旅するタヌキ 

世田谷区民会館 のガイド

,

世田谷区民会館

昔しから有名人数多く住んできた静かな住宅街「世田谷区」の中心部であり、中心地の世田谷4丁目に世田谷区庁舎と共に佇む、文化の町「世田谷」を代表する施設。

1959年竣工の「レトロでモダン」なホールは市民団体の活動の中心地でもある。

世田谷区民会館のあらまし

第一庁舎、第二庁舎及び隣接する世田谷区民会館(1959年竣工)は前川國男による設計である。

世田谷区民会館のロケーション

所在地  世田谷区世田谷4丁目21番27号

東急世田谷線世田谷駅と松陰神社前駅の北側。

第一・第二・第三・庁舎と並んで佇んでいる。北側には国士舘大学のキャンパスが拡がっており。

若林公園が豊かな樹木を茂らせて、このあたりは区民の憩いの場と成っている。

世田谷区民会館これまでの歩み

1959年 故前川國男氏による設計で第一庁舎、第二庁舎及び隣接する世田谷区民会館が完成。

世田谷区民会館が得意のジャンル

プロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

映画界なども催されている。

世田谷区民会館の公式Webサイト&公演チケット情報

https://www.setagaya.co.jp/kuminkaikan/setagaya/

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

世田谷区民会館へのアクセス


東急世田谷線 松陰神社前駅下車 徒歩5分
乗換駅 京王線 下高井戸駅
小田急線 豪徳寺駅
東急田園都市線 三軒茶屋駅

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

施設面から見たホールの特色(詳しくはこちら公式ページ

モダニズムの大家故前川國男先生の初期の作品

日本のコンサートホールに新しいページを開いた1954年の作品「神奈川県音楽堂」から5年、神奈川県音楽堂とは打って変わってモダニズムバリバリの内装でデザインされている。

アンギュレーションのある打放しコンクリートの壁でホール客席を囲み、「定在波」(※1)への配慮はあるが、初期反射波(※2)の抑制には配慮していない「巨大エコールーム」(※3)風のデザインである。

この時代は「戦後モダニズム建築」の興隆きでもあり、「音楽ホール設計概念」が確立していた時期でもにので、モダニズムバリバリの内装となったのであろう。

詳細データ

  1. 施設名称/所有者 世田谷区民会館/世田谷区。

  2. 指定管理者/運営団体 (株)世田谷サービス公社/世田谷区。
  3. 開館   1959年竣工。
  4. ホール様式 『シューボックスタイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  5. 客席    1フロアー、収容人員 1,202名、2階テラス(桟敷席)、仮設本花道、
  6. 舞台設備  プロセニアムアーチ:ブドウ棚(すのこ)、脇花道、可動反響版、
  7. その他の設備 
  8. 付属施設  楽屋x3、ホワイエ、エントランスロビー、会議室、
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  10. 設計  故前川國男先生。
  11. ゼネコン 大成建設
  12. 内装(音響マジック) 

デジタヌの独り言

1981年新耐震基準施行前の建物

先生の代表作の1つとされる翌年1960年竣工の旧京都会館が閉館解体され、この時期の作品としては、1961年の東京文化会館大・小ホール、1962年の神奈川県立青少年センターホール位しか残っていないが、「ホールは活き物」であり、モニュメント・美術品では無いので、思い切って閉館・解体するか、東京文化会館のように「内装を含めて」全面的にリニューアルする必要があるだろう。

後年先生も「木壁」の重要性について実感された様で、この時期の作品には、「痛恨」はあっても「惜別」の思いは無かったであろう。

「懐古趣味」の「音痴」の大先生方が「保存運動」を起こす前に区の「大英断」が必要な時期にさしかかっているような気がするのだが...。

メインフロアー周辺に設えられた2階テラス席など現代のシューボックスホールに先んじた部分も有り、

東京文化会館の様に、ホール壁面を「木壁」に改装するだけでも、素晴らしい音楽ホールと成るであろう。

(※関連記事、京都会館「新築・更新に関する記事」はこちら

※1、定在波の悪影響に関するnatuch音響さんの解説記事はこちら。

※2、残響(初期反射と後期残響)についてのWikipediaの解説はこちら。

※3エコールームに関する「音工房Z」さんの解説記事はこちら

公開:2017年12月15日
更新:2018年4月 4日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

176練馬文化センター のガイドTOP104浜離宮朝日ホール のガイド




▲このページのトップに戻る
▲東京都へ戻る