旅するタヌキ 

名古屋市瑞穂文化小劇場 のガイド

,

名古屋市瑞穂文化小劇場

http://www.mizuho-playhouse.jp/index.html

名古屋市瑞穂文化小劇場のあらまし

名古屋市文化小劇場14番目の施設として2015年に新瑞穂図書館と共に開館した、349席の小劇場。

客席周辺壁面全面木質パネルを採用した「心地良い韻」が自慢のホール。

名古屋市瑞穂文化小劇場のこれまでの歩み

2015年、瑞穂図書館の新築移転に伴い開館。

2018年4月より、開館以来の指定管理者「愛知県舞台運営事業協同組合」から名古屋市文化小劇場グループの運営を一手に引き受けている(公財)名古屋市文化振興財団の変わった。

名古屋市瑞穂文化小劇場のロケーション

ところ  名古屋市瑞穂区豊岡通3丁目29番地.

厚田神宮で有名な熱田区の東隣りの瑞穂区、ほぼ中央にある瑞穂運動公園の南西角、山手グリーン道路と山崎川市道に囲まれた一角にある、図書館と同居している文化施設。

アクセス

地下鉄桜通線瑞穂運動場西駅2番出口
地下鉄名城線瑞穂運動場東駅 3番出口
地下鉄名城線・桜通線新瑞橋駅 5番出口
いずれも徒歩8分
市バス「瑞穂図書館(瑞穂文化小劇場)」下車

名古屋市瑞穂文化小劇場が得意のジャンル

  • 主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会等、小編成の室内楽コンサートなども行われている。クラシックコンサート以外にも、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、現代演劇、伝統芸能、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショー等ジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。
  • またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

名古屋市瑞穂文化小劇場の公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

施設面から見たホールの特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

周囲を運動公園と住宅地で囲まれ、山崎川の畔という好立地にある。

特徴

3階吹き抜け相当の高い天井を持つ、緩やかな1スロープのプロセニアム型多目的ホール。

2面舞台相当の広いステージを持ち,床山を備え「伝統芸能」にも対応している。

客席周辺壁面全面木質パネルを採用した心地良い韻が自慢のホール。

客席周辺低層部は「斜めに走ったグルーブ材」の上部の要所に逆流れの3角形部分を配し、中上層部は僅かに外傾スラントさせたパネルに幾何学的な異形材を帷子風に段差を付けて貼り付けて音響拡散効果を狙っている。

ホール背後壁は全面立て格子で表装されており一部が吸音壁と成っている。

大向こう通路上部にホールに突出したデザインで「親子室」と調整室が設けられている。

天井は側壁から「折上げた」凹部を持つ一体型のプラスターボード反響板。

ステージ反響板はトラディッショナルな従来型軽量タイプであるが、木製のプロセニアム上縁前部には大型のコーナー反響板が設置され「ステージ反響板」と急激な断面積変化が怒らないように配慮されており、最新型のオープンステージ一体型コンサートホールと同等の音響効果を得ている。

数ある名古屋市文化小劇場の中でも名古屋市熱田文化小劇場 (※ガイド記事はこちら)と並んで優れた音響の「コンサートホール」である。

と言う事で文句無しで、狸穴総研・音響研究工房・『厳選後世に伝えたい・真の銘ホール50選』に選ばせていただく。

ホール音響評価点:100点!

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

内訳

定在波対策評価点:40点/40点満点(※客席周辺がプレーンな平行壁はx0.5が持ち点と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:20点/20点満点(※客先周辺石材壁の場合はx0.5が持ち点と成ります)

残響その2(後期残響)への配慮評価点:20点/20点満点

客席配置 20点/20点満点(※客席周辺石材壁の場合はx0.8が持ち点と成ります、)

練習室室

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

ダンス・バレエレッスン用の手摺りの付いた、フローリング仕上げの丁寧な設えの練習室を持つ。

ルーム音響評価点:50点

内訳

定在波対策評価点:25点/50点満点(ルーム低層部に1対以上のプレーンな並行壁がある場合は持ち点はx0.5と成ります)

残響その1(初期反射)対策評価点:25点/50点満点(ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は持ち点はx0.5と成ります)

施設データ

  1. 所属施設/所有者 名古屋市瑞穂文化小劇場/名古屋市
  2. 指定管理者/運営団体 2018年4月より、(公財)名古屋市文化振興財団名古屋市
  3. 開館   349席+車椅子席2席(315席+車椅子席9席に変更可能)
  4. ホール様式 プロセニアム型式多目的ホール。
  5. 客席    1フロアー、349席+車椅子席2席(315席+車椅子席9席に変更可能)
  6. 舞台設備  プロセニアムアーチ:間口13m×奥行13m、反響板、
  7. その他の設備 
  8. 付属施設  楽屋x2、床屋、練習室、
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。
  10. 設計  
  11. ゼネコン 
  12. 内装(音響マジック) 

公開:2018年2月 4日
更新:2018年4月 5日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

461名古屋市東文化小劇場 のガイドTOP440穂の国とよはし芸術劇場PLAT




▲このページのトップに戻る
▲愛知県へ戻る