旅するタヌキ 

名古屋市芸術創造センター のガイド

,

名古屋市芸術創造センター

"芸術が生まれる。文化を感じる。名古屋の文化芸術創造拠点。"

<公式サイトより引用>

名古屋市芸術創造センターのあらまし

もしかしたら「芸術が埋まれる、文華を勘ぐる、名古屋の分化藝術想像キョトン?」...。

とにかく「愛知県芸術センター」と並んで凄い施設。

名古屋市芸術創造センターこれまでの歩み

名古屋法務局の移転後の跡地を再開発することにより建設された。

1983年(昭和58年)11月3日に開館した。

名古屋市芸術創造センターが得意のジャンル

  • オーケストラコンサート、オペラ、バレエ,ミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、、現代演劇、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショーまでジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

  • プロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

名古屋市芸術創造センターの公式Webサイト&公演チケット情報

http://www.bunka758.or.jp/scd02_top.html

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

名古屋市芸術創造センターへのアクセス

ところ 愛知県名古屋市東区葵一丁目3番27号

最寄りの駅  名古屋市営地下鉄東山線「新栄町駅」下車、徒歩約3分。

施設面から見たホールの特色

(詳しくはこちら公式ページ)

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

構造は鉄骨鉄筋コンクリート構造の地上6階、地下2階建て、客席数640席のホールのほかに、リハーサル室、練習室2室、大会議室、中会議室、小会議2室、資料室を備えている。

6角堂xホール客席周囲内壁4面打放しコンクリート????!!!!

もの凄い設えのホールである。

一事で言わせていただければ「巨大エコールーム」(※1)

2段階の「アダプタブルステージ」採用

1階平土間席が490席432席402席と三段階に変化する。

客席背後壁

1・2階共天井から続く「コーナー吸音板?」と1面音響簀の子?で表装された「吸音壁」と成っている...。(こうでもしないと...)

トラスで表装?された吸音天井

こちらもトラス格子?で吸音材(圧縮ボード?)を支えている。

定在波(※1)気休め対策?

客席左右壁面の「対抗並行面」対策は皆無!。

天井と1階フロアーの対抗面を少なくする為?に2階建てバルコニー形式で有るにもかかわらず、1階後半(大部分)は急峻なスロープと成っている。

更に滅多に使われないステージ反響板?

はっきり言って急峻な1階スロープもあまり効果は無かったようで、「音を大事にする団体?」はステージ反響板(反狂乱板?)は用いず、緞帳と「拡張ステージ」を用いているようである。

ホール音響評価点:46点

§1,「定在波対」策評価点:10点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:5点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:15点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:16点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

6角型のリハーサル室?

高い天井(4.8m)を持つ278㎡(約168畳)天井高さ4.8mのもの凄い音響のリハーサル室。

定在波のせいで、聞こえない「パート」が続出しているとか?

バレエ・ダンスレッスンバーを装備した壁面ミラー(カーテン付き)を備えている。

フルコンサートピアノ

全周有孔音響ボードで表装された遮音(吸音)構造を持ち、

ルーム音響評価点:24点

§1,「定在波対評価点:12点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:12点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

詳細データ

  1. 所属施設/所有者 名古屋市芸術創造センター/名古屋市。
  2. 指定管理者/運営団体  (公財)名古屋市文化振興事業団/名古屋市。
  3. 開館   1983年11月3日
  4. ホール様式 プロセニアム型式多目的ホール。
  5. 客席    2フロアー、収容人員 640席、可動床、
  6. 舞台設備 、プロセニアムアーチ:間口:19m 奥行:13、16、20.8m/三段階 (9.5m可動反響版使用時)高さ:8.6~約10m、ブドウ棚(すのこ)、小迫り、可動プロセニアム、エプロンステージ・オーケストラピット(可動床)、オーケストラひな壇(可動分割迫り)脇花道、
  7. その他の設備 
  8. 付属施設  楽屋x6、スタッフルーム、リハーサルルーム、会議室x4、練習室x2、資料室
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  10. 設計  名城大学建築学科教員安藤洋、田賀幸子、及びゼミ学生で編成されたチーム。
  11. ゼネコン 淺沼組
  12. 内装(音響マジック) 

デジタヌの独り言

1983年の策貧だから致し方無いと言えば、第1次六角堂ブームが去って20年も経ているのに、全く「名古屋市」のデザインコンペ担当者のセンスを疑いたくなる!

確かに前年の1982年がぜ1983年と言えば、ザ・シンフォニーホール が出来てやっと残響の概念(※2)と共にが近代音楽ホールセオリー・音響設計(※3)が確立しかけていた時期なので、致し方無いと言えばそれまでだが、1960年の旧京都会館建設以来20年以上経過していたわけで、経験的に「大成功を納めた」ホールが皆無と言って良い状態で「六角堂信奉」もやや「??」の時代になって来ていたはずで、イクラ音響音痴?のど素人グループの「策貧」にしても酷すぎる。

ホールは「演ずる場所」で単なる「モニュメント」では無い!

と再度申し上げておく。

※1、定在波の悪影響に関するnatuch音響さんの解説記事はこちら。

※2エコールームに関する「音工房Z」さんの解説記事はこちら。

※3、残響(初期反射と後期残響)についてのWikipediaの解説はこちら。

※4、関連舞台解説記事「芸術ホール設計のセオリーとは?」はこちら。

※5、関連記事「夢殿」は夢見ても設計するな!はこちら。

公開:2018年1月 3日
更新:2018年4月 5日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

447碧南市芸術文化ホール のガイドTOP460日本特殊陶業市民会館 フォレストホール のガイド




▲このページのトップに戻る
▲愛知県へ戻る