旅するタヌキ 

常滑市民文化会館 のガイド

,

常滑市民文化会館

https://www.tokoname-bunka.jp/

常滑市民文化会館のある常滑市のあらまし


推計人口、57,456人/2017年10月1日。

常滑ー金山(名古屋市)28分/600円/31.5km/名鉄

常滑ー(名古屋)ー品川 2時間52分/12110円/名鉄・新幹線

人口は1975年の5万5000人をピークに1975年以降町の主要産業であったINAXの工場縮小にともなう転出者増加で減少を続け5万人まで落ち込んだが、2005年の中部国際空港(セントレア)の開港にともない、減少傾向にあった人口が回復傾向に転じ「新興住宅地の開発」による転入者の増加も手伝い2010年に54,858人と1975年以来の記録を更新し現在2017年10月現在5万7千人の大台に乗りなおも増加を続けている。

年齢別人口比率で見て10代から20代前半の青少年が全国平均を上回り、20代後半から60歳迄の働き盛りが少なく60代後半からの高齢者(リタイア組)が多いかつて繁栄した商工都市の傾向を示している。

前途の「セントレア効果」で転出者は減少しており、残留組の青年層と新たな転入者が人口増を支えている格好に成っている。

常滑市民文化会館のロケーション

ところ  常滑市新開町5丁目65

1953年7月20日 海に面して漁港に開設された「ボートレース常滑」の東側の旧漁港を埋め立て、1983年常滑市保健センター等と共に建設された、常滑漁港に通じる水路際に建設された。

2001年(平成13年): 空港島埋立工事に着工と同時に「ボートレース常滑」周辺も大規模な埋め立て工事が実施され臨空島として整備され、名鉄空港線が「ボートレース常滑」との間に割って入る形となった。

臨空島には名鉄「りんくう常滑駅」も新設され駅周辺にはイオンモール、ニトリ、等の大型商業施設が進出し一大ショッピングセンターと成っている。

常滑市民文化会館へのアクセス

名鉄「常滑駅」より徒歩約9分

常滑市民文化会館が得意のジャンル

  • ミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、有名タレントの座長ショー、現代演劇、伝統芸能、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショー、オーケストラコンサート等ジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

  • またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

常滑市民文化会館の公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

常滑市のこれまでの歩み

現市域を含む知多半島中部では粘土を豊富に産出するため古くから陶器が生産された。

平安時代後期頃から中世にかけて常滑とその周辺で生産され始めた「古常滑」と呼ばれる焼き物は太平洋に沿って日本全国に広まり、北は青森から南は鹿児島まで、全国の中世遺跡において出土する程隆盛を極めた。

戦国時代には、知多郡緒川(現東浦町)の領主水野氏の一族が現市域中心部に常滑城を築き、大野城の佐治氏と伊勢湾東岸の水運を二分していた。

本能寺の変直後に常滑水野氏は明智光秀に味方したことから没落し、佐治氏も四代一成の時に小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉と敵対し大野城を追われた。

安土桃山時代から江戸時代前期にかけて瀬戸焼などに押され衰退した。

江戸時代は尾張藩領に成っていた。

常滑の村村は平地(耕地)が少なく廻船、酒造、木綿生産などの商工業に頼る町衆性格が強く、常滑焼も江戸時代後期になってかつて広く分散していた焼き物の生産地が現市域中心部にあたる常滑村に集中するようになり、焼き物の煙突が立ち並ぶ現市街地の原型が形作られた。

明治時代に土管、タイルなども生産されるようになり、近代的な窯業の町に発展した

1924年創立の地元の現LIXIL旧伊奈製陶は便器など衛生陶器の分野において全国第2位のシェアをほこり、タイルにおいては国内のみならず世界的にもトップとなる大企業に成長した。

1953年7月20日 常滑競艇場開設。

1954年に常滑町、鬼崎町、西浦町、大野町と三和村の4町1村が合併して常滑市が誕生。

1975年町の主要産業である旧伊奈製陶が大幅な工場縮小を行い大打撃を受ける。

2001年(平成13年): 空港島埋立工事に着工。

2005年の中部国際空港(セントレア)の開港で復興に転ずる。

施設面から見たホールの特色

(詳しくはこちら公式公式ガイドへ)

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

常滑市役所分室、中央公民館と同じ建て屋内にある

道路を挟んですぐ西側を「名鉄空港線」の高架線が走っているが、橋脚はお隣の「ボートレース常滑」のインフィールド?にあり「振動」は同レース場のプールで十分に制振されており振動公害の心配は無い、更に東側は旧常滑港に残された「水路」であり、北側は付属の公園、南側は常滑港であり、周囲を水面で制振された形で、ボートレースの騒音しか騒音と呼べる物が無いほどの好立地にある。

緩やかなスロープの1階メインフロアーと両翼が前方に張り出した2階バルコニー席から成る、天井の高い2層のプロセニアム型多目的ホール。

1980年代猛威を振るった「石壁インフルエンザ?」に感染しホール後方大向こう背後壁とステージ反響板以外の側壁は前面「打ち放しコンクリート壁」と成っている、いわゆる「エコールーム仕様(※1)」

丁寧に対抗並行面を封じ込んだ異形壁

内傾スラントを基本に、立体的にアンギュレーションを付け、まるで「オリガミ細」のように丁寧に且つ徹底的に対抗する並行面を封じ込んである。

ホール背後に拡がる前面吸音壁

ホール背後壁面は、1・2階共に音響格子で表装された吸音壁。

脇花道背後を完全に覆う巨大な打ち放しコンクリートプロセニアム

上縁には丁寧に折れ上がるコーナー反響板が設えられている。

天井は扇形を利用為たアンギュレーションを持たせた大型プラスターボード反響板。

ホール音響評価点:52点

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

内訳

定在波対策評価点:20点/40点満点(※客席周辺平行壁はx0.5が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:5点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:15点/20点満点

客席配置 12点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8が持ち点と成ります、この壁で壁際は地獄?)

リハーサル室

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

片流れ天井で音響にも配慮したリハーサル室がある。

ホール音響評価点:98点

内訳

定在波対策評価点:49点/50点満点(ルーム低層部に1対以上のプレーンな並行壁がある場合は持ち点はx0.5と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:49点/50点満点(ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は持ち点はx0.5と成ります)

施設データ

  1. 所属施設/所有者 常滑市民文化会館・中央公民館/常滑市。
  2. 指定管理者/運営団体 (株)ケイミックスパブリックビジネス/常滑市。
  3. 開館   1983年11月。
  4. ホール様式 プロセニアム型式多目的ホール。
  5. 客席    2フロアー、収容人員 1,181席、1階平土間中央部千鳥配列、
  6. 舞台設備  、プロセニアムアーチ:間口18メートル、奥行18メートル、高さ9メートル、ブドウ棚(すのこ)、脇花道、大・小迫り、反響版、オーケストラピット&エプロンステージ迫り(可動床客席収納)、スッポン迫り付き本花道迫り(客席収納設備付き)、
  7. その他の設備 パイプオルガン
  8. 付属施設  楽屋x6、リハーサルルーム、練習室X3、市民ギャラリーX2、
  9. 中央公民館(美術工作室、料理室、視聴覚室、学習室X、会議室、和室X3、水屋など。
  10. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。

デジタヌの独り言

総評

丁寧な設えの「巨大エコールーム」である。

これだけ丁寧に対抗並行壁面をキャンセルした努力は認められるが...。

今後、ボートレースで上がった水揚げでホール全周を「グルーブ加工」木質パネルで表装し、随所に木質の「音響拡散体」を散りばめれば素晴らしい音響の「藝術ホール」に変身?出来る「未知数」は残されている!

...が現状では単なる「耳触りな反響渦巻く煩い」ポップス専用アリーナに過ぎないと言える。

※1エコールームに関する「音工房Z」さんの解説記事はこちら。

公開:2018年2月 3日
更新:2018年4月 5日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

460名古屋市青少年文化センター(アートピア)のガイドTOP477東海市芸術劇場 のガイド




▲このページのトップに戻る
▲愛知県へ戻る