旅するタヌキ 

名古屋市青少年文化センター(アートピア)のガイド

,

名古屋市青少年文化センター(アートピア)

https://www.bunka758.or.jp/scd03_top.html#

アートピアのあらまし

地上23階、地下4階、高さ108mのビジネスセンタービルと国際デザインセンターとアートピアが同居する地上12階、地下4階、高さ70mのデザインセンタービルとで構成されているナディアパーク」の中にある施設。

アートピアのロケーション

名古屋の看板ストリート「テレビ塔」通りと名古屋市科学館や美術館のある白川公園に挟まれた一角にある「矢場公園」に面している。

周辺は名古屋の中心オフィスビル街である。

アートピアが得意のジャンル

  • オーケストラコンサート、以外にもミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、有名タレントの座長ショー、現代演劇、伝統芸能、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショー等ジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

  • またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

アートピアの公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

アートピアへのアクセス

ところ  愛知県名古屋市中区栄3-18-1

最寄りの駅 名古屋市営地下鉄名城線「矢場町駅」より徒歩約5分。
名古屋市営地下鉄東山線「栄駅」より徒歩約7分。

施設面から見たホールの特色

(詳しくはこちら公式ページ)

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

地上12階、地下4階、高さ70mのビルにと国際デザインセンターと同居している。

オーケストラピットにも成る平土間部分とそれに連なるスロープを持つメインフロアーと2階バルコニーからなる、2層のプロセニアム形式多目的ホール。

僅かに内傾させた側壁

客席周辺はプレーンな打ち放しコンクリート、上層部壁面はアンギュレーションを持たせた「プラスターボード」反響板で表装されている。

ホール背面は調整室、親子室の硝子窓以外1・2階全て、音響グリルで表装された吸音壁。

大型分割波状反響板で表装された高い天井

脇花道を持つ2面舞台相当の広いステージ

脇花道を持つ2面舞台相当の広いステージを持ち、アマチュア演劇団体にもよく利用されている。

ホール音響評価点:78点

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

内訳

定在波対策評価点:40点/40点満点

残響その1(初期反射)対策評価点:8点/20点満点

残響その2(後期残響)への配慮評価点:10点/20点満点

客席配置 20点/20点満点

施設データ

  1. 所属施設/所有者 デザインセンタービル/名古屋市。
  2. 指定管理者/運営団体 (公財)名古屋市文化振興事業団/名古屋市。
  3. 開館  開業 1996年(平成8年)11月 (竣工 1996年(平成8年)10月)

  4. ホール様式 プロセニアム型式多目的ホール。
  5. 客席    2フロアー、収容人員 742名、
  6. 舞台設備  2面舞台相当間口約30m、プロセニアムアーチ:間口:15m 奥行:12.5m 高さ:6.45~8.65m、ブドウ棚(すのこ)、脇花道、大・小迫り、可動プロセニアム、可動反響版、オーケストラピット(可動床迫り)、
  7. その他の設備 
  8. 付属施設  楽屋x5、和室楽屋、主催者控え室、リハーサル室、ホワイエ、研修室x5、音楽練習室x3,練習室x3、スタジオx2、その他。
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  10. 設計  大建設計・KMD・ダブルスマーケティング。
  11. ゼネコン  戸田建設・竹中工務店・大日本土木・矢作建設工業・三菱建設・ナカノコーポレーション・福田組・熊谷組・浅沼組・太平工業・大豊建設・伊藤工務店のJV
  12. 内装(音響マジック) 

デジタヌの独り言

見栄っ張り名古屋市の象徴的施設、外観は立派だが「ホール」はお粗末な安普請。

せめて、客席周辺だけでも「木質パネル」を使って欲しかった。

公開:2018年1月28日
更新:2018年4月 5日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

444岡崎市シビックセンター・コロネット のガイドTOP479常滑市民文化会館 のガイド




▲このページのトップに戻る
▲愛知県へ戻る