旅するタヌキ

刈谷市総合文化センター アイリス 《 ホール 音響 ナビ 》刈谷国際音楽コンクールなど箱物だけでは無いイベントにも積極的な自治体が運営する施設

,

アイリス

Official Website https://kariya.hall-info.jp/index.php

アイリスのあらまし

三河の交通の要、JR・名鉄の重要なハブステーション刈谷駅の南地区第一種市街地再開発事業で整備された施設。

刈谷市総合文化センターは刈谷市の新な文化活動のシンボルとして2010 年4月にオープンしました。市民の皆様に長きにわたり親しまれてきた旧刈谷市民会館(1965年開館)の愛称「アイリス」を引き継ぎ、ホールを備える生涯学習施設として刈谷市の文化の発展を担います。<公式サイトより引用>

アイリスのロケーション

ところ  刈谷市若松町2丁目104

三河の玄関口刈谷駅とペデストリアンデッキで繋がっている、近くには刈谷合同庁舎、刈谷市美術館などの施設がある。

アイリスへのアクセス

鉄道・バスなどの公共交通

最寄りの駅 JR東海道本線・名鉄三河線 刈谷駅南口よりウイングデッキ直結徒歩3分

マイカー利用の場合

※半有料(大ホール利用者4時間まで無料)の専用駐車設備 (収容台数 610台) があるのでマイカー利用も出来る。

伊勢湾岸道自動車道豊明IC.より約14分/7.9km

東名高速道豊田IC.より国道155号線経由約25分/16.4km

アイリスがお得意のジャンル

大ホール

刈谷市の誇るローカルイベント?刈谷国際音楽コンクール(※イベントガイド記事はこちら。)のメイン会場となっている。

オーケストラコンサート、バレエ、ミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、有名タレントの座長ショー、現代演劇、伝統芸能、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショーまでジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

小ホール

主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられ、ジャズコンサート、小編成バンド、のコンサートや落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンスショーなどジャンルに拘らないバラエティーに富んだ催しが行われている。

アイリスの公演チケット情報

大ホールで催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

小ホールで催されるコンサート情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

アイリス以外の愛知県の劇場

『愛知県下にある公共ホールのまとめ』ページはこちら。

愛知県 の周辺観光スポット&イベント情報

『リニア・鉄道館』などの『中部エリアの観光スポットまとめ』記事リンクはこちら。

『豊橋祇園祭』や鉄道イベントなどの『東海エリアの観光イベント情報』はこちら

『ベルギービールウィークエンド名古屋』などの『東海エリアのお酒イベント情報』はこちら。

『刈谷国際音楽コンクール』などの『東海エリアの音楽イベント情報』はこちら。

全国芸術祭情報はこちら。 

刈谷市の周辺観光案内

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

愛知県の特産品&名物

『納屋橋まんじゅう』など愛知県の名産品 ナビはこちら、『醸し人九平次』など愛知県の銘酒 ナビはこちら、『金しゃちビール』など東海エリアの地ビール ナビはこちら

施設面から見たホールの特色

(公式ガイドはこちら)

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

大ホール

公式施設ガイドはこちら

緩やかな前半部と比較的急峻な後半をもつメインフロアーと両翼からサイドテラスを伸ばした2階バルコニー席で構成された多目的ホール。

木をふんだんに使った扇形プロセニアム形式のホールで、日本の音楽史に残る?初代・フェスティバルホールを彷彿とさせる扇形ホール。

大型重量級の音響反射板と共に、コンサートホール並みの音響を誇る三河地区きっての多目的ホール。

勿論1階フロアー部は見通し良い千鳥配列座席。

(※、ちなみに椅子はあまり評判が伝わってこない現2代目「フェスティバルホール」と同じものだとか...)

客席周辺壁面は低中層部共に角材を横に並べたような木質パネルをアンギュレーションをもあせて表層されている。

1階大向こ通路背後壁は、下部は音響ネットで表層された吸音壁。上部は側壁と同じ設え。

2階バルコニー背後は下部にあたる出入り口ドアーの上縁までの高さ部分が縦棧で表層されたいわゆるグルービングパネルを(屏風状に)大胆なアンギュレーションを持たせて配置し、上部は周辺壁面と同じ壁面となっている。

更に壁面全体が緩やかなカーブを描く凹面となっている。

天井は全体が横方向に緩やかに湾曲したプラスターボード製の大型反響板をホール前部に向かって高くなるように設置している。

プロセニアムは大型の木質で、上部のみ可変機構(可変板)が設置されたセミ可変プロセニアムでポロセニアム上縁の前縁には大型のコーナー反響板が設置されている。

2010年の作品にしては、古典手法と今風のデザインが混在したステージ反響板で、ホールとは隙間無く繋がるタイプではあるが、奥行きの深い、割と断面積が急変するでザインなので、多少癖のある音響(洞窟音;籠り音)となっている。

大ホール音響評価点:94点

§1,「定在波対」策評価点:40点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:18点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:20点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:16点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

総評

素性の良い基本デザインなので、今後可動床部を生かしてエプロンステージとし、ステージ反響板を中迫りに拘らずに、奥行きの浅い物に換装するか...大きなステージ容積を理して、東京国際フォーラムホールC(※ガイド記事はこちら)のように隙間だらけの反響板に変え、「音響チャンバーバランス法」を用いるなどすれば「ダクト効果による籠もり音が解消され、更に素晴らしいホールとなるであろう。

小ホール

(公式施設ガイドはこちら)

3階吹き抜け相当の高い天井を持つ、大ホール同様の立派な設えのホール。

可動反響板でホール1体型シューボックス型ホールとなる平土間の多目的スペース.。

ロールバック、可動床席併用の多目的ホールではあるが、天井が高く、残響(初期反射&後期残響)にも十二分に配慮された、優れたホール。

基本、ホール中央部の9分割アダプタブル沈降床を階段状に下げ、オープンステージのシューボックスホールとして使用する事を前提にしてデザインされたホールであるが、ステージ左右の陽動反響板を開いて、プロセニアムモードにすると、最大幅21.8mと2面舞台相当の袖舞台と脇花道を備えた立派なプロセニアムステージとなる。

ホール客席周辺壁面はサイズの異なる立て格子で表層された2重構成の壁、上層部は空調ダクトを兼ねた柱を取り込んだ幅の広いキャットウォークテラスになっており、最前部にむき出しの照明コラムが設えられて要る流行の手法、柱は塗装仕上げの一般建築用石膏ボードで表層されている。

ホール後方は、親子室と調整室になており、前面下部(大向こう通路背後)は

縦棧で表装したグルービングパネル。上部の各室前面窓ガラス部以外は音響ネットで表装された吸音パネルになっている。

天井はストラクチヤーむき出しの流行の手法で、照明ブリッジの下面のみ反響板で覆うやり方。

ステージ反響板は、背面が固定、両サイドが陽動タイプの半固定、天井が釣り下げタイプで、ホール室内と同意匠でデザインされている。

ホール音響評価点:82点

§1,「定在波対」策評価点:24点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:20点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:19点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:19点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

リハーサル室

(公式施設ガイドはこちら。)

2室のリハーサル室、を備えている。

第1リハーサル室、;幅約16.2mx奥行約14.8m、床面積約240㎡(約145畳)天井高さ;約6.2m。

Pタイル床だが2階吹き抜け相当の高い天井を持つルーム、低層部壁面は縦棧を施した木質パネル(1分格子で表装した吸音壁)表装されている。

高層部は周囲に金属ネットで表装したキャットウォークを巡らせ、天井は照明ブリッジを露出させた流行の手法。

スタッキングチェアーを用いいてお稽古事の発表会などにも使用できる施設。

ヤマハ FCセミコンサートピアノを常備している。

第1リハーサル室ルーム音響評価点:50点

§1,「定在波対評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

第2リハーサル室、;幅約15.7mx奥行約9.5m、床面積約149㎡(約90畳)天井高さ;約4m フローリング床、壁面ミラー(カーテン付き)対向面にバレエ・ダンスレッスンバーを備え、アップライトピアノヤマハ C5、を装備している。

壁面一部有孔音響ボードで表装された遮音(吸音)構造を持ち、ヴォールト(蒲鉾天井)天井、を持つ前面木質パネルで表層された丁寧な設えになっている。

第2リハーサル室、音響評価点:50点

§1,「定在波対評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。
総評

両室ともに丁寧な設えではあるが、バレエ・ダンス対応の第二ルームがフローリングで、第1ルームがPタイルなどとちぐはぐなところも見られ、さらには壁面にアンギュレーション加工も、スラント処理もされていないなど、基本的な配慮が不足している施設である.

施設データ

  1. 所属施設/所有者 刈谷市総合文化センター/刈谷市。
  2. 指定管理者/運営団体 KCSN共同事業体/刈谷市。
  3. 開館   2010年3月31日
  4. 設計  - 東畑建築事務所、独立行政法人都市再生機構中部支社
  5. ゼネコン  竹中工務店

大ホール

  1. ホール様式 、プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席    2スロープ2フロアー 天井最高部高さ床面より約19.5m
    • 収容人員1,541席、
    • 内訳;1階固定席X1,186席(特別観賞室X6席、親子室X10席、車椅子用スペースX10席含む。)1階平土間中央部千鳥配列、
    • 2階席355席、
    • 木質パーケット床
  1. 舞台設備
    • 基本仕様可動プロセニアム形式;有効幅約45.5m(ステージ最大幅約49m)x有効奥行き約18.5m、有効面積約841.75㎡(約543畳)2面舞台相当、プロセニアムアーチ:間口約21m、高さ約7.2~9m、実効面積;約388.5㎡(約251畳)ステージ高さ;FL+約90cm、ブドウ棚(すのこ)高さStL+25.8m、バトン類高さStL+24.6m、
    • 反響板設置時;プロセニアムアーチ:間口約21m、高さ約12.3m、最大奥行き約12.6m、実効面積;約201.6㎡(約121畳)ステージ高さ;FL+約0.9cm、
    • 付属舞台;可動床エプロンステージ迫り;最大幅約20m最大奥行約4.8m有効面積約67㎡;約43畳、レベル設定;Gl+約ー0m~+0.9m、脇花道、、
    • 舞台設備(装置&設備);奈落、中迫り、
    • 仮設資材;所作台、バレエ用シート、
    • 大・小道具:松羽目、竹羽目、鳥屋囲、金・銀屏風、雪かご、
    • 特殊効果;ミラーボール、波マシン、ジェットファン、ファイヤーマシン、ディスクマシンその他
    • 幕装備:緞帳、ひき割り緞帳、紗 幕、大黒幕、
    • 定式幕(ホリゾント幕、中ホリゾント幕、暗転幕、割幕)
    • コンサート対応設備;反響板、オーケストラ平台、ひな段用けこみ、指揮台/指揮者用譜面台、ピアノ椅子、コントラバス用椅子、奏者椅子(スタッキングチェアー)譜面台、
    • 専用備品 フルコンサートピアノ(スタインウェイD-274、ヤマハCF-Ⅲ)、
    • 映像設備;HDビデオプロジェクタ、BD/DVDプレーヤー、
  1. 舞台仕様・詳細寸法などに関する仕込み図面集等
  1. 専用施設 
    • 洋室楽屋X6(シャワー・トイレ付き1室、トイレ付き2室)、
    • レジストレーションカウンター、クローク、ロビー、ホワイエ、
  1. ロールバックシステム172席可動床席101席、

小ホール

  1. ホール様式 幅約13mx奥行約22m、延べ床面積約286㎡(約172畳)平土間多目的イベントスペース、
  1. 客席   幅約13mx奥行約14.5m、有効床面積約188.5㎡(約114畳)、1スロープ1フロアー、 9面分割可変段床設備、
    • 収容人員282席、
    • 内訳;スタッキングチェアーX101席、車椅子用スペースX3、親子室X4席、ロールバック方式客席収納システムX174席、
    • フローリング、
  1. 舞台設備 
    • 基本仕様Aプロセニアム形式;有効幅約21.8m(ステージ最大幅)x有効奥行き約6.8m(最大奥行き約7.2m)有効面積約148㎡(約89畳)2面舞台相当、間口約10mX奥行き約6.0m、高さ約5.0m、実効面積;約60㎡(約36畳)すのこ高:8.3m、バトン類
    • 基本仕様A;オープンステージ形式、;幅約13ⅿXステージ奥行約6.8ⅿ、有効面積約88.4㎡(約53畳)
    • 反響板設置;間口約13mX奥行き約7.4m、高さ約6.3m、実効面積;約96.2㎡(約58畳)
    • 緞帳、地絣、定式幕(ホリゾント幕、中ホリゾント幕、暗転幕、)
    • 平台、ひな段用けこみ、パーティー椅子
    • コンサート設備;反響板、ピアノ椅子、コントラバス用椅子、奏者椅子(スタッキングチェアー)譜面台、
    • 専用備品 フルコンサートピアノ(スタインウェイ D-274)、バレエ用シート
    • 映像設備;スクリーン(サイズ不明)、
  1. 舞台仕様・詳細寸法などに関する仕込み図面集等
  1. 専用施設 
    • 洋室楽屋X3、シャワー室(男女各々x1)、
    • コインロッカー、ホワイエ、

付属施設・その他 

  • 付属(共用)施設 
    • 付属施設 リハーサル室x2 
    • 別館・刈谷市中央生涯学習センター(別館)研修室8室、会議室4室、展示ギャラリーA,B,C、創作活動室2室、陶芸実習室、調理実習室、パソコン実習室、音楽室2室、多目的練習室2室、音楽スタジオ、和室3室
  • 共用備品
    • 仮設資材;講演台・演台・花台、司会者台、
    • 大・小道具:、金・銀屏風、
    • コンサート対応設備;反響板、オーケストラ平台、ひな段用けこみ、指揮台/指揮者用譜面台、ピアノ椅子、コントラバス用椅子、奏者椅子(スタッキングチェアー)譜面台、
    • 、和太鼓(口径80Cm)
    •  映像設備;、液晶プロジェクター(8k.4k,UHD、HDなどの対応解像度不明)、

デジタヌの独り言

オーケストラピットでも無い可動床部があったり、今時のホールにしては珍しく脇花道があったり、(道具迫りやオーケストラひな壇にしては)中途半端なサイズの中迫りがあったり、コンセプトがはっきりしない(と言うより予算削減のために、当初予定されていた設備を中途半端に削った?)、訳の判らない施設ではあるが。

見栄っ張りの尾張名古屋大納言様と違い、「質実剛健、質素・倹約」を好む三河武士、徳川家康の伝統を守り、時流に流されず、堅実な作りの本格的「扇形多目的ホール」である。

ホールは形態では無いし、「いい音で、かつ見通しが良いこと」を念頭にデザインし、「ゆとりから生まれる良質な響き」を実証した、お手本のようなホール。(※解説記事はこちら)

デジタヌの知っておきたい豆知識

アイリスのある刈谷市とこれ迄の歩み


推計人口、151,203人/2018年4月1日

刈谷ー名古屋 19分/¥410/JR

刈谷ー(名古屋)ー品川 2時間9分/¥11,330/在来線-新幹線

トヨタグループ主要企業の本社・工場が集まる日本有数の自動車工業都市であり、トヨタ自動車の発祥の地でもある。

2018年現在も人口が増え続けている発展途上にあるある町。

刈谷市町のこれまでの主立った出来事


平安時代末期から室町時代にかけては、知立を中心とした広大な荘園であった重原荘の一部となっていて、地頭の重原氏や二階堂氏、大仏氏が支配ていた。

刈谷の城下町としての歴史は戦国時代前期の天文2年(1533年)、水野氏宗家の水野忠政の刈谷城築城に始まる。

三河・尾張に於ける有力な豪族であった水野氏の拠点として刈谷はしだいに政治的戦略的に重要性を増していき城下町としての体裁を整え始めた。

江戸幕藩体制の刈谷藩は水野勝成の三万石で始まった。その後江戸中期までは頻回に転封があり、石高の最小は阿部氏の一万六千石から最大は本多氏の五万石まで変化したが、いずれも譜代の小藩であった。

市の南部や東部の一部(半城土、小垣江など)は重原藩の地域が多く、他に、西大平藩などの領地もあった。

幕末期、刈谷藩主土井利善は早くから西洋式軍隊の優位性を認め西洋式軍事訓練を行う開明的な譜代大名として知られており幕府陸軍奉行に任じられ、やがては幕閣を担う逸材として将来を嘱望されていたが、元藩士の起こした天誅組の変により責任を問われた彼は隠居に追い込まれたのち失意のうちに死去した。

明治以降、三河国内の旗本・寺社・幕府領を総括する三河裁判所が設置されたのち三河県となり、さらに伊那県に編入されその後、

1871年8月29日(明治4年7月14日)- 廃藩置県により刈谷県その他9県が誕生。

同年12月26日三河10県および伊那県足助庁および尾張国知多郡が統合され、額田県が設置される

1872年1月2日(明治4年11月22日)の第1次府県統合で名古屋県(旧尾張藩)と犬山県が統合して2代目名古屋県を設置。、

1872年5月8日(明治5年4月2日)に改称して初代愛知県となった。同年11月27日(11月27日)、第2次府県統合により額田県が編入され、2代目愛知県となる。

1888年(明治21年)9月1日:浜松駅 - 大府駅間(55M44C4L≒89.40 km)が延伸開業。浜松駅・馬郡駅(現在の舞阪駅)・鷲津駅・豊橋駅・御油駅(現在の愛知御津駅)・蒲郡駅・岡崎駅・刈谷駅が開業。浜松駅 - 長浜駅間が本線、大府駅 - 武豊駅間が支線となる。

1889年(明治22年)4月16日:東海道線静岡駅 - 浜松駅間(47M35C≒76.34 km)が延伸開業し帝都・東京と繋がる。

同年7月1日:東海道線  長岡駅 - 馬場駅間(43M22C≒69.64 km、関ケ原駅 - 分岐点間は4M45C≒7.34 km)が延伸開業し、新橋駅 - 神戸駅間が全通し関西ともつながる。

1889年(明治22年)10月1日 - 町村制施行。碧海郡刈谷村の区域に刈谷町が発足。

東海道本線開通時の刈谷駅設置、商業、酒造業、蚕業、窯業等の発達と市域の拡大、刈谷駅で南北にクロスさせる形での三河鉄道敷設の成功、豊田自動織機の誘致が工業都市としての発展につながった。

1914年(大正3年)に三河鉄道(現名鉄)大浜 - 刈谷新間、翌年に刈谷新 - 知立間が開業した。

1923年(大正12年)11月豊田紡織が刈谷町の熱心な誘致運動により刈谷進出。刈谷駅周辺には豊田系の工場が集積するようになった。

1927年(昭和2年)三河鉄道省線刈谷駅乗り入れ実現。刈谷駅は鉄道省・三河鉄道の共同使用駅となり、駅南口を設置した。

1941年(昭和16年)6月に三河鉄道は愛電の後身である名古屋鉄道へ吸収合併され名古屋への別ルートが完成した。

太平洋戦争中には数日違いで空襲を逃れ(連合国の具体的標的の1つになっていた。)戦後は急速に工業都市へと変貌した。

1950年(昭和25年)4月1日 - 刈谷町が市制施行して刈谷市が発足。

1953年(昭和28年)7月東海道本線・浜松 - 名古屋間の電化工事が完了。湘南型電車による電車運転に切り替わり、所要時間が大幅に短縮された。

1965年 刈谷市民会館オープン。

1969年(昭和44年)5月26日 : 大井松田IC - 御殿場IC間 開通により、全線開通。トヨタIC.経由で首都圏と直結する。

1994年(平成6年) - 米軍に接収されていた依佐美送信所(無線塔)が日本に返還される。

2003年(平成15年)
3月15日 : 豊田JCT開通により伊勢湾岸道(豊田東IC方面)と接続。

2003年(平成15年)
3月15日 : 豊田東IC - 豊田JCT間が暫定4車線で開通し、東名高速道路と接続。
3月23日 : 豊明IC - 名古屋南IC間が開通し、同時に名古屋南JCTが供用して名古屋高速3号大高線と接続。東海IC豊田JCT方面入口が供用開始

12月25日 : 豊田南IC - 豊明IC間が開通し、大府ICの豊田JCT方面出入口が供用開始。

2004年(平成16年)12月4日 : 刈谷ハイウェイオアシスが供用開始。
同年12月12日 : 豊田JCT - 豊田南IC間が開通し、東名高速と東名阪自動車道が伊勢湾岸自動車道で直結。

2008年(平成20年)2月23日 : 新名神高速道路の亀山JCT - 草津田上IC間開通により東名、名神の豊田JCT - 草津JCT間の伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車道経由によるダブルネットワークが完成し京阪神とさらに便利よくなる。
2010年3月31日アイリス開館。

公開:2017年11月17日
更新:2018年8月22日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田市コンサートホール 《 ホール 音響 ナビ 》豊田参合館  TOPあおいホール & 甲山会館 《 ホール 音響 ナビ 》岡崎市民会館




▲このページのトップに戻る
▲愛知県 の ホールナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る