旅するタヌキ

【伝統的芝居小屋 ナビ】皆楽座/各務原市 

,

皆楽座

Official Website http://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/17768/toroku-yukei/kairakuza.html

皆楽座のあらまし

中山道鵜沼宿近くの津島神社(各務原市鵜沼羽場町)の境内にある。

各地に残る地芝居ステージの原型

日本全国に残る地歌舞伎(農村歌舞伎)舞台の、典型を今に伝えている。

津島神社の拝殿(神社の知識コムの解説)を兼ねているため、本殿に向かって正面にある。

客席(ホール)部分を持たない形状から、今は屋外ステージ(※紹介記事はこちら)としてサークル活動、ミニコンサートなどのイベント会場等としてとして利用されている。

同じ各務原市にある村国座とは異なり、奉納歌舞伎や子供歌舞伎は行われていない。

皆楽座の施設のポイント

(一般ガイドサイト記事はこちら

地芝居舞台(野外ステージ)

構造は、2階建ての白壁の切妻造である。

小規模な芝居舞台だが、回り舞台、囃子座仮、楽屋、奈落を備えている。

村国神社の拝殿と兼用している施設なので、桟敷席などの客席は設けられていない。

伝統的梁構造屋根

伝統的工法による、立派な建物。

2006年(平成18年)には国の登録有形文化財に登録されている。

各務原市の重要有形民俗文化財。

皆楽座のロケーション

ところ  岐阜県各務原市鵜沼羽場町1-216

アクセス

名古屋鉄道各務原線羽場駅より徒歩12分。

 

  1. 所属施設(所有者) 岐阜県
  2. 運営団体(指定管理者) 各務原市
  3. 開館   1882年(明治15年)頃完成
  4. ホール様式 伝統的梁構造屋根芝居舞台』。
  5. 収容人員 -名
  6. 舞台設備 回り舞台、ブドウ棚、上手囃子場or黒御簾(くろすみ)太夫座(たゆうざ)
  7. その他の設備 
  8. 付属施設 
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  10. 設計  
  11. ゼネコン 
  12. 内装(音響マジック) 

デジタヌの独り言

改修時に補強の為に設けられた、舞台正面の2本の柱が悔やまれる、次回改修時には、軽量鉄骨製の補強梁などを裏面(舞台側)に配し、この柱は撤去することが望ましい。

又、地元民による、地歌舞伎の再興を願う。

公開:2017年10月 9日
更新:2018年8月14日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【伝統的芝居小屋 ナビ】村国座/各務原市 TOP【ホール 音響 ナビ】サラマンカホール ー岐阜県が世界に誇る「クラシック音楽の殿堂」ー




▲このページのトップに戻る
▲岐阜県 の ホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る