kmにU字状に軌道が敷設されており、途中松原停車上跡を通過するようにコースが組まれている。

カントも緩和曲線もある本格的な軽便鉄道施設である。

コース両端に停車場と入れ替え設備が有り、機関車の付け替えを行える様にしてある。

保存鉄道であるため、普段は一般には公開されていない。

松原スポーツ公園保存軌道せせらぎ線の歩み

2005年9月上旬から機関庫(作業所)の建設が始まり、12月下旬に建屋が竣工、車両保管庫として使用開始した。

軌道敷設工事(第1期)は同年11月下旬から開始され翌2006年4月15日から機関庫構内整備開始を行い同年11月3・4日の同村公民館祭り開催に合わせ公開運転および「一般人対象試乗会」が開催された。(詳しくは同好会公式サイトで

松原スポーツ公園保存軌道せせらぎ線の保存車両

1960年酒井工作所製DLーA型、1950年酒井工作所製モーターカー、以上王滝村所属。

1979年北陸重機製(DL)、1950年酒井工作所製DLーA型、1952年酒井工作所製モーターカーM型、1963年岩崎レール製モーターカーLM-6A、1975年岩崎レール製モーターカーHM-10、以上りんてつ倶楽部所属。

その他、客車、貨車、など動態、静態車両多数。

詳しくはこちらりんてつクラブWEBサイトで

森林鉄道フェスティバル

2005年に『りんてつ倶楽部』が王滝村から貸与された旧田島停車場跡地に地元村民有志による「王滝森林鉄道の会」のメンバー(元森林鉄道関係者)の実地指導・作業協力を得て約110mの「田島作業所」構内軌道が完成し2005年5月3・4日に第一回『森林鉄道フェスティバル』が同地で開催された。

以後会場を新たに敷設された松原スポーツ公園・王滝森林鉄道復元軌道で2007年、2010年、2013年、2016年と不定期ではあるが『森林鉄道フェスティバル』が開催され、サブイベントとして『試乗会』を併催し一般人にも公開している。

お隣上松町の赤沢森林鉄道(※ガイド記事はこちら)は夏期シーズン中毎日運行を行っており、同村も定期運航を目指しているが同村は予算規模が小さく、人材確保(季節採用)も困難な状況で、現在夏季シーズン復活運行のための支援を呼びかけているところである。(担当部署;王滝村教育委員会

王滝森林鉄道のこれまでの歩み

2005年(平成17年)財政非常事態宣言。2005年5月第1回森林鉄道フェスティバル開催。

2007年 第2回森林鉄道フェスティバル開催。

2010年、第3回森林鉄道フェスティバル開催。
2014年(平成26年)9月27日 - 御嶽山が2度目の噴火。

2013年 第4回森林鉄道フェスティバル開催。

2016年 第5回森林鉄道フェスティバル開催。

その他の松原スポーツ公園の施設

(公式ガイドはこちら) ※以下の施設はすべて有料施設です。

多目的グランド、多目的屋内施設(屋根付き広場)、多目的グランド、多目的ホール2室(有料シャワー施設付き)

松原スポーツ公園のロケーション

ところ  木曽郡王滝村2758-1

王滝村へ入ることができる道路は、木曽町から通じる県道256号および牧尾ダム右岸道路のみとなっている。

じゃらんの周辺観光ガイドはこちら。

松原スポーツ公園へのアクセス

鉄道・バスなどの公共交通

木曽福島駅からバス40分木曽町生活交通システム三岳・王滝線(おんたけ交通)と王滝村営バス田の原線王滝村乗り継ぎ40分

マイカー利用の場合

(※無料駐車設備 あり)

中津川、伊那、塩尻、各インターチェンジより一般道。

王滝森林鉄道復元軌道のある王滝村のあらまし

推計人口、776人/2017年10月1日。

御嶽山のふもと長野県の南西部にある村。

松原スポーツ公園保存軌道せせらぎ線の施設データ

  • 常設規模;延べ面積; 路線全長約1.1km 、カント付・緩和曲線採用、往復コース
  • ゲージ;2 ft6in(762mm)軽便鉄道、本線使用レール15kg/m 
  • 所有車両(動態保存車両) 
  • 運転日;数年に一度公開運転(通常は非公開保線のための非公開運転のみ)、
  • 所属施設/所有者 松原スポーツ公園/王滝村。
  • 指定管理者/運営団体  りんてつ倶楽部。
  • 開園(完成)   2006年11月3・4日第一期工事完成一般公開実施、2007年第2期工事完成
  • 施設主要目的 非公開保存鉄道・(鉄道事業法による軽便鉄道)、
  • 付帯設備  車両格納庫、駅舎、など。
  • 付属施設その他の設備 多目的グランド、多目的屋内施設(屋根付き広場)、多目的グランド、多目的ホール2室

参照覧

※1 、りんてつ倶楽部 の公式サイトはこちら。http://www.geocities.jp/rintetsu_club/

※2、 前回『王滝森林鉄道フェスティバル2016』の公式ガイドはこちら。

公開:2018年4月15日
更新:2018年11月 6日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤沢森林鉄道《 鉄道 人気スポット ナビ 》 赤沢自然休養林TOPくびき野レールパーク《 鉄道 人気スポット ナビ 》 軽便鉄道が走っていた町




▲このページのトップに戻る
▲甲信越 の 保存鉄道 & ミニ鉄道 ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る