旅するタヌキ

第一生命ホール 《ホール 音響 ナビ》積極的な自主興行で社会還元に努めるホール

,

旧第一生命館の6階に設けられていた初代第一生命ホールが1989年に閉館し、晴海アイランド トリトンスクエア 内に場所を移し新たに新「第一生命ホール」が2001年に誕生した。

音響面から眺めたホールの特色

(詳しくはこちら公式ページ)

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

立地条件の良いホール

朝潮運河沿いにあるトリトンスクエアの内側にあり3方を高層ビルでガードされ晴海通りの「騒音・振動」は「シャットアウト」されている。

2フロアー(1テラス)の3階吹き抜け相当の高い天井(舞台上12.1m)を持つ馬蹄形の音楽専用ホール。

オーバル型ホールは、シューボックス型とワインヤード型それぞれのメリットが活かされ...。客席からは舞台が近く感じられ、臨場感あふれる演奏がお楽しみいただけます。<公式サイトより引用>

と成っているが、変形オーバル(楕円形)と言うより、むしろ「馬蹄形」そのものと言ったホール形状。

平土間に近い緩やかな後半スロープを持つ一階フロアーの周囲にステージサイドまで回り込む2階テラス席が設けられている。

オーバル形状を用いて対抗面対策?

変形オーバル(楕円)を基本としているので、基本並行する対面はステージ背後壁と客席背後の壁(親子席全面ガラス)と横軸方向のみ(のはずであった?)

並行面を少なくして対抗平行面による定在波(※1)の発生を抑制しようとする試みではあったが...困ったことに、いろんな対辺(波長)からの定在波の発生を招いてしまったようである。

凹面効果(パラボラ効果)対策

ホール1階側壁は凸面カーブ形状パネルやアンギュレーションを付けた、木質グルービングパネルで表装され、オーバル形状の「音響パラボラ効果」による「音の集中」と定在波の発生を抑制し、音が消えてしまう「ミステリースポット」を解消しようとしているが...。

軒の浅い上層部テラスと

軒の浅い上層部テラス席と周辺壁は「アンギュレーション」「段差」を設け「縁取り」を設けた木質パネルで『初期反射と後期残響』(※2)にも配慮が見られる。

「マジックBOX」

客席周辺壁の最上層部は全周塗装仕上げプラスターボードで表装され、要所に「開閉フラップ」がついた「マジックボックス」(残響調節吸音箱)(※3)が配置されている。

大型一体型天井反響板

天井は要所にグルーブを設けた大型一体型天井反響板が設えられている。

ホール音響評価暫定参考値:59点


※現在人気ホールから順次客観的要素で採点した新評価法に改定作業中です。記載の値は旧評価基準に基ずく"主観が伴った採点結果"なのであくまでも参考値としてお考え下さい。

関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

§1,「定在波対」策評価点:23点/50点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=25点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:19点/25点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=12点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:5点/5点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:12点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

デジタヌの総括

音楽ホールは見世物小屋ではない!

ホールサイドは

客席からは舞台が近く感じられ、臨場感あふれる演奏がお楽しみいただけます。また、舞台上の演奏者にとっても、観客に囲まれた一体感を得られます。<公式サイトより引用>

と「1階平土間中央部千鳥配列」と合わせ「視認性の良さ」を協調しているが...

当ホールは「音楽ホール」であり「見世物小屋」では無いはず!

オーバル(楕円)形状の音響的利点とは...?

オーバル(楕円)形状を用いて、シューボックスの最大の欠点「対抗並行面」を封じいようとしたのはideaではあるが、良策ではなかった様に思われる、更に数々の「小手先の処理」を施しては入るが...。

オーバルというより馬蹄形に近い2層目は前後軸方向には効果があるようだが横断軸上の定在波は封じ込めできない!

特に低層部では、壁面にアンギュレーションを付け、オーバルというよりは変形6角形に近い平面配置になっているが、平土間に近い緩やかなスロープが災いし、ホール中央客席部分には定在波の影響で特定周波数の音が消える『ミステリースポット』が生じているようである。

いわゆる釣鐘の中央部では音がしないのと近い理屈である。

下層部は「外傾スラント」上層部は「内傾スラント」を設け「オーバル形状」による「音響パラボラ」効果封じに完璧を期した方が寄り一層効果的では無かったのか?

マジックボックスに頼らざるを得なかった音響特性とは...?

最上層部に「バタバタ・フラップ」付きの「マジック・ボックス」を設えたと言う事は...、あらかじめ(コンピューターシュミレーションで)このホール形状では「癖の強い音響」である事が判明していたことを物語っているように思えるのだが?

さらに付け加えるなら、マジックBOXは残響抑制には効果があっても定在波対策にはならない!

関連技術解説記事「芸術ホール設計のセオリーとは?」はこちら

第一生命ホールのあらまし

Official Website http://www.dai-ichi-seimei-hall.jp/

第一生命ホールのロケーション

ところ  中央区晴海1-8-9(晴海アイランド トリトンスクエア)

有楽町駅南側をクロスする晴海通りを海に向かって進み「勝鬨橋」を渡りさらに朝潮運河を渡った「晴海」に誕生した「トリトンスクエ ア」内にある。

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

第一生命ホールへのアクセス

大江戸線 勝どき駅下車 徒歩8分
有楽町線 月島駅下車 徒歩12分

第一生命ホールが得意のジャンル

主にセミナー、講演会、ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会、小編成の室内楽コンサート、ジャズコンサート等などが行われている。

またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

第一生命ホールの公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

第一生命ホールの施設データ

  1. 所属施設/所有者 晴海アイランド トリトンスクエア/第一生命保険株式会社
  2. 指定管理者/運営団体 NPO法人 トリトン・アーツ・ネットワーク/。
  3. 開館   2001年11月15日
  4. ホール様式 『馬蹄形』音楽ホール。
  5. 客席    2フロアー、収容人員 767席 、(車椅子スペース8含む)親子室2室 2階テラス(桟敷席)、1階平土間中央部千鳥配列、
  6. 舞台設備  オープンステージ形式幅16.4m(17.8m)、奥行7.3m(9.3m)、高さ12.1m、
  7. その他の設備 
  8. 付属施設  リハーサル室、楽屋x4、主催者控室、アーティストラウンジ
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  10. 設計 株式会社竹中工務店 
  11. ゼネコン 竹中工務店 

第一生命ホールこれまでの歩み

1952年(昭和27年)9月15日、第一生命創業50周年を記念して第一生命館の6階に設けられた。

1989年(平成元年)、第一生命館の保存とDNタワー21(農林中央金庫との複合ビル)への改築により閉館した。

2001年(平成13年)11月、晴海アイランドトリトンスクエアに2代目の第一生命ホールがオープンした。

※参照覧

※1-1、定在波の悪影響に関する一般人向けnatuch音響さんの解説記事はこちら

※1-2、定在波に関するWikipediaの(技術者向け)解説はこちら。

※ 関連記事『ホールに潜む ミステリー ゾーン (スポット)とは?』はこちら。

※2、直接音、初期反射音、残響音についての(株)エー・アール・アイさんの解説はこちら。

※ 関連記事『都市伝説・良いホールの条件"残響2秒以上"は本当か?』はこちら

関連記事「音の良いホールの条件」はこちら。

※ 関連記事『ホール酔い 現象 とは?』はこちら

※3、現代の3大迷発明!「珍妙からくり(残響調整装置、可変段床設備、可変吊り天井)」に関する記事はこちら。

 

公開:2018年1月23日
更新:2019年3月15日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

品川区立総合区民会館 きゅりあん 《 ホール 音響 ナビ 》 TOP武蔵野市民文化会館 《 ホール 音響 ナビ 》 


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲東京都 の劇場 コンサートホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る