旅するタヌキ

【伝統的芝居小屋 ナビ】五毛座 

,

五毛座

Official Website https://www.kankou-ena.jp/ena100/spot/ena048/

五毛座のあらまし

公民館兼地芝居小屋として建設された木造2階地下1階の施設。

公民館の設備として、集会所の和室とし、大広間がある。

五毛座のロケーション


ところ  恵那市飯地町字中下185-1

アクセス

JR中央線「恵那」駅から東濃鉄道バス中野方線「中野方馬越」行きで21分
「河合」乗換、飯地線「入野」行きで19分、「飯地」下車徒歩1分

五毛座のこれまでの歩み

2010年、国の登録有形文化財に登録された(旧飯地公民館)

1983年(昭和58年)新たに公民館が建設され、五毛座は歌舞伎小屋専用となった。

2003年(平成15年)、老朽化により、改修工事が行われた。

現在は、隔年での4月の公演や、9月の敬老公演などの活動を続けている。

五毛座の施設のポイント

折上小組格天井

本花道、1・2階桟敷席、折上小組格天井、そして立派な洋風プロセニアム?等、都会の芝居小屋にも負けない和洋折衷の立派な建物。

公演カレンダー はこちら

  

  1. 所属施設(所有者) 中津川市
  2. 運営団体(指定管理者) 中津川市
  3. 開館   1951年
  4. ホール様式 プロセニアム型式『芝居小屋
  5. 収容人員 -名
  6. 舞台設備 迫り完備、、
  7. その他の設備 花道、

デジタヌの独り言

昭和26年と言えば、朝鮮動乱特需で景気が良かった時期ではあるが、まだまだ町のあちこちに戦争の傷跡が残されていた時代でも有る。

しかも今のように物資が豊富な時代でも無かった!

近隣町村と8町村合併し恵那市になる3年前に飯地村の公民館として村の総力を挙げて建設した芝居小屋?。

その頃に立てられた建物としては折上小組格天井等贅を尽くした建物で、村の誇りであったと思う。

しかし残念なのは、「公民館という建前」で建設されたので、回り舞台・スッポンの設備は見送られた事。

公開:2017年10月 5日
更新:2018年8月14日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【伝統的芝居小屋 ナビ】常盤座 TOP【伝統的芝居小屋 ナビ】東座/岐阜県 




▲このページのトップに戻る
▲岐阜県 の ホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る