旅するタヌキ

【ホール 音響 ナビ】東海市芸術劇場 

,

東海市芸術劇場

https://www.tokai-arts.jp/

市街地再開発事業で建設された再開発ビル『ユウナル東海』の中にある複合施設。

東海市芸術劇場のある東海市のあらまし

愛知県の知多半島の付け根に位置する市である。

推計人口、113,015人/2017年10月1日。

太田川-金山(名古屋市)12分/400円/14.5km/名鉄

太田川-名古屋-品川 2時間9分/11850円/377.3km/名鉄・JR新幹線

名古屋南部臨海工業地帯の一角を形成し、愛知製鋼、大同特殊鋼、新日鐵住金、等中部圏最大の鉄鋼関連産業で栄え「鉄鋼のまち」として知られる。

2000年以降も順調人口が伸び10万人を突破し11万人台を推移している。

年齢別人口比率では20代から40代のいわゆる働き盛りのヤングジェネレーションが全国平均を大幅に上回り、それにともなって10代未満の幼年層も多い大都市近郊住宅地のパターン。

長年農耕には適さなかった西部に拡がる小高い丘陵地、嘗ての「みかん畑」や「雑木林」の宅地化が「転入組」を増やし若年層の増加にも貢献している結果に繋がった。

逆に40代後半からの壮年・後年齢層は全国平均を大幅に下回り、若さに満ちた活気のある町となっている。

古来から典型的な漁村で「海老せんべい」を尾張藩主に献上していた海老せんべいの老舗、坂角総本舗の本社兼本店がある。

東海市芸術劇場のロケーション

ところ  愛知県東海市大田町後田110番1他53筆

名鉄常滑線と河和線の分岐駅名鉄「太田川駅」西口再開発事業で2015年10月4日に完成した地下1階、地上16階の複合施設「ユウナル東海」の北側部分の地上5階建の文化施設棟に有る施設。

同再開発で北側にはアラスパ太田川、西側には日本福祉大学東海キャンパス、太田公園等が整備され、「ユウナル東海」は農耕地であった駅西エリアの市街地化の目玉施設と成っている。

アクセス

名鉄名古屋駅から中部国際空港・河和・内海方面の「特急」で約15分。
名鉄太田川駅南口。

東海市芸術劇場がお得意のジャンル

大ホール

  • 名古屋フィルハーモニー交響楽団と「東海市ひとづくりパートナーシップ協定」を締結し、オーケストラ等クラシック音楽の演奏会などを提携して進めて行くことになっている。
  • コンサート以外にもミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、有名タレントの座長ショー、現代演劇、伝統芸能、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショー等ジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。
  • またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

多目的ホール

  • 主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられ、ジャズコンサート、小編成バンド、のコンサートや落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンスショーなどジャンルに拘らないバラエティーに富んだ催しが行われている。

東海市芸術劇場の公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

愛知用水によって発展した東海市のこれまでの歩み

1889年(明治22年)10月1日 - 横須賀村が町制施行。横須賀町となる。
1906年(明治39年)5月1日 - 横須賀町、大田村、加木屋村、高横須賀村、養父村が合併し、横須賀町となる。
1906年(明治39年)9月1日 - 名和村、荒尾村、富木島村が合併し、上野村が発足。

1940年(昭和15年)3月8日 - 豊田自動織機製作所製鋼部門が独立し、豊田製鋼株式会社設立

1943年(昭和18年)5月 -豊田製鋼(株) 知多工場操業開始
1945年(昭和20年)11月 - 豊田製鋼(株)→愛知製鋼株式会社に社名変更

1955年10月:愛知用水公団設立。

1957年11月:愛知用水着工。

1958年(昭和33年)9月1日 -愛知用水着工を機に 富士製鐵、愛知県などの周辺自治体、トヨタ自動車を中心に中部財界共同出資で東海製鐵株式會社を設立。
1960年(昭和35年)7月23日 - 東海製鐵(株)愛知用水完成を見すえて起工式を行う。

1961年,愛知用水完成。この後一大農産地へ転換し豊富な工業用水に支えられ鉄鋼基地と成っていった。

1963年 大同特殊鋼知多工場第二期工事完成

1967年(昭和42年)8月1日 - 東海製鐵が富士製鐵に合併、同社の名古屋製鐵所として発足。
1969年(昭和44年)4月1日 - 横須賀町と上野町が合併し、東海市となる。

1980年 514席の小規模ホールを持つ文化センター開館。

2003年(平成15年)3月 中部国際空港「セントレア」開港を見すえて輸送力増強の一貫として太田川駅周辺高架化及び増線工事開始。

2005年2月17日に中部国際空港「セントレア」開港。

2011年12月名鉄初となる3層構造の高架駅賭して完成。

2012年(平成24年)3月に駅東側の駅前広場が完成。

2015年10月4日東海市芸術劇場が入る西口再開発事業の複合施設「ユウナル東海」が完成。「東海市芸術劇場」が開館。

施設面から見たホールの特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

東海太田川駅西地区第一種市街地再開発事業で2015年10月4日に開館した地下1階、地上16階の複合施設「ユウナル東海」の地上5階建の文化施設棟に有る施設。

大ホール

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

平土間に近い緩やかなスロープから続くスロープを持つ1階メインフロアーと、両翼から前方にサイドテラスが伸びた比較的急峻な2階バルコニーを持つ2層のフローリングの床を持つプロセニアム型多目的ホール。

2階バルコニー下の1階大向こう後方に親子室、多目的観覧席、調整室を設け、階下へのオーバーラップが最小になるようにデザインされている。

ホール側壁は上層で大きく内傾させた木質パネルの反響板を間隔を空けて設えて有る。

ホール後方壁面は立て格子で表装した吸音壁。

2階フロアー上部に大型の木質コーナー反響板をセットしてある。

天井は基本照明ブリッジを露出させ下面を反響板で覆った流行のデザイン。

ホールサイドの照明コラムも露出タイプ。

自走式の可変容積タイプの反響板設備

ご自慢の自走式の可変容積タイプの反響板設備で、奥行きが変更可能なステージ反響板を設備している。

最も浅くセットした場合、プロセニアム上縁前面反響板とそれにつずく天井反響板でホール一体型オープンステージのコンサートホールと成る流行のデザイン。

ホール音響評価点:89点

(※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

内訳

定在波対策評価点:39点/40点満点(※客席周辺プレーンな平行壁はx0.5が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:18点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:12点/20点満点

客席配置 20点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8が持ち点と成ります、この壁で壁際は地獄?)

多目的ホール

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

ロールバック客席収納システムを備えた3階吹き抜け相当の平土間多目的イベントルーム。

片面が(音響カーテン付き)ガラス窓で中庭が望めるデザイン。

木質の立て棧で表装された塗装仕上げの一般家庭用石膏ボード反響板を壁材としている。

天井は音響拡散体を兼ねた前後間隔調整可能な剥き出しの照明ブリッジを吊す流行のデザイン。

3階フロアー相当部分の客席周辺にキャットウォーク(犬走)テラスを備えている。

ホール音響評価点:70点

内訳

定在波対策評価点:20点/40点満点(※客席周辺プレーンな平行壁はx0.5が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:18点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:12点/20点満点

客席配置 20点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8が持ち点と成ります、)

リハーサル室

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

床面積228㎡(約138畳)の前面フローリング床の3階吹き抜け相当の高い天井を持つ良質のリハーサル室。

片流れの天井、アンギュレーションを持たせたガラス窓側壁、反対面は1面鏡張りの低層部とアンギュレーションを持たせた反響板で表装した上層部側壁を持つ。

ホール音響評価点:96点

定在波対策評価点:48点/50点満点(ルーム低層部に1対以上のプレーンな並行壁がある場合は持ち点はx0.5と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:48点/50点満点(ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は持ち点はx0.5と成ります)

練習室

フローリング床の床面積215㎡(約130畳)の大練習室と、同じく床面積150㎡(約90畳)の中練習室1、リノリウム床のダンス、演劇用の床面積92㎡(約55.5畳)の中練習室2等4つの練習室とバンドスタジヲ、ダンス・演劇練習用のパフォーマンス室等多種の練習ルームを設備している。

特に大練習室は2階吹き抜け相当の高い天井で、リハーサル室同様に音響的配慮も行き届いている。

大練習室音響評価点:45点

定在波対策評価点:25点/50点満点(ルーム低層部に1対以上のプレーンな並行壁がある場合は持ち点はx0.5と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:20点/50点満点(ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は持ち点はx0.5と成ります)

施設データ

  1. 所属施設/所有者 東海市芸術劇場/東海市。
  2. 指定管理者/運営団体 ?/東海市。
  3. 開館   2015年10月4日

大ホール

  1. ホール様式 、プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   2フロアー 収容人員 固定席:1,025席、1階席:711席(車椅子席6席を含む)、2階席:314席2階テラス席(桟敷席)、可動床、1階平土間中央部千鳥配列、親子観覧室、多目的観覧室
  3. 舞台設備 、2面舞台相当:幅37.5m、奥行14.5m、プロセニアムアーチ:幅18m、高さ9m~13.5m ブドウ棚(すのこ)、可動プロセニアム、走行式音響反射板は、演目の規模に合せて、奥行き調節可能。
  4. その他の設備 、楽屋x7、主催者控室、リハーサルルーム、

多目的ホール

  1. ホール様式 平土間・型式多目的イベントホール。
  2. 客席   1フロアー 収容人員 274席 (、ロールバックシステム収納席175席)可動床、
  3. 舞台設備 オープンステージ(迫りステージ9mx3.6m&仮設ステージ)。
  4. その他の設備 、楽屋x3、

付属施設・その他 

  • 付属施設 、練習室x4、展示室x2、会議室x2、美術室x、和室、ミーティング室2、パフォーマンス室、バンドスタジヲx2、その他
  • 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。

デジタヌの独り言

大ホール奥行き可変形ステージ反響板は良いアイデアではあったが、大編成オーケストラにも対応可能な「エプロンステージ」迫りも欲しかった。

公開:2018年2月 3日
更新:2018年8月14日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ホール 音響 ナビ】常滑市民文化会館 TOP【ホール 音響 ナビ】一宮市民会館 




▲このページのトップに戻る
▲愛知県 の ホールナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る