旅するタヌキ 

杉並公会堂 のガイド

,

杉並公会堂

杉並公会堂のあらまし

本格的なクラシックコンサートを主目的に設計された大ホール。オーケストラ演奏会はもとより、室内楽、リサイタル、合唱など、幅広い分野に適応。オープン以来、抜群の音響性能を誇る国内有数の本格的ホールとして信頼を得ています。<公式サイトより引用>

杉並公会堂がお得意のジャンル

大ホール

オーケストラコンサート、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、などジャンルに拘らないバラエティーに富んだイベントが行われている。

またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している>

フランチャイズ団体

日本フィルハーモニー交響楽団がフランチャイズとして使用している。

小ホール

主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられ、ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会等、小編成の室内楽コンサート等のクラシックコンサート、ジャズコンサート、小編成バンド、のコンサートや落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンスショーなどジャンルに拘らないバラエティーに富んだ催しが行われている。

杉並公会堂の公式Webサイト&公演チケット情報

http://www.suginamikoukaidou.com/index.html

大ホールで催されるコンサート情報。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

小ホールで催されるコンサート情報。

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

杉並公会堂へのアクセス

所在地   東京都杉並区上荻一丁目23番15号

最寄りの駅 JR・東京メトロ荻窪駅北口から徒歩7分

施設面から見たホールの特色

(詳しくはこちら公式ページ)

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

大ホール(詳細はこちら公式ガイドへ)

可動プロセニアムを用いて、オープンステージにも、プロセニアムステージにも成るデザイン。

壁面への木材の使用は1階席と2階バルコニー席の周囲のみに限定されるが、丁寧に角を落とした打ち放しコンクリートに塗装をほどこした、上部構造は、見事な段組み上げ天井を構成を構成しており。

素晴らしい音響効果を生み出している。

安普請ではあるが、セオリーを守った設計と丁寧な施工で最良の結果を引き出した好例!

小ホール(詳細はこちら公式ガイドへ)

2階吹き抜けのボックス空間に、可動プロセニアムのあるステージと可動床で平土間にも成る、階段フロアーを配したホールにパイプ椅子を並べて使用するホール。

壁面は簀の子格子を用いた因みなデザインで、反響を押さえ、心地良い響きに変えている。

グランサロン(詳細はこちら公式ガイドへ)

大ホールの舞台面と同じ広さを有する、2階吹き抜けの音響的に優れたスペース。

オーケストラ等のリハーサルが可能な広さと設備を備えている。

スタジオ(詳細はこちら公式ガイドへ)

完全防音の5室のスタジヲ(音楽練習室)を備えている。

詳細データ

  1. 所属施設/所有者 杉並公会堂/杉並区
  2. 指定管理者/運営団体 株式会社京王設備サービス/
  3. 竣工   2006年1月
  4. 設計  佐藤総合計画(音響設計 By Nagata Acoustics Design)
  5. ゼネコン 大林組
  6. 内装(音響マジック) 

大ホール

  1. ホール様式 『シューボックスタイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   収容人員 1,190席、(1,063席/プロセニアム舞台使用時)
  3. 舞台設備 オープンステージ&可動プロセニアム、

    コンサート形式時:幅19.7m(バルコニー部分17m)×奥行9.98m×天井高14.7m
    幕形式時:間口12.5m×奥行9.5m×高さ8.5m、すのこ高19.5m

  4. その他の設備 大楽屋:3室、小楽屋:5室(うち1室にアップライトピアノあり)
  5. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

小ホール

  1. ホール様式 『シューボックスタイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   収容人員 194席多目的段床形式。客席可変機構により平土間形式可
  3. 舞台設備 可動プロセニアム

    コンサート形式時:間口11.9m×奥行5.8m×天井高6m
    幕形式時:間口9m×奥行5.8m×天井高6m

  4. その他の設備 中楽屋:2室、小楽屋:1室
  5. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら

グランサロン(大規模音楽練習室)

  1. ホール様式 音楽専用ホールリハーサル室
  2. 客席   収容人員 160名、
  3. 舞台設備 
  4. その他の設備 
  5. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら

付属施設・その他

  • 付属施設 スタジオ5室、カフェ。

デジタヌの独り言

金が無くても、良いホールができるお手本のようなホール。

公開:2017年9月10日
更新:2018年4月 4日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

107サントリーホールの 鑑賞ガイドTOP206パルテノン多摩 のガイド




▲このページのトップに戻る
▲東京都へ戻る